鹿島のプレイは淡々としていた

【鹿島×FC東京|戦評】王者・鹿島はなぜ敗れたのか
白鳥和洋(サッカーダイジェスト)
2017年02月26日


鹿島のプレーは淡々としていた。


決定機を決められなかったP・ジュニオール。写真:田中研治

[J1第1節]鹿島0-1FC東京/2月25日/カシマ

 どちらに転んでもおかしくない展開だった。一進一退の攻防という表現がピタリとハマる試合だったが、ホームの鹿島はフラストレーションを溜めているようにも見えた。それは、右SB・西のコメント──「やっていてワクワクする感じではなかった。相手が上手くそういう試合に持っていったのかもしれない」──からも窺えるだろう。

 一方で、FC東京のイレブンからは溢れんばかりの闘志が感じ取れた。森重と丸山の両CBが激しいタックルで鹿島の金崎やP・ジュニオールを潰せば、右SBの室屋も渾身のスライディングタックルで対峙した土居や小笠原らの闘争心を削りに行く。

 かかってこいと言わんばかりの守備でピンチを凌いだFC東京のDF陣とは対照的に、冷静なポジショニングで鹿島のパスコースを狭めていたのが、ボランチで新戦力の髙萩だった。橋本を含む2ボランチと4バックの連係、さらに前線4枚の献身的なプレスもあって、こと守備に関してはほぼ満点だった。

 対して鹿島のプレーは淡々としていた。良く言えば丁寧なのだが、悪く言えば思い切りの良さがない。FC東京の執拗なディフェンスを細かいパスでかわすシーンもあったが、西が言うように「ワクワクする感じではなかった」。シュートに行けそうな場面でもそうせずにパスを選択するなど、いわゆる“怖さ”がなかったのだ。

 なにより印象的だったのは、後半途中に金崎がエリア内の右まで持ち上がった後のプレー。普段ならシュートに行きそうなシーンで、エリア外にいるL・シルバに横パスを出したのだ。確かにあまり角度はなかったが、あそこはシュートを狙ってもよかったのではないか。

 エースの金崎が精彩を欠いた状況下でも、鹿島には先制するチャンスがあった。59分、土居のスルーパスに抜け出したP・ジュニオールがGKの林と1対1になった場面である。あそこで決めていればFC東京の勢いを止められたはずだったが、この日最大の決定機を鹿島はモノにできなかった。

 後半に入ってややプレーの強度が落ちてきたFC東京だが、途中出場したMFの中島が突破口を開く。半ば強引のドリブルを何度も仕掛け、終盤の82分にはカットインから渾身のミドルを打ってオウンゴールを誘発したのだ。

 中島のシュートを上手く弾けなかったGKクォン・スンテのミスのようにも映るが、FC東京の大久保は「グラウンドが少しボコボコで、GKは弾くしかなかった」と分析する。打たなければ、なにが起こるか分からない──。そうした中島のチャレンジ精神が先制点を呼び込んだのだろう。

L・シルバも後半はミスパスを連発。

 0-1で敗れたFC東京戦で判断するかぎり、鹿島の敗因のひとつは新戦力と既存戦力のコンビネーションの悪さにあった。前半は守備面で輝いていたL・シルバも後半はミスパスを連発。カウンターになりそうな局面でより正確なパスを味方に出していれば、優位に試合を進められたに違いない。

 FWのP・ジュニオールにしても、エリア付近でのワンツーやコンビネーションが合わず、自滅するようなシーンが幾度か見受けられた。

 もっとも、彼らのプレーの精度を狂わせたのはFC東京の挑発的な守備だったかもしれない。厳しいタックルを受け続けたL・シルバは何度か怒りを露わにし、審判に抗議していた。L・シルバの心を乱したという点でも、FC東京のディフェンスは効いていた。

 試合内容からすればスコアレスドローが妥当な結果だった。それでも、このゲームに懸ける意気込みはもしかするとFC東京のほうが上だったかもしれない。左SBの太田は言う。

「シーズン全体を見渡すより、まずは鹿島戦。ここだけに集中してきた」

 34分の1ではなく、目の前の1試合に集中する。そうした割り切りがアグレッシブなプレーにつながっていたのかもしれない。


サッカーダイジェストの白鳥氏によるFC東京戦の選評である。
「鹿島の敗因のひとつは新戦力と既存戦力のコンビネーションの悪さにあった」と述べる。
確かにレオ・シルバのパスミスはリズムを狂わしたし、PJはチャンスを潰した。
そのあたりに敗因を見いだすことは容易い。
とはいえ、そういう簡単なものではなかろう。
複雑な要因が絡み合って試合結果が出るのだ。
あれこれ後からいうのは楽しいもの。
その一つとして、この記事も楽しんだ。
次は連携も深まって、良い結果に結びつくであろう。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

確かにその通り。ただFC東京もオウンゴール一発で勝ってあんな大騒ぎして喜んでいるようじゃ優勝は無理でしょうね。

大事な開幕戦なのに淡々としててはまずいよね。私もそう思いました。

1Gを超えた先にあるものを体感せよ。

あの鹿島とやる。 今シーズン特に前半戦う全てのチームはこの意気込みで挑んでくる。
「あの」とは何か。レアルとやりあった鹿島である。全てのJリーガーは感じているはず。去年の鹿島とやった計りでみれば自分達でもあれ位は出来ると鼻息荒くしてやってくる。(そんなに単純ではないと思うが勘違い君がいれば居るほど)そんなチームとこの先戦わななければならない。ましてや大会別、過密日程、移動距離時間、コンディション等、いろいろな敵とも戦わなければならない。
Jにおいて鹿島にはこの先、他チームに先んじて大志を示して欲しい。チャレンジャーでるのは大いに結構、ただそこに留まらず、Explorer 冒険者先駆者となって欲しい。 
さぁ切換えや切換え キリッととばかりではないだろう時にはグダグダかもしれないが勝ち点を得る。君たちならやれる。

シーズン序盤なのにゴール前の芝が荒れていたようですね。
ブライターフの採用で芝のメンテナンスレベルは上がったはずですが、根付きが良くなかったのかな…
逆に考えれば打てば何かが起こるということだからどんどんシュート打って欲しいですね!

ACLの影響だと思いますよ。中3日ですからね。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク