秀平移籍の舞台裏

[鹿島]約1週間での決断。鹿島の赤﨑秀平がG大阪に期限付き移籍


 鹿島の赤﨑秀平がG大阪に期限付き移籍することが両クラブから発表された。
 ガンバ大阪はトップチーム登録のFW3人のうち、呉屋大翔が故障離脱中。実質的にはアデミウソンと長沢駿の二人体制で戦っていたため、鹿島で出場機会を失いつつある赤﨑に白羽の矢が立った。3日にオファーがあり、6日にクラブと石井正忠監督が話し合い。10日の夜、赤﨑は大阪へ出発するという慌ただしい移籍劇だった。
「自分の特長を出していけばチャンスはあると思っていた」と話していた赤﨑だが、昨季からベンチを温めることが多くなり、ペドロ・ジュニオールを加えた今季はベンチ外が続いていた。そのため、強化部門の責任者である鈴木満常務は「いまの起用のされ方だとベンチ外も多いし、昨年の終わりごろから秀平も悶々とした気持ちをくすぶらせていた。ガンバで活躍したらウチに戻ってきてもチャンスがある。生え抜きの選手だしね」と送り出した。
 なお、同選手は契約により期限付き移籍期間中(3月12日~1月31日)に鹿島と対戦するすべての公式戦には出場できない。

(鹿島担当 田中滋)


赤﨑移籍の舞台裏を記すBLOGOLAの田中滋氏である。
3日にガンバよりオファーが届き、6日に石井監督クラブが話し合いを持ち、10日の夜には赤﨑自身が大阪に出発したとのこと。
かなりの駆け足の動きであったことが伝わってくる。
鹿島のサッカーを叩き込まれた生え抜きのFWが控えにいてくれることは心強い。
しかしながら、サッカー選手として最も働くこの年代にベンチ外もあるようでは、精神的にも苦しいところがあろう。
鈴木満常務強化部長は、「いまの起用のされ方だとベンチ外も多いし、昨年の終わりごろから秀平も悶々とした気持ちをくすぶらせていた。ガンバで活躍したらウチに戻ってきてもチャンスがある。生え抜きの選手だしね」と語る。
ガンバにて実績を積み上げて帰参して欲しいところ。
赤﨑の活躍を期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

彼が昨シーズン鹿島で果たしてきた役割は小さくないと思うし
攻守に貢献してきた姿は目に焼き付いてます
ガンバでしっかり結果を残しもう一回り
大きくなって帰って来てくれれば嬉しいです
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク