浦和・興梠、そこを狙うのがFWだと思う

【浦和 vs C大阪】 続けて興梠が追加点!
2017年3月4日(土)



1点をリードする浦和は37分、興梠慎三(写真)の追加点でリードを2点に広げる。興梠も今季リーグ戦初ゴールとなった。

「ごっつぁんゴールかも知れないけど…」 浦和FW興梠が“そこ”にいる理由
17/3/4 18:09


1ゴールを記録した浦和レッズFW興梠慎三

[3.4 J1第2節 浦和3-1C大阪 埼玉]

 主導権を握った前半。浦和レッズはきっちりと2点を奪い、試合の流れを完全につかんだ。そして、その2得点に絡んだのがFW興梠慎三だった。

 まずは前半22分、最終ラインのDF遠藤航がボールを持つと、「航からのパスコースがあって、ボールが出てくると思った」と遠藤からパスを呼び込む。そして、「同じラインに武藤(雄樹)がいるのが分かった」とスルーを選択すると、後方にポジションを取っていた武藤がボールを受けて相手マーカーを振り切り、右足のシュートでネットを揺らした。

 さらに前半37分には高い位置でボールを奪った武藤がPA内のFWラファエル・シルバにパスを通すと、興梠はファーサイドにポジションを取る。「ラファはシュートがうまいので、GKが弾くのを狙っていた」。R・シルバのシュートはGK丹野研太に弾かれるも、興梠がきっちりと押し込んでリードを2点差に広げた。

「ごっつぁんゴールかも知れないし、ただ詰めただけかも知れない。けど、DFとの駆け引きもあったし、そこを狙うのがFWだと思う」

 ACLでは2連勝を収めながらも、ゼロックス杯鹿島戦(●2-3)、J1開幕節横浜FM戦(●2-3)を落としていたこともあり、「ACLで良い試合をしてもJリーグで結果がでなくてもどかしかった」と語る。3-1で勝利を収めて今季リーグ初白星を獲得して白い歯を見せつつも、「ACLとJリーグ、両方のタイトルを獲るためにキャンプからやってきている。これからです」と気を引き締め直した。

(取材・文 折戸岳彦)

【浦和】C大阪を3発撃破…興梠「相手にやらせないサッカーできた」
2017年3月5日6時0分 スポーツ報知


後半7分、ゴールを決めて武藤(左)、興梠(右)と喜ぶ浦和のラファエル・シルバ(カメラ・川口 浩)

 ◆明治安田生命J1リーグ 第2節 浦和3―1C大阪(4日・埼玉スタジアム)

報知写真部(2017年3月4日撮影=埼玉・さいたま市の埼玉スタジアム2002で)"/> 報知写真部(2017年3月4日撮影=埼玉・さいたま市の埼玉スタジアム2002で)
 浦和はMF武藤雄樹(28)、MF興梠慎三(30)、FWラファエル・シルバ(24)の前線3人が得点し、C大阪に3―1で圧勝。15日間5戦を3勝2敗で勝ち越した。

 前半22分、遠藤からの縦パスを受けた武藤は、中央へワントラップして右足を振り切った。先制点でチームに落ち着きを与えると、同37分には相手DFからボールを奪い、興梠の追加点につなげた。後半7分にはラファエル・シルバが青木のパスからリーグ戦2試合連続得点となる3点目を決めた。

 興梠は「前半の内容は良かった。相手にやらせないサッカーができた」と振り返る。3人以上が連動してパスを回し、ゲームを支配。ボールを奪い返す攻守の切り替えも素早く、カウンター攻撃も受けなかった。今季、ペトロヴィッチ監督(59)が掲げる「相手の陣地でサッカーをする」という理想を表現した。

 前半だけで5得点した2月28日のACL・FCソウル戦に続く完璧な試合運びは、槙野が自腹で購入した4万9000円のプロジェクターがもたらした。槙野が得失点シーンやピンチになりそうなシーンを選び、練習場のロッカールームで選手だけで映像を見て激論をかわしている。槙野は「昨年までなかったこと。いい方向に進んでいる」と胸を張った。

 2月18日の富士ゼロックス・スーパー杯(対鹿島、2●3)以来、15日間で5試合。後半途中からは疲れでペースが落ち、14分にCKから1点を返されて公式戦3試合続けてセットプレーで失点した。普段はセットプレー練習がないため、映像で何度も確認して修正を試みている。ACLで2連勝、リーグ戦は1勝1敗。2冠を狙う浦和が着実に結果を出し始めた。(羽田 智之)


ゴールを決めた浦和の興梠である。
味方のシュートのこぼれ球に反応して押し込んだとのこと。
GKが弾くことを予想して詰めたことはストライカーとしての嗅覚を感じさせる。
先制点も良い判断力でスルーしており、才能の深さを発揮しておろう。
高校時代は一時サッカーを辞めようとしたことや、そこから這い上がり、プロ入りして鹿島にてサッカーに対する真摯な姿勢を学ばせることがあってこその才能開花である。
興梠を育てることが出来たことを幸せに思う。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

また銘柄を変えたのかな?ゴール後の一服はさぞおいしかったでしょうね。今年はごっつあんゴールは許さない。ペテン師PKをするのは鹿島に歯が立たなくなってきた証拠。

昨日の1点目ですが、興梠のスルー、武藤の動き出し、ヤナギを彷彿させるプレーでしたね。

1件目のコメントの方
サッカー関係ないし、記事にも全く関係ないし誹謗中傷はよくないです

興梠は鹿島で成長し、それを浦和で活かしてる

相手としては憎いですが、一選手として見てあげてください

興梠の活躍記事は嬉しいような嬉しくないような…

赤ユニライバル?の浦和さんでなければ素直に喜べるのになって思ってしまう自分がいる。

原理主義さんがわざわざ興梠の話題を掲載してくれてるんだから楽しめばいいじゃないですか。移籍の仕方が良くなかったんだから責められても仕方ないですよ。

あなたは1件目の方ですか?
だからその興梠の話に全く関係ないタバコの話とかで記事をぶち壊すことにがっかりしてるのですが

楽しまずに誹謗中傷してるのがあなただと思いますが
あなたのは責めてるのでもなく単なる誹謗中傷

最初に断っておきますが私は一件目の人間ではありません。本当に興梠はタバコ吸ってるんですか?本当だとすればプロスポーツ選手としては失格ですね。あのイチローも言ってます。「自己管理は仕事の一つ。プロスポーツ選手がタバコ吸うなんてあり得ない」もし興梠が本当にタバコ吸ってるとしたら軽蔑されても仕方ないのでは?ただ誹謗中傷はよくないです。

動き出しも含めて素晴らしいと思います。
素直には喜べませんが…
鹿島のDF相手にはそうもいかないですよ。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク