勝っているチームに勝たないと優勝はない、勝点6の意味がある試合

両者が理解するこの一戦の重要性。確固たる勢いを手にするのは
開幕2連勝とスタートダッシュを決めた横浜FMと、苦しい試合が続いている鹿島の対戦だ。首位と9位の激突となる。

開幕戦で浦和を3-2で下した横浜FMは、明治安田J1第2節でも昇格組の札幌に3-0と大勝。2試合連続で3得点を奪うなど攻撃陣が絶好調だ。チームをけん引するのは10番を引き継いだ齋藤 学。その高い突破力でチャンスを作り出してきた。ただし、そのチャンスメイクもゴールを決める人があってこそ。新加入のダビド バブンスキーとウーゴ ヴィエイラがそろって2試合連続得点を挙げていることが、チームを新たに作り替えた横浜FMの好発進を支えている。それに触発された前田 直輝、富樫 敬真にも結果が出ている。チームに生まれた勢いは首位にふさわしいものだろう。

それに応じる鹿島は、正反対の状態を見せている。開幕戦でFC東京に0-1で敗れると、続くAFCチャンピオンズリーグのムアントン戦でも後半アディショナルタイムに決勝点を許し公式戦2連敗。J1第2節の甲府戦では辛くもレオ シルバのゴールを守り切り、リーグ戦初勝利を手にした。

チーム状態は決して良くないが、レオ シルバがリーグ戦初得点を挙げた以外にも浮上の兆しはあった。甲府戦では後半アディショナルタイムにPKを与えてしまったものの、新守護神クォン スンテがそのPKを阻止。勝点3を死守する活躍を見せて試合を終えたことは、流れを変えたり、勢いをつけたりする効果を期待できそうだ。

試合の重要性は、両チームの選手が理解している。富樫が「鹿島には去年の天皇杯で負けて悔しい思いをしている。開幕で2試合勝つことよりも、アウェイで鹿島に勝つことの方が大きいかもしれない」と、鹿島に勝つ意味を強調すれば、彼らからゴールを守る伊東 幸敏も「勝っているチームに勝たないと優勝はない。勝点6の意味がある試合」と表情を引き締めていた。

過去の対戦を振り返ると、2013年からリーグ戦8試合で鹿島の6勝2分と圧倒的な数字が残っている。つまり4シーズンにわたり、リーグ戦では鹿島が負けていない。齋藤を中心に据えたチーム作りが進み、新たな姿を見せ始めている横浜FMにとって、過去の数字を払拭して生まれ変わったことを印象づけたい。富樫の言葉にはそうした意味も込められているのだろう。

2試合で6得点2失点という結果を出した横浜FMとは対照的に、鹿島は1得点1失点と寂しい数字だ。それだけに伊東ら鹿島の守備陣にかかる期待は大きくなる。特に伊東にとって対面に入るのは相手チームのキーマンである齋藤。昨季天皇杯で初対峙して翻弄されただけに再戦を心待ちにしていた。どちらにとっても勝てば勢いに乗れる一戦である。

[ 文:田中 滋 ]


「スタートダッシュを決めた横浜FMと、苦しい試合が続いている鹿島の対戦」と記すJリーグ公式の田中滋氏である。
今季を占う大一番と行っても良さそうなビッグマッチと言って良かろう。
海外移籍を諦め残留したエヒメッシに10番を与え、彼中心のチーム作りをした上で、新外国人助っ人が結果を出しておる。
リーグ戦二連勝し、波に乗っているチームと言って良かろう。
このまま走られては、Fマリノスに優勝を持って行かれてしまうこともあり得る。
ここは、強い気持ちでぶつかり、勝利をもぎ取りたい。
また、リーグ戦に於いては2013年から6勝2分けと相性が良い。
そして、記憶に新しい2016年シーズン天皇杯準決勝では2-0と快勝しておる。
このデータだけ見れば、鹿島有利と勘違いするところ。
過去は過去のもの。
気を引き締め、集中力を高めて挑むところ。
特に、相手左サイド、鹿島の右サイドにて力を発揮するエヒメッシをどう止めるかがカギとなる。
マッチアップすることとなるユキにはより一層の力を発揮して貰わねばなるまい。
ここを抑えきれば、勝機は見える。
反則助っ人であるバブンスキーへのボール供給を絶つのだ。
シーズン序盤に訪れた天王山、勝利を目指す。
楽しみな一戦である。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

ユキに期待

マリノス戦では、ユキに斉藤を抑えてもらい、クリーンシートで勝利を期待しています。

怖いのは齋藤だけじゃない。バブンスキーやウーゴヴィエイラが好調、マルティノスにもいつも苦しめられる。
でもウチの守備陣なら絶対止められる。
攻撃陣は夢生、PJ、優磨が決めてくれると信じています
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク