“縦”を意識した攻撃で脅威を与えた鹿島

ゼロックス杯「データ検証」 浦和が支配率や走行距離で圧倒も…鹿島は2つの項目が顕著に


“縦”を意識した攻撃で脅威を与えた鹿島 枠内シュート数とパス方向比率で上回る

 昨季二冠の鹿島アントラーズが、18日に日産スタジアムで開催された「FUJI XEROX SUPER CUP」で浦和レッズに3-2と勝利し、7年ぶり6回目の優勝を飾った。試合はMF遠藤康の2発で鹿島がリードしたなか、浦和もFW興梠慎三とFW武藤雄樹のゴールで一度は追いついたが、浦和DF遠藤航のミスを突いた鹿島FW鈴木優磨が決勝弾を決めて鹿島が3-2と勝ち越し、タイトルを獲得した。

 Jリーグが公表した試合データによると、ボール支配率では鹿島の38%に対して浦和が62%と圧倒。走行距離で浦和が5キロ以上、敵陣パス総数で浦和が200本近く上回る結果となった。試合を通じて浦和が動き回り、ボールを保持する展開が数字に反映されている。

 一方、鹿島で顕著だったのは枠内シュート数とパス方向比率だ。シュート数は両軍とも13本ながら、枠内シュート数は浦和の3本に対して鹿島が9本。その精度が勝敗を分ける要因の一つとなった。また、前方へのパス比率は鹿島が45.8%、浦和が29.8%で大きな差が出ている。浦和が押し込む時間も長かっただけに、横パスの比率は必然的に増えるものの、鹿島が“縦”を意識した攻撃で相手に脅威を与えていたと言える。

 ゼロックス杯の試合データは以下のとおり。 

【支配率】
鹿島:38%
浦和:62%

【走行距離】
鹿島:113.445km
浦和:118.749km

【スプリント回数】
鹿島:181回
浦和:178回

【シュート数(枠内)】
鹿島:13本(9本)
浦和:13本(3本)

【エリア内プレー回数(アタッキングサード)】
鹿島:25回(137回)
浦和:24回(253回)

【セットプレー/CK(アタッキングサード)】
鹿島:1本(3本)
浦和:3本(6本)

【敵陣でのパス総数(成功率)】
鹿島:117本(76.1%)
浦和:315本(79.0%)

【パス方向比率】
鹿島:前45.8% 右20.0% 左18.6% 後15.6%
浦和:前29.8% 右27.9% 左25.3% 後17.0%

走行距離ランキング

 走行距離を見ると、鹿島のトップはMF土居聖真の11.087km、浦和のトップはMF青木拓矢の11.93km。11kmを超えたのは鹿島が3人、浦和が4人となった。鹿島に新加入したMFレオ・シルバはボランチとして攻守に顔を出し、69分間のプレーながら9kmを超える運動量で勝利に貢献した。ベテランのMF小笠原満男はチーム内2位の走行距離で、依然としてその存在感は健在のようだ。

 一方、浦和は2シャドーの一角に入った武藤、MF阿部勇樹が中盤を支える形となった。またFWズラタンも長い距離を走っていたが、効果的に絡む場面は少なく、やや攻撃を停滞させた感もある。両ウイングバックのMF駒井善成とMF菊池大介は、ともに64分間プレーして8km台。時折、鋭い攻撃を繰り出したものの、後半途中に揃って交代となり、チームはその後に2ゴールを決めている。

【走行距離/km(プレー時間)】

鹿島
1位 11.087(90分) MF 土居聖真 
2位 11.070(90分) MF 小笠原満男 
3位 11.038(90分) FW ペドロ・ジュニオール 
4位 10.630(90分) MF 遠藤 康 
5位 10.435(90分) DF 西 大伍 
6位 9.876(90分) DF 植田直通 
7位 9.725(90分) DF 昌子 源 
8位 9.092(82分) DF 三竿雄斗 
9位 9.028(69分) MF レオ・シルバ 
10位 7.981(65分) MF 金崎夢生 
11位 5.037(90分) GK クォン・スンテ 
12位 3.626(25分) FW 鈴木優磨 
13位 3.287(21分) MF 永木亮太 
14位 1.533(8分) DF 山本脩斗 

浦和
1位 11.930(90分) MF 青木拓矢 
2位 11.486(90分) FW 武藤雄樹
3位 11.282(90分) MF 阿部勇樹 
4位 11.088(90分) FW ズラタン 
5位 10.997(90分) DF 森脇良太 
6位 10.675(90分) MF 宇賀神友弥 
7位 10.432(90分) DF 遠藤 航 
8位 8.366(64分) MF 菊池大介 
9位 8.137(64分) MF 駒井善成 
10位 5.739(45分) FW 興梠慎三
11位 5.490(90分) GK 西川周作 
12位 5.428(45分) FW 李 忠成 
13位 4.022(26分) MF 長澤和輝 
14位 3.677(26分) MF 関根貴大

スプリント数ランキング

 両軍を通じて最多だったのは、今季ヴィッセル神戸から鹿島に加入したFWペドロ・ジュニオールだ。最後までフル稼働して29回のスプリントを見せており、前線で攻守両面に奮闘した。走行距離トップのMF土居は、スプリント数でも27回で2位と上位に入っており、その走力はチームに欠かせないものとなっているのが分かる。

 浦和のスプリント数トップは、意外にもFWズラタンの23回(90分)だった。出場時間の違いはあるものの、仕掛ける回数が多かったウイングバックのMF菊池は4位タイの19回(64分)、MF駒井善成が8位の12回(64分)となっている。DF遠藤は2位の21回(90分)と多かったが、それによる疲労もあったのか、終盤に痛恨のパスミスで決勝点を献上してしまった。

【スプリント数[時速24km以上]/回数(プレー時間)】

鹿島
1位 29(90分) FW ペドロ・ジュニオール
2位 27(90分) MF 土居聖真 
3位 19(65分) MF 金崎夢生 
4位 17(90分) MF 遠藤 康 
5位 15(90分) DF 西 大伍 
5位 15(69分) MF レオ・シルバ 
7位 13(82分) DF 三竿雄斗 
7位 13(90分) DF 植田直通 
9位 12(90分) DF 昌子 源 
10位 10(25分) FW 鈴木優磨 
11位 5(90分) MF 小笠原満男 
12位 4(21分) MF 永木亮太 
13位 2(8分) DF 山本脩斗 
14位 0(90分) GK クォン・スンテ 

浦和
1位 23(90分) FW ズラタン 
2位 21(90分) DF 遠藤 航 
3位 20(90分) MF 宇賀神友弥 
4位 19(64分) MF 菊池大介 
4位 19(90分) FW 武藤雄樹 
6位 17(90分) DF 森脇良太 
7位 13(45分) FW 李 忠成 
8位 12(64分) MF 駒井善成 
9位 10(90分) MF 阿部勇樹 
10位 9(45分) FW 興梠慎三 
11位 6(26分) MF 関根貴大 
12位 4(26分) MF 長澤和輝 
12位 4(90分) MF 青木拓矢 
14位 1(90分) GK 西川周作 

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

フットボールゾーンウェブ編集部●写真 photo by Football ZONE web


スーパー杯・浦和戦のデータ分析を行ったフットボールゾーンウェブ編集部である。
走行距離やボールポゼッションでは浦和が上回るものの、枠内シュート数とパス方向比率は鹿島の数値が良いことを示す。
これについては、「鹿島が“縦”を意識した攻撃で相手に脅威を与えていた」と評しておる。
今季の鹿島はレオ・シルバの加入もあってか、縦に速いサッカーが展開されておるということが、数値からもわかる。
またそれを実現しておるのは、圧倒的スプリント数を出した、聖真とPJということとなろう。
このスーパー杯では、今季の鹿島のサッカーが見えてきた。
アジアを制し、世界へチャレンジするにはドウすべきかの答えとも言えよう。
今季の鹿島が楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク