ケルン・大迫、PK奪取

大迫 先制点起点もドロー…5戦勝ち星なく「難しい試合だった」
ブンデスリーガ第24節 ケルン2―2インゴシュタット ( 2017年3月11日 )

 ケルンのFW大迫はリーグ23試合連続先発で5試合連続フル出場を果たした。

 前半15分の先制点につながるPKを獲得したものの、試合を通してマークが厳しく「難しい試合だった」とタメ息。降格圏の相手と引き分け、5戦勝ち星がない。「(前節までの)2連敗で後ろの余裕がない分、攻撃陣に負担がかかっている。みんながシンプルに頭を切り替えれば、楽になると思う」と話した。
[ 2017年3月13日 05:30 ]


先発フル出場したケルンの大迫である。
大迫がPKを得、チームは先制するも、結果的にはドローに終えた。
これは悔しいところ。
大迫自身は、「2連敗で後ろの余裕がない分、攻撃陣に負担がかかっている。みんながシンプルに頭を切り替えれば、楽になると思う」と語る。
言葉の端々に責任感が感じられる。
チームを牽引し、次は勝利に導くのだ。
楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク