小柳ルミ子、やはり鹿島ですね

人生初予想!小柳ルミ子の本命は鹿島「大型補強し勝負強さ際立つ」

人生で初めての順位予想に挑戦した小柳ルミ子

 サッカーJ1が、25日に開幕する。芸能界きってのサッカー通として知られる、歌手でタレントの小柳ルミ子(64)が、人生で初めての順位予想に挑戦した。昨年12月のサンケイスポーツ大型企画「極(きわみ)対談」で意気投合した浦和の日本代表DF槙野智章(29)ら、小柳自身が“サカ友”と呼ぶサッカー界との幅広い交友を踏まえ、新シーズンの行方を占った。 (取材・構成=一色伸裕)


小柳ルミ子注目の選手は鹿島・昌子

 --いよいよJ1があす開幕する。国内外あわせ、年間2190試合も見るという小柳さんが注目するチームは

 「“サカ友”でもある篠田監督が率いるFC東京が気になりますね。FW大久保嘉人選手ら新戦力が加入し、昨季とはまったく違う顔ぶれ。その選手たちをリオデジャネイロ五輪日本代表のMF中島翔哉選手がいかに操れるのか。どこまで順調にチームづくりが進んでいるのか。直接監督に探りを入れてみます(笑)」

 --“サカ友”といえば浦和のDF槙野も気になるのでは

 「昨年末に対談をさせてもらって以降、頻繁に連絡を取り合っています。この冬の沖縄合宿のときにメールしたら『ルミ子さん、つらいです』と返ってきましたが、頑張っているようでした。昨年のクラブW杯のときも『(Jリーグで逆転優勝を許した)鹿島の試合は見ない』と悔しさをあらわにしており、昨季の雪辱に燃えています。槙野選手、そして浦和も楽しみですね」

 --昨季J1王者の鹿島は

 「本当に強いと思います。昨年のシーズン途中に進退問題が浮上した石井監督と、出席した年末のJリーグ表彰式で話す機会がありました。物腰の柔らかな印象を受けましたが、その目からは力強さを感じました。困難を乗り越え、指揮官として迷いがない。こういう監督に率いられるチームは、全員が一丸となって戦うことができるんです」

 --注目の選手は

 「鹿島のDF昌子源選手ですね。昨年はリーグ制覇の原動力となり、ひと皮むけた気がします。クラブW杯決勝では、レアル・マドリード(スペイン)を相手に素晴らしい守備をみせてくれました。表彰式で、クリスティアーノ・ロナウドにやられた場面を私が指摘したら『連係ミス。そういうところを修正しなければいけないんです』と反省していました。非常に貪欲で、もっと伸びると思いますし、日本代表のレギュラーに定着してほしいですね」

 --ベテランも頑張っている。昨年は川崎のMF中村憲剛が36歳でリーグMVPに輝いた

 「大きな賞を受賞するとモチベーションになります。私も(1971年『わたしの城下町』で)日本レコード大賞最優秀新人賞をいただきましたが、それはスタッフやファン、関係者の力があったからこそ。サッカー選手の場合は仲間の支えもありますが、個人の力も大きい。それが報われたのですから、受賞が励みとなり、さらなる活躍を見せてくると期待しています」

 --開幕戦で気になるカードは

 「もちろん、鹿島-FC東京は見逃すことはできません。ほかに挙げるなら、C大阪-磐田。セビリア(スペイン)から日本代表MF清武弘嗣選手が復帰したC大阪と、横浜Mから加入したMF中村俊輔選手のいる磐田との一戦。かつて日本代表を引っ張った中村選手のプレーから、清武選手も何かを感じ、刺激を受けてほしいんです。3月から再び始まるロシアW杯アジア最終予選では彼の活躍が不可欠。今回の移籍を前向きにとらえ、日の丸を胸に奮起してほしいですね」

 --最後にズバリ。優勝はどこか

 「“サカ友”の存在を抜いて考えると…。やはり鹿島ですね。大型補強をし、何よりも勝負強さが際立ってきました。今年は1シーズン制に戻り、長丁場になりますが、浦和、川崎にも可能性はあり、最終的には昨季同様にこの3チームの優勝争いになると思います」

★バルセロナの不安的中

 小柳は、国内だけでなく海外サッカーにも精通。現在、激戦が展開されている欧州チャンピオンズリーグ(CL)にも注目している。今回の順位予想は14日に行ったが、その日深夜に敬愛するアルゼンチン代表FWメッシのいるバルセロナ(スペイン)がパリ・サンジェルマン(フランス)と対決。近年の対戦成績では3勝2分け1敗で前者が勝ち越していたが、小柳は「嫌な予感がする」とポツリ。その不安が的中し、バルセロナが0-4で大敗した。

小柳 ルミ子(こやなぎ・るみこ)
 1952(昭和27)年7月2日生まれ、64歳。福岡県出身。宝塚音楽学校を卒業後、宝塚歌劇団に入団。70年にNHK連続テレビ小説「虹」で女優デビュー。71年には「わたしの城下町」で歌手デビュー、160万枚の大ヒットを記録し、日本レコード大賞最優秀新人賞受賞。72年には「瀬戸の花嫁」で日本歌謡大賞を受賞した。NHK紅白歌合戦出場18度。12年前からサッカーに興味を持ち、感想や移籍情報などを記したA4サイズの観戦ノートは100冊以上。昨年6月には単身で渡米し、チリがアルゼンチンを下した南米選手権決勝を観戦。昨年11月のロシアW杯アジア最終予選を中継したテレビ朝日の応援番組にも出演した。


Jリーグ順位予想を行った小柳ルミ子である。
優勝予想は、「鹿島ですね。大型補強をし、何よりも勝負強さが際立ってきました」とのこと。
これは嬉しい。
芸能界きってのサッカー通にこう断言されると、よりいっそう自信に繋がるというもの。
やはり、欧州サッカー好きであり、バルサファンとしては、CWC決勝戦にてR・マドリーを追い詰めた戦いに感銘を受けたところであろう。
注目の選手について、「鹿島のDF昌子源選手ですね。昨年はリーグ制覇の原動力となり、ひと皮むけた気がします。クラブW杯決勝では、レアル・マドリード(スペイン)を相手に素晴らしい守備をみせてくれました。表彰式で、クリスティアーノ・ロナウドにやられた場面を私が指摘したら『連係ミス。そういうところを修正しなければいけないんです』と反省していました。非常に貪欲で、もっと伸びると思いますし、日本代表のレギュラーに定着してほしいですね」と言うように、源がC.ロナウドを1対1で止めたシーンには、身震いするほどの感動したと思われる。
源が多くのストライカーを止め続け、勝利を積み重ねて、優勝を狙う。
ルミ子ちゃんの予想を的中させようではないか。
期待していて欲しい。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

コメントが評論家以上。
よく見てるし、えこひいきしないところが素晴らしい。

No title

年間2190試合って、一日平均6試合、っていうことは9時間・・・。
一日2試合見るとヘロヘロになる私としては、驚異的な数字。

それだけ見ていると、違う世界が見えるんだろうなあ。

でもやっぱり鹿島ね・・・。

小柳さん年間1000試合以上見てるらしいですね
休日は10時間はサッカー観戦してるとか

No title

今朝のサンスポ見たら裏面にデカデカと「ルミ子」「鹿島」の名前が出ていて興奮した。
サッカー雑誌の評価も高いし、こんなに期待値の高いシーズンもない。
自分も本当に期待しているよ。

No title

すごいルミ子ちゃん笑
こんなに見てるんだ...

No title

ルミ子氏が、こんな人とは知らなかった。明石◯ナントカなんか出さずに、ホンモノを出しましょう。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク