証言でつづる「Jリーグ25周年」

1994年 現役セレソンの参戦<前編>
シリーズ 証言でつづる「Jリーグ25周年」

宇都宮徹壱
2017年2月23日(木) 12:00


鹿島の石井監督が語る「レオの思い出」


W杯優勝メンバーでもあったレオナルド。94年は世界トップレベルのフットボーラーがJリーグのピッチに立った【(C)J.LEAGUE PHOTOS】

 1994年(平成6年)は、米国でワールドカップ(W杯)があった年として、サッカーファンの間では記憶されている。前年のW杯アジア最終予選での「ドーハの悲劇」により、日本代表は目前でW杯初出場の夢を絶たれていたものの、それでもファンの落胆はさほど長く続くことはなかった。93年に開幕したJリーグは空前のブームを呼び、その熱気は翌94年も続いていたからだ。そしてブラジルの4度目の優勝でW杯が閉幕すると、世界トップレベルのフットボーラーたちが、相次いでJリーグのピッチに登場することとなった。

 ドイツ代表の守備の砦(とりで)、ギド・ブッフバルトが浦和レッズへ。ユーゴスラビアの至宝、ドラガン・ストイコビッチが名古屋グランパスエイトへ。そしてW杯優勝メンバーのひとり、レオナルドが鹿島アントラーズへ──。Jリーグ開幕時を彩ったスーパースターたち、たとえば鹿島のジーコや名古屋のガリー・リネカーなどは、確かに知名度と実績は抜群ではあったものの、残念ながらピークはすでに過ぎていた(ゆえに当時のJリーグは、海外から「年金リーグ」と揶揄(やゆ)されていた)。それが94年になると、ついこの間W杯に出場していたような選手たちが、プロ化したばかりの極東のリーグに参戦するようになったのである。

「レオ(ナルド)は練習でも、左足しか使わないんですよね。右でかわしているのに、また左に持ち直してプレーを続ける。技術があるから、そういうことができるんだなと感心しました。それとあの頃は、超一流の外国人選手と対戦するのも楽しみでした。名古屋のストイコビッチとか、1対1では絶対にボールが奪えないから、1人が当たりに行ってバランスが崩れたところで、もう1人が行くとかね。そういうレベルの高い相手と、毎試合のように対戦していたので、本当に楽しくて仕方がなかったです(笑)」

 現在は鹿島の監督で、現役時代はレオナルドとチームメートだった石井正忠は、懐かしそうに往時を語る。2016年のクラブW杯決勝では、レアル・マドリーと互角の勝負を繰り広げたことで一躍脚光を浴びることとなった名将も、当時は27歳のプロ3年目。実は石井は、大学時代には高校の体育教師を目指していた。しかし、教員採用試験の願書を出し忘れてしまったことから、その後の人生は思わぬ方向に転がり始める。

 当時、JSL(日本サッカーリーグ)2部だったNTT関東(現大宮アルディージャ)で2年プレー。同じ2部の住友金属から「プロ化するので一緒にやらないか?」と誘いを受けて移籍を決断する。住金は言うまでもなく、鹿島アントラーズの前身。のちにジーコがやって来ることも、国内最多のタイトルを獲得することも、そして自身が監督となってレアルとガチンコ勝負することも、当時は知るよしもなかった。

住友金属から鹿島アントラーズへ


当時JSL2部に所属していた鹿島に、ジーコが「現役選手」としてやってきた【(C)J.LEAGUE PHOTOS】

 石井は鹿島のMFとして、94年と95年のJリーグでそれぞれ30試合に出場している。プレーヤーとして最も充実していたこの2シーズンは、Jリーグが世界中から一流の選手たちを集める一大市場となっていた時代と重なる。この時代にフォーカスする前に、時計の針を91年まで逆戻りさせることにしたい。当時の住金はJSL2部で、監督は鈴木満。後年、鹿島を常勝軍団に育て上げる伝説的な強化部長も、この時は34歳の青年監督であった。そこにいきなり、あのジーコが「現役選手」としてやって来る。以下、鈴木の回想。

「とんでもないことになったな、というのが正直な思いでしたが、すぐに『教えてもらおう』というスタンスに切り替えました。あれだけの実績と経験のある選手でしたし、自分よりも4つ年上ということもありましたから、そこの割り切りは難しくなかったです。ただし、毎日怒られましたね。練習スケジュールの組み方、休息のとり方、食事の内容。アラ探ししているんじゃないかと思うくらい、何度も何度も怒られて。辞めたいと思うことは、しょっちゅうでしたよ。プレッシャーで、朝の4時くらいに目が覚めるんですね。ああ、またグラウンドでジーコと顔を合わせるのか。嫌だなあと(苦笑)」

 当のジーコにしてみれば、「このチームを強くしたい」とか「プロフェッショナリズムを伝授したい」という使命感は間違いなくあったはずだ。しかし一方で、プロの環境が整っていない、選手やスタッフの意識もプロとは程遠い、しかも単身赴任で話し相手もいないとなれば、いら立ちを募らせるのも無理からぬ話だろう。そんな中、鈴木は「嫌だなあ」と思いながら、どこまでもジーコに食らいついていこうと腹をくくる。

「当時の住金は2部で、このままではJリーグに入るのも難しい状況でした。また僕自身、1部と2部を行き来するような選手だったし、さしたる実績もなければ代表歴もない。そんな自分が、日本サッカーがプロ化する中で生き残っていくためには、誰にも負けない何かを吸収していくしかない。そこに“世界のジーコ”が来たわけです。この人からさまざまなことを吸収すれば、一流になれるかもしれない。そう思ったら、食らいつくしかないですよね」


ジーコからは「とにかく基礎を徹底的に仕込まれました」と石井は当時を振り返る【宇都宮徹壱】

 一方、当時の選手はジーコからどのような指導を受けていたのだろうか。石井は「とにかく基礎を徹底的に仕込まれました」と回想する。

「ジーコが強調していたのは『シンプルなプレーを正確に、判断を素早く』ということでした。僕は技術が低かったので、たとえばアウトサイドでミスすると『なぜインサイドで丁寧にパスしないんだ!』と、ものすごく怒られましたね。本当に小学生が教わるようなレベルのことを、何度も繰り返していました。(93年春の)イタリア遠征から少しずつ試合に出してもらえるようになって、キャプテンにも任命されましたけれど、あの時は自分のことで必死でしたね。とにかくレギュラーポジションを確保して、プロとしてJリーグの開幕を迎えたい。その一心でした」

ジーコの現役引退と鹿島の「次の一手」


鹿島は当時の川淵チェアマンにJリーグ参入は「99.9999%ない」と言われながらも、残り0.0001%の可能性に懸け、見事に参入を果たした【(C)J.LEAGUE PHOTOS】

 鹿島のJリーグ参入にあたり、当時チェアマンだった川淵三郎が「99.9999%ない」としながらも、残り0.0001%の可能性として「屋根付きで1万5000人収容のサッカー専用スタジアム」という条件を出したところ、見事にこれをクリアした──。あまりにも有名な「鹿島伝説」の序章である。

 晴れて「オリジナル10」の一員となった鹿島であったが、それでも川淵は「お荷物にはなってくれるな。少なくともビリになるな」とヒヤヒヤしていたという。しかしフタを開けてみると、1stステージは鹿島が圧倒的な強さを見せつけて、見事に優勝。ジーコ率いるアントラーズと、人口5万人にも満たない鹿島町(当時)は、空前のJリーグブームも相まって一気に全国区の存在となる。しかし、当時アシスタントコーチだった鈴木にとり、Jリーグ元年の記憶はそれほど楽しいものではなかったという。

「当時の立場として、監督の征勝さん(宮本征勝=故人)とジーコとの板挟みでしたから、いろんな意味で神経がズタズタになりそうでした(苦笑)。それに加えて、お荷物にならずにJリーグで生き残っていかなければならなかったので、とにかく必死でした。ウチはヴェルディ(川崎)や(横浜)マリノス(いずれも当時)のように、実績もなければ伝統もない。やれることは全部、完璧にやらないと置いていかれる。ですからあの年(の1stステージで)優勝しても、選手は浮かれることも、調子に乗ることもなかったです。それは必死さと危機感もさることながら、『常に謙虚であれ』というジーコの教えも大きかったと思いますね」


鹿島の土台づくりに尽力したジーコは94年、惜しまれながらピッチを去った【(C)J.LEAGUE PHOTOS】

 そのジーコも、翌94年の1stステージをもって現役を引退することが決定。それを知ったキャプテンの石井は、「ジーコと一緒にプレーできる残された時間を、今まで以上に全力で戦おう」と心に決めたという。

「というのも、僕にとってジーコは大恩人でしたから。もともと守備的なポジションだった僕に、(ダイヤモンド型の)中盤の左での役割を与えてくれたのは彼です。『お前ならできる』と、僕の能力を引き出してくれました。(年齢的なこともあって)プロとしてのキャリアは長くはなかったですが、もしジーコと出会っていなかったら、プロとしてあの舞台に立つのも厳しかったのではないかと、今でも思っていますね」

 かくして、鹿島アントラーズの土台づくりに尽力したジーコは、惜しまれながらピッチを去っていった。しかしフロントは余韻に浸ることなく、すぐさま「次の一手」を打っている。この年、クラブの新社長に就任した鈴木昌(のちの2代目Jリーグチェアマン)は、「鹿島のブランドを確立させる」ことを次の目標に掲げ、それにふさわしい新外国人選手の獲得を命じた。ターゲットに選ばれたのはW杯優勝メンバー、レオナルドである。

1994年 現役セレソンの参戦<後編>
シリーズ 証言でつづる「Jリーグ25周年」

宇都宮徹壱
2017年2月24日(金) 11:00


現役セレソンが鹿島にやって来た理由


W杯というテレビの向こう側の世界でプレーしていた選手が、すぐ目の前でゴールを決める――夢のような心持ちだった【(C)J.LEAGUE PHOTOS】

 レオナルドの鹿島アントラーズでのデビューは1994年8月13日。県立カシマサッカースタジアムで開催された2ndステージ第2節、対ヴェルディ川崎戦であった。2−2からPK戦の末に4−5で敗れたこの試合(当時のレギュレーションでは引き分けはなかった)、レオナルドはさっそくゴールを決めている。前半37分、アルシンドからの山なりのパスを受けると、ドリブルで自ら持ち込んで得意の左足でネットを揺さぶった。

 当時、サッカー番組の制作の仕事をしていた私は、このゴールをピッチレベルで目撃していた。つい1カ月前まで、W杯というテレビの向こう側の世界でプレーしていたレオナルドが、すぐ目の前で鮮やかなゴールを決めて見せる──。大げさではなく、夢でも見ているかのような心持ちであった。

 レオナルドの獲得は、「クラブが今後も生き残っていくには、多少の借金をしてでもブランド力をつけなければならない」という、当時の鈴木昌社長の考えによるものであった。アシスタントコーチだった鈴木満は、選手獲得にはノータッチだったものの、レオナルドの年俸については「120万ドルくらい」と記憶している(当時のレートで約1億2000万円)。選手年俸が高騰する契機となった「ボスマン判決」が下されるのは95年12月のこと。その前年は「これくらいの金額でも日本に来てくれた」(鈴木)のである。もっともレオナルド獲得には「やはりジーコの存在は不可欠だった」と鈴木は付け加える。


レオナルドの獲得には「ジーコの存在は不可欠だった」と鈴木は語る【宇都宮徹壱】

「レオもそうだし、翌年に加入するジョルジーニョもそうだけど、ジーコの前では小僧みたいなものでしたよ(笑)。フラメンゴにいた頃(85−89年)、すでにジーコは30代半ばの大ベテランでしたが、ジョルジもレオも20歳くらい。レオをBチームから引き上げるように進言したのもジーコだったそうです。そんな偉大な先輩から『日本に来てくれ』と言われれば、そりゃあ行きますよ(笑)。ですからレオの移籍は、割とすんなり決まったという印象がありますね」

 94年のレオナルド、そして95年のジョルジーニョの加入は、ジーコとは違った意味でチームの意識改革につながった。「今のブラジル人選手と比べても、ひとつひとつの技術のレベルが高かった。しかも練習も手を抜かない。だから日本人選手にも良い影響を与えていました」とは鈴木の証言。しかし、現役セレソンの2枚看板をそろえた鹿島は、なぜかタイトルを手にすることはなかった。94年の2ndステージは12チーム中5位。14チームで行われた95年は、1stステージが8位で2ndステージが6位。成績が振るわなかった原因について、鈴木は「フロントが現場にノータッチだったから」と指摘する。

「当時はサテライトもありましたから、選手とスタッフの総勢が50人以上いたんです。しかも、みんな個人事業主で競争の世界でしたから、毎日のようにあちこちで揉め事が起こるんですね。それなのにフロントは現場任せで、同じ方向性に向かせるという仕事をしていなかった。同じ立場の者同士では、なかなかうまくいきませんでした」

鹿島とJリーグのターニングポイントとなった「96年」


96年はシーズン途中のレオナルドの移籍を乗り越え、鹿島が初タイトルを獲得した【(C)J.LEAGUE PHOTOS】

 96年、鈴木はクラブの強化責任者に就任する。彼がまず始めたのは、現場を監督任せにするのではなく、むしろより現場にコミットすることであった。当人いわく「毎日、選手やスタッフと一緒でした。グラウンドを出てからも、移動も一緒だし食事も一緒」。それを続けることで鈴木が目指したのが、「クラブの一体感」を持たせることであった。

「Jリーグ初年度はジーコもいたし、現場もフロントも必死さと危機感があった。それが薄れてしまったのであれば、元に戻していくしかない。そして、自分が現場とフロントの橋渡しをしながら、クラブ全体を同じ方向にしていく。シーズンの途中にレオの離脱もあって、確かに戦力的には痛かったです。それでも優勝できたのは、レオの不在を補えるだけの組織力ができていたからだと思います。チームで戦ったんじゃない。クラブで戦ったからこそ、96年のタイトルを勝ち取ることができたんです」

 鈴木の言葉どおり、1シーズン制でおこなわれた96年は、鹿島が2位の名古屋グランパスエイトを3ポイント差で振り切り、見事にこの年のリーグを制した。のちに19ものタイトルを獲得(17年2月現在)することになる鹿島だが、実はこれが初タイトル。以来20年以上にわたり、強化責任者としての重責を担ってきた鈴木は、「ジーコ・スピリッツ」を歴代の指揮官や選手に伝えながら、クラブのスタイルを確立させてゆく。その後の強豪クラブへのサクセスロードについては、今さら多くを述べるまでもないだろう。

 むしろここで補足しておきたいのが、この年の「レオの離脱」についてである。フランスの強豪クラブ、PSG(パリ・サンジェルマン)からのオファーを受けて、レオナルドはシーズン途中の7月に後ろ髪を引かれながら鹿島を去っている。当時、鹿島のテクニカルディレクターだったジーコも「彼はまだ若い。本人が希望するなら行かせてあげよう」と、愛弟子を快く送り出したという。その後、レオナルドはPSGを経てACミランでも活躍。ブラジル代表でも一時10番を与えられ、98年のW杯フランス大会では決勝まで全7試合に出場している。

 ところでこの年、もうひとりの「大物」が日本を離れてヨーロッパに渡っていることをご記憶だろうか。低迷していた名古屋を、優勝争いできるまでに育て上げたフランス人の名将、アーセン・ベンゲルだ(96年から現在までアーセナル監督)。「ボスマン判決」以降、世界のフットボールの中心は、日本からヨーロッパへと確実にシフトしていた。96年はそのターニングポイントであり、これ以降は(いくつかの例外を除いて)、ワールドクラスのスター選手や名将がJリーグを目指すことは、ほとんどなくなってしまった。

「日本に居ながらにして、本物を見ることができた」時代


現役引退後、鹿島に戻ってコーチを経て監督に就任。昨年はクラブW杯決勝の大舞台も経験し、日本を代表する名将のひとりとなった【写真:アフロスポーツ】

 鹿島が初タイトルを獲得した96年、それまでキャプテンとしてチームを支えてきた石井のリーグ戦出場数は、わずか1試合にとどまっている。続く97年は11試合に出場しているが、もはや主力とは言い難い立場になっていた。98年、ついに石井はアビスパ福岡への移籍を決断。開幕戦にDFとしてスタメン出場したものの、後半24分に2枚目のイエローカードを受けて退場となる。その直後、前十字じん帯を損傷して半年後に復帰するが、ついに出番を与えられないまま31歳で現役を終えることとなった。余談ながら、石井の最後の公式戦は、くしくもアウェーの鹿島戦。「引退するなら鹿島で」という思いは、何とも残念な形で実現することとなった。

 石井はその後、古巣の鹿島に戻ってユースのコーチ、サテライトの監督、そしてトップチームのコーチを経て、15年7月より監督に就任。これまでナビスコカップ(15年)、Jリーグ、天皇杯(いずれも16年)で優勝し、クラブW杯決勝という大舞台も経験したことで、今では日本を代表する名将のひとりとなった。そんな彼も、自身の現役時代を振り返る時は、いつも以上に謙虚な姿勢を崩そうとしない。

「僕はもともと、そんなにサッカーが上手じゃなかったので、まずプロになれたことに幸せを感じています。しかもタイトルを獲れるチームでやれたこと、そしてジーコをはじめ、レオナルド、ジョルジーニョ、ビスマルクといった素晴らしい選手たちと一緒にプレーできたことで、技術も上がりましたしサッカー観も変わりました。あの時代だったからこそ、僕はプロのサッカー選手になれたし、あの時代だったからこそ、世界レベルの選手と同じピッチに立つことができた。本当に幸せな人間だと思いますよ」


20年以上にわたって鹿島を支え続けてきた鈴木は、当時を「日本に居ながらにして、本物を見ることができた」時代と総括する【写真:水谷章人/アフロ】

 一方、20年以上にわたって「強い鹿島」を支え続けてきた鈴木は、大物外国人選手が相次いで来日した時代を、このように総括する。

「日本に居ながらにして、本物を見ることができたし、本物とは何かを知ることができた。そのことが、僕らにとっての財産になりましたよね。今でもよく覚えているのが、国立でやった(横浜)フリューゲルス戦(96年第15節)。ウチにはレオナルド、ジョルジーニョ、マジーニョ。向こうには、ジーニョ、エバイール。国内リーグとは思えないくらい、めちゃくちゃレベルが高かったですよ。そういう試合を国内で見られたのは、日本サッカー全体にとっても財産だったんじゃないですかね」

 思えば当時、日本はまだW杯出場を果たしていなかった。ヨーロッパでプレーしていた日本人選手も、ジェノアの三浦知良ただひとり。確かに世界は、今よりもうんと遠かった。しかし一方で、Jリーグには綺羅星のような世界レベルのタレントが集まり、クオリティーの高いプレーを披露していたのである。「あの時代だったからこそ、世界レベルの選手と同じピッチに立つことができた」という、石井の言葉が重く響く。とりわけ、大物外国人が相次いで来日した94年という年は、選手にとってもファンにとっても、今では考えられないくらい「夢多き時代」であった。


石井監督と鈴木満常務強化部長に取材したSportsnaviの宇都宮氏である。
Jリーグ黎明期の活気と鹿島の歴史の一端が語られる。
非常に興味深く、深い。
鹿島が如何に歴史を積み重ねてきたのか、タイトルを取り続けるのかが垣間見られるのではなかろうか。
ジーコが礎を築き今に至ったことは周知の事実であるが、1996年の改革がここで述べられた。
多くの大物外国人が来日し、注目を浴びた初期のJリーグであるが、そこから多くのものを学び吸収したのは、鹿島だけだったように感じさせられる。
その結果はタイトルとして如実に表れておる。
それだけでなく、Jリーグ・日本サッカー界にこれほど多くの指導者を輩出しておるのも鹿島だけなのではなかろうか。
この先、この鹿島を追随するクラブが出てくるやもしれぬ。
しかしながら、それらは鹿島から学んだ孫弟子のような存在であるように思う。
これからも鹿島が、ジーコの教えを引き継ぎ、歴史を積み重ねていく。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク