鹿島・鈴木優磨はJリーグ史上稀に見る器

【蹴球7DAYS】おごらず、ひるまない 鹿島・鈴木優磨はJリーグ史上稀に見る器
2017.02.27


ゴール後、C・ロナウドのポーズをまねる鈴木

 ゴールを奪うという仕事は、生まれ持ったセンスとその選手が醸し出す独特の雰囲気がモノのいう。今季はJ1鹿島のFW鈴木優磨(20)に期待している。

 昨季から活躍が続く鈴木にはこれがある。これまでの日本のストライカーが持っていた雰囲気とはまるで違う。力強い突破やヘディングの強さが特徴だが、MFとしても幅広く対応できるタイプ。今季プレーシーズンマッチと公式戦を合わせて7戦7ゴール。まぐれでは残せない数字だ。

 にもかかわらず、テングになった素振りを全くみせていない。「1試合1ゴールではなく、複数のゴールを奪いたいんです」という。

 素晴らしい才能を持っているにもかかわらず、アッという間に姿を消していった選手たちを何十人もみてきた。ゴールを奪っておごらず、負けてもひるまない、この20歳は今年のJリーグを変える器だ。

 今年のJ1は鹿島が優勝候補の筆頭。次いで、着実な補強をした浦和が年間タイトルを獲ってもおかしくない。12人もの補強をした東京、ともに無冠で終わった6季目の広島・森保監督と5季目のG大阪・長谷川監督も、リベンジを期している。

 ベテランの活躍だけではリーグは活性化しない。ヤングパワーの出現を望む。鈴木には、今季最低でも2ケタゴールは挙げてほしい。 (元J1横浜監督・水沼貴史)


優磨について記す水沼貴史である。
Jリーグ創世記に活躍した元日本代表の目は確かである。
優磨を「テングになった素振りを全くみせていない」と褒め称える。
試合後のコメントが、試合中のプレイとは異なり優等生であることから、こう評す。
そして、「今年のJリーグを変える器だ」と言い切る。
大賞賛である。
この期待に応え、ゴールを積み重ねていくのだ。
2017年シーズンの優磨の躍動を楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

飛び抜けて上手いとも言えないですが、
あの目つき、そしていつでもどんな時でも戦える選手ですね。

上手い選手なら、いくらでもいるけど、
常に戦えて、チームを勝たせることができる選手はなかなかいない。

優磨のプレースタイルに、隆行を思い出すサポーターも多いのでは。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク