ケルン・大迫、スライディング・シュート

大迫 4戦ぶり決めた!チーム黒星も一人気を吐く今季5点目
ブンデスリーガ ケルン1―3ライプツィヒ(2017年2月25日)


ライプチヒ戦の前半、先発出場し競り合うケルンの大迫(右)
Photo By 共同


 ケルンの日本代表FW大迫が2得点を挙げた1月28日のダルムシュタット戦以来、リーグ4戦ぶりの今季5点目を決めた。後半8分に右サイドを駆け上がったDFオルフコスキからのパスに滑り込みながら右足で合わせ、ネットを揺らした。チームは今季昇格組ながら2位と好調の相手に敗れたが、その中でも気を吐いた。

 シュテーガー監督の信頼を勝ち得て、ここまでリーグ戦21戦連続先発出場。ケルンに所属して3季目だが、1年目はリーグ通算3得点、2年目は1得点、今季はすでに5得点とシーズン半ばながら自己最高を記録している。ブンデスリーガ公式サイトでは「もっと目に見える結果を、得点とアシストを増やしていきたい」と話していた。3月のW杯最終予選へ弾みをつけるためにも、さらに結果を追求する。
[ 2017年2月26日 05:30 ]

大迫、スライディングシュートで今季5点目も…ケルンは2位ライプツィヒに敗れる
17/2/26 02:09


FW大迫勇也の追撃弾も及ばなかった

[2.25 ブンデスリーガ第22節 ライプツィヒ3-1ケルン]

 ブンデスリーガは25日、第22節2日目を行い、FW大迫勇也の所属するケルンは敵地でライプツィヒと対戦し、1-3で敗れた。大迫は2トップの一角でフル出場。0-2の後半8分には4試合ぶり今季5得点目となる追撃ゴールを決めたが、勝ち点獲得には結びつかなかった。

 首位バイエルンを勝ち点5差で追う2位ライプツィヒがいきなり試合を動かした。前半5分、ケルンGKトーマス・ケスラーの中途半端なキックをFWティモ・ベルナーが頭で弾き返し、PA内でボールをキープしたMFエミル・フォルスベリが左足で先制点。同34分にはMFナビ・ケイタの右クロスがDFドミニク・マローのオウンゴールを誘い、2-0とリードを広げた。

 ケルンも2点ビハインドで折り返した後半8分、MFマルコ・ヘーガーが右サイドに展開し、MFパベウ・オルコフスキがグラウンダーのクロス。ニアに滑り込んだ大迫が右足のスライディングシュートでゴールネットを揺らし、1点を返した。

 大迫は1月28日のダルムシュタット戦(6-1)以来、4試合ぶりとなる今季通算5ゴール目。1-2と1点差に追い上げたが、ライプツィヒは後半20分、カウンターから抜け出したベルナーがそのままフィニッシュまで持ち込み、PA内右の角度のない位置から右足でゴール左隅に流し込んだ。

 再び突き放したライプツィヒが3-1で快勝し、2連勝。バイエルンと勝ち点5差の2位をキープした一方、ケルンは2試合ぶりの黒星で3試合勝ちなし(1分2敗)となり、順位も7位から上げることができなかった。

【動画】ケルン大迫勇也が今季5ゴール目をマーク!2位ライプツィヒ戦でゲット

今季5得点目を決めた大迫 (C)Getty Images
(C)Getty Images


2017/02/26 1:01:17

ライプツィヒ戦に先発出場した大迫が、強敵相手に結果を出した。

ケルンに所属する日本代表FWの大迫勇也が25日、ブンデスリーガ第22節のライプツィヒ戦で今シーズン5得点目を決めた。

先発出場した大迫は0−2で迎えた53分、右サイドから送られてきたグラウンダーのクロスボールに反応。ニアサイドに滑り込みながら合わせ、ボールをゴールへと押し込んだ。

大迫にとっては2ゴールを決めた第18節のダルムシュタット戦以来となる得点となった。なお、公式戦では通算7ゴール目となっている。


ゴールを決めたケルンの大迫である。
右サイドからのグラウンダーのクロスにニアに滑り込んだ大迫が右足のスライディングシュートでゴールネットを揺らしたとのこと。
チームは敗れるも、大迫自身は好調を維持しておる様子。
次はチームに勝利をもたらすゴールを。
楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

来期はシャルケやレバークーゼンくらいのクラブ行った方がいいかもしれませんね
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク