湘南・曹貴裁監督、うちの選手、ダメでしたね

湘南曹監督「うちの選手」鹿島三竿雄斗らにダメ出し
[2017年2月19日20時17分]

 J2湘南ベルマーレの曹貴裁監督(48)が19日、神奈川県平塚市内で講演会「共走会議」を開いた。その中で、湘南ベルマーレから鹿島アントラーズに移籍した、DF三竿雄斗(25)に対し、チクリと一刺しする発言が飛び出した。

 曹監督は、前日の18日に行われた富士ゼロックス・スーパー杯の鹿島-浦和戦で、先発し、後半37分までプレーした三竿雄のプレーをチェックしていたようだ。昨季まで指導した教え子について「本当にあいつ、昨日、何もしていないんで」とダメ出しした。

 曹監督が率いる湘南からは、16年にMF永木亮太(28)が同じく鹿島アントラーズに移籍し、日本代表にまで登り詰めたが、その永木も後半24分に、新戦力のレオ・シルバとの途中交代での出場にとどまった。曹監督は、永木の名こそ出さなかったが「うちの選手、ダメでしたね、昨日ね。もうちょっと、ちゃんとやってほしい」と苦笑交じりでダメ出しを連発した。

 辛口ではあったが、移籍した2人を「うちの選手」と口にし、教え子をいまだに気遣い、移籍した先のプレーをも見守る曹監督の優しさがかいま見える一幕だった。集まったサポーター、関係者も大笑いで、会場は明るく盛り上がった。【村上幸将】


湘南の曹貴裁監督にダメ出しされた雄斗と永木である。
「本当にあいつ、昨日、何もしていないんで」「うちの選手、ダメでしたね、昨日ね。もうちょっと、ちゃんとやってほしい」とコメントされた。
特に雄斗の出来は頂けなかった。
まだまだ左SB問題は続くのかと思わせられた。
とはいえ、雄斗も移籍間もない。
連携を磨き、守備の約束事を身に付けていけば伸びていくことであろう。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

慈愛に満ちた監督さんですね。
そういえば、昔の記事で、原理主義さんが「新井場も過去にガンバから移籍してきた際にトニーニョ・セレーゾから約束事が多く戸惑ったと言い、更にアウトゥオリでもっと細かくなり、オリヴェイラ極まった」ってコメントしたのがありましたね。
それだけ多くのことを要求され、まして昨日は浦和戦でしたから...もう我武者らにやるしかないって感じだったのかもしれません。でも実践で良い経験をしたと思います。
まだまだ苦労すると思いますが、夏前くらいには安心してみれるようになれば良いなぁと思います。

向こうにも遠藤航と菊池がいたので、そっちも含まれてそうですね。
決勝点のシーンとか。

スーパーカップのピッチに湘南の主力で活躍した選手が4人。
よく考えるとなかなかすごいことです。

鹿島で育成上手といえばセレーゾですが、チョウ監督もかなりのものです。

No title

スーパーカップのピッチに立った日本人選手24名の、
出身(プロ入り)チームの内訳です。湘南凄い!そして浦和…
鹿島 7
湘南 4
浦和 2
仙台、広島、札幌、名古屋、ケルン、
市原、磐田、大分、広島、大宮、東京 各1
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク