サッカーダイジェスト Fマリノス戦寸評

【J1採点&寸評】鹿島 1-0 横浜|MOMは決勝点の鈴木。途中出場から完璧なヘッドで首位・横浜を蹴散らす!
広島由寛(サッカーダイジェスト)
2017年03月10日


鹿島――決勝点をお膳立てした伊東は守備も安定し「6.5」。


【警告】鹿島=永木(88分)、鈴木(90分) 横浜=伊藤(54分)、マルティノス(66分)、天野(77分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】鈴木優磨(鹿島)


[J1リーグ第3節]鹿島 1-0 横浜/3月10日/県立カシマサッカースタジアム

【チーム採点・寸評】
鹿島 6.5
 引き気味に構える横浜に対し、前半は攻めあぐねた印象。“ボールを持てる”状態で、効果的な仕掛けをなかなか繰り出せなかった。後半はさらに押し込む時間帯が増え、途中出場の鈴木が値千金の決勝点。相手につけ入る隙を与えなかったという意味では、地力の差を見せつけた完勝だった。

【鹿島|採点・寸評】
GK
1 クォン・スンテ 6
シュートコースを狭める的確なポジショニングでゴールを死守。ピンチらしいピンチもなく、完封勝利に貢献した。

DF
24 伊東幸敏 6.5
右サイドからのクロスは球種が豊富。その1本が鈴木の決勝点につながった。本職の守備も無難にこなした。

5 植田直通 6
精力的なカバーリングからの正確なクリアと、運動能力の高さを披露。横浜のCF伊藤へのパスを何本も遮断した。

3 昌子 源 6.5
1対1など局面の勝負で強さを発揮。ここで抜かれたらピンチになる、というシーンでは必ず立ち塞がった。

16 山本脩斗 5.5
前半は、良くも悪くも存在感が薄かった。後半は攻撃の強度を少し上げたが、守備面で不安定なプレーがいくつかあった。

MF
40 小笠原満男 6(74分OUT)
マイボールの時間がいつもより長く、推進力あるプレーで相手を押し込む。左右への散らしもソツがなく、ゲームを組み立てた。

4 レオ・シルバ 6.5
ミドルゾーンでの圧巻の守備力は相変わらず。攻守の切り替えが早く、23分のカウンターを喰らった場面もゴール前でしっかりと阻止した。

25 遠藤 康 5.5
右サイドで起点となるプレーも、フィニッシュワークのパンチ力が足りなかった。同サイドの伊東との連係はまずまず。

8 土居聖真 6
ギャップで上手く受けて、テンポ良く展開。40分には相手GKを慌てさせるミドルで決定機を演出。後半も遠目から積極的に狙った。

鹿島――決勝点の鈴木が文句なしのMOM。


伊東のクロスに完璧なヘッドで合わせる。非凡な決定力で勝利を呼び込んだ鈴木が勝利の立役者に。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

FW
33 金崎夢生 6(90+1分OUT)
決定的な仕事には絡めなかったが、前を向いた時の迫力はいつも通りで、果敢な仕掛けで横浜守備陣を疲弊させた。

7 ペドロ・ジュニオール 5.5(71分OUT)
思うようなボールが届かず、下がってきて組み立てに参加。もっとも、金崎との連係など前線でのプレーは今ひとつだった。

交代出場
MAN OF THE MATCH
FW
9 鈴木優磨 7(71分IN)
DFとの駆け引きに勝ち、完璧なヘディングシュートを叩きこんで勝利の立役者に。中澤との激しいマッチアップも見応えがあった。

MF
6 永木亮太 5.5(74分IN)
遠藤のドリブル突破をファウルで止め、危険な位置でFKを与えたのは減点材料。ルーズボールの処理でもややミスが目立った。

MF
13 中村充孝 ―(90+1分IN)
限られたプレータイムのなか、攻守に懸命に走り回り、確実に試合を終わらせた。

監督
石井正忠 6
鈴木のジョーカー起用が当たり、首位を叩いて2連勝を達成。我慢を強いられる展開だったが、慌てずにカードを切った。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

横浜――失点に絡んだ松原は「4.5」と厳しく評価。

【チーム採点・寸評】
横浜 5.5
 王者相手のアウェーゲームで、ブロックをしっかりと組みながら、カウンターを狙ったが奏功せず。失点するまではよく耐えていた守備面は評価したいが、攻撃面ではゴールチャンスが極端に少なすぎた。エース齋藤の不在が大きく響いた内容だった。

【横浜|採点・寸評】
GK
21 飯倉大樹 6
40分の土居の際どいミドルにはしっかりと反応し、CKに逃れる。バックパスの対応も安定していた。失点はノーチャンス。

DF
27 松原 健 4.5
リスクを冒さないディフェンスも、圧力を強められると不安定さが顔をのぞかす。失点の場面では、鈴木を捕まえ切れなかった。

22 中澤佑二 6
エリア内ではしっかり寄せて、シュートを打たせず。終了間際にはFKに打点の高いヘッドで合わせたが、チャンスにはつながらなかった。

34 ミロシュ・デゲネク 6
最後方で丁寧なパス回し。とにかくセーフティにボールを動かした一方、SBにつける縦パスは悪くなかった。

13 金井貢史 6
前節は負傷欠場も、先発復帰し、J1通算100試合出場を達成。味方の動きに合わせて、正確なパスを供給し、攻撃の糸口を探したが……。

MF
5 喜田拓也 5.5
流れを切るコントロールミスはいただけなかったが、素早い帰陣で相手の攻撃を遅らせる働きぶりが光る。

14 天野 純 5.5
3列目から勢いよく前に飛び出し、攻撃に勢いをつけようとしたが、うまくいかなかった。終了間際には好位置でFKのチャンスを得るも、壁に阻まれた。

25 前田直輝 5(84分OUT)
欠場した齋藤に代わり、スタメン出場。ただ全体的に消極的だったのは残念。軽いプレーで簡単に相手にボールを渡すなど、イージーミスも散見して期待外れに。

33 ダビド・バブンスキー 5(64分OUT)
囲まれても巧みなフェイントでかわすこともあったが、脅威を与えるには至らず。特にL・シルバにはまったく歯が立たなかった。3試合連続ゴールならず。

20 マルティノス 5.5
前半はアグレッシブさを欠く内容。後半はサイドで受けて、ドリブルする場面が増えたものの、時間をかけ過ぎて決定機を作れなかった。

横浜――スタメンに抜擢された伊藤だが、悔しい途中交代。

FW
16 伊藤 翔 5.5(59分OUT)
富樫に代わり、今季初出場&初スタメン。懸命に前線の基準点になろうと奮闘も、昌子や植田を崩せないまま、後半途中でピッチを後にした。

交代出場
FW
7 ウーゴ・ヴィエイラ 5(59分IN)
求められる仕事はこなせず。80分にはマルティノスの好パスに抜け出したが、シュートを打ち切れなかった。

MF
18 遠藤渓太 5(64分IN)
プレーに絡む回数が少なく、ドリブルで仕掛けられたのも数える程度。相手に脅威を与えられなかった。

MF
8 中町公祐 ―(84分IN)
ボランチに入り、局面を前に動かそうと懸命にプレー。しかし、L・シルバや永木が陣取る中盤を崩せずに終わる。

監督
エリク・モンバエルツ 5.5
CFにはこれまで連続先発の富樫ではなく、伊藤を抜擢したが、思うような攻撃は見せられず。早めのベンチワークは悪くなかったものの、勝点獲得にはつながらず、今季初黒星を喫した。

取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。


サッカーダイジェストの広島氏によるFマリノス戦の評点である。
完封勝利に総じて評価が高い。
決勝点の優磨に最高評価とMOMが与えられた。
これは納得と言えよう。
相手DFとの駆け引きに勝ち、完璧なヘディングゴールはスタジアムを熱狂の渦に巻き込んだ。
また、ユキ、源、レオ・シルバにも高い評点が付けられておる。
ユキのクロスについて「球種が豊富」と評す。
多彩な攻めの形を今後も作ってくれよう。
源は、1対1での守備で魅せてくれた。
シーズンが進み、コンディションが下がってきたように感じられる。
そして、レオ・シルバは、噂に違わぬパフォーマンスである。
一人で何でもやってしまう・出来てしまうレオには、毎試合驚かされる。
チームの軸として輝きを放っておる。
攻守が噛み合い苦しい試合をものにした。
鹿島の鹿島らしいゲームが今後も続いて行くであろう。
勝利を期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

クロス、ヘディング共に迫力満点で危うく椅子から転げ落ちそうになりました 笑。

何となくですが、ペドロジュニオールは金崎よりも鈴木と、金崎は鈴木か土居との方が呼吸というか相性が良さそうですね。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク