元々嫌らしかった鹿島はかなり面倒くさいチームになった

【蹴球日本を考える】レオ&ペドロの加入で王者はかなり面倒くさいチームになった
熊崎敬
2017年02月18日


土居のゴール数はレオ・シルバの加入で大きく増えるかもしれない。


今季、新潟から新加入のレオ・シルバ(4番)と神戸から新加入のペドロ・ジュニオール(7番)。ゼロックス杯での出来を見る限り、強力な助っ人となりそうだ。写真左:滝川敏之、写真右:茂木あきら(ともにサッカーダイジェスト写真部)

[FUJI XEROX SUPER CUP 2017]鹿島 3-2 浦和/2017年2月18日/日産スタジアム

 鹿島が変わった――。

 3-2で浦和を破ったゼロックス・スーパーカップを観ての、私はこんな印象を抱いた。

 2015年途中に石井監督が就任してからというもの、鹿島はボールをつなぐ試合運びを続けてきた。敵陣の深いところで2、3人が連係し、短いパスをつないで相手ペナルティエリアの懐を切り崩す。ボール支配を前提とした、手数をかけるサッカー。それは日本的なスタイルといってもいい。

 ところがゼロックスの鹿島は、まったく違う試合運びを見せた。

 43分に生まれた2点目が印象深い。
 レオ・シルバの速い縦パスから一気にチャンスが生まれ、土居、金崎とつないで、最後にこぼれ球を遠藤が押し込む。サイド深いところでパスをつなぐのではなく、奪ったら一気に縦へ。この2点目のような逆襲の形から、次々と決定機が生まれた。

 手数をかけず、一気にゴールへ。
 鹿島のスタイルが変わったのは、レオ・シルバ、ペドロ・ジュニオールというブラジル人ふたりが加わったことが大きい。

 特にレオの存在感は目を惹いた。
 この選手の素晴らしいところは、敵のボールを刈り取って、そのまま前進してチャンスに絡むところだ。ボールを奪って左右に散らすだけのボランチと比べると、単独でより多くの、より決定的な仕事ができる。

 狭い局面でボールを奪い、なおかつ密集を打ち破って前に出る。そのことで敵の数人を置き去りにすることが可能になる。これは味方が数的優位になるということ。残った敵は目の前に迫ってくるレオに寄せるしかなく、その裏側にフリーの味方が生まれる。

 ゼロックス杯では土居が幾度となく決定機を迎えたが、これは間違いなくレオ効果だ。昨年8点だった土居のゴール数は、レオの加入で大きく増えるかもしれない。

 単独で反転速攻できるレオのような選手がいれば、手数をかけて崩すよりも一直線にゴールに迫った方が効率的だ。その意味で、このチェンジは理にかなっている。

 レオだけでなく、前線のペドロも効いていた。
 ルーズボールを追って、何度も敵を後ろから倒してファウルをもらっていたが、これは駆け引きの一環だろう。やりたいことができない時でも、敵に思い通りにさせないこと、心理的重圧をかけることの大切さを熟知している。

 レオとペドロという厄介な連中が加わったことで、元々嫌らしかった鹿島はかなり面倒くさいチームになった。

 王者鹿島を倒すのはどこか。これが2017シーズン最大の焦点になりそうだ。

取材・文:熊崎 敬(スポーツライター)


スーパー杯を観戦したサッカーダイジェストの熊崎氏である。
昨季の鹿島との変化について説明してくれる。
端的に「縦に速くなった」と記す。
「手数をかけず、一気にゴールへ」とは、ダイレクトプレイ指向ということである。
その中心にレオ・シルバがおる。
中盤にてボールを獲りきり前への推進力となる。
彼の加入は大きい。
熊崎氏はレオ・シルバの加入で聖真のゴールが増えるのではないかと言う。
今季の聖真は左サイド起用になっていくのであろうか。
いずれにせよ、ゴールを量産することとなれば、チームの勝利が近づく。
助っ人効果で、チームが新化する。
今季の鹿島が楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク