ACL・ブリスベン・ロアー戦前日会見

ブリスベン・ロアーFC戦前日トレーニング(公式練習&公式記者会見)
2017年03月13日(月)

AFCチャンピオンズリーグ2017 グループステージ第3節 ブリスベン・ロアーFC戦を明日に控え、選手たちはクラブハウスで午前中に公式練習を行いました。冒頭15分間のみがメディアに公開されました。公式練習は1時間という時間制約があるため、軒下でウォーミングアップを行ってからグラウンドへ出ました。





午後にはカシマスタジアムで公式記者会見が開催され、石井監督と土居選手が出席しました。



石井正忠監督:
「前節のムアントン戦は自分たちのミスが多くて、勝ち点を失ってしまったという印象が強い。ブリスベン戦はホームだし、しっかりと勝ち点3を取りたい。ここまで選手起用で大きくプランが狂ったことはない。各ポジションの選手が役割を理解してくれている。負傷や体調不良で出られない選手がいた時も、代わりに出場した選手がうまくやってくれたと思う。最近はチャンスこそ多く作れているものの、複数得点を取れていない。どうやってチャンスをゴールに結びつけるか。コンビネーションの練習を増やし、得点を多く取れるように練習していかなくてはいけないと思っている」

土居聖真選手:
「前回のACLで対戦したウェスタン・シドニーは体格もあって、ゴール前ではドリブルやコンビネーションで崩してきたけど、ブリスベンは高さを活かすというよりも、ショートパスをつなぐ意識が高いと感じた。オーストラリアのチームだけど、これまでとは違ったチームとして認識したうえで戦わなければならない。前半に決定機がありながら決められない試合が続いているので、先制点が大事だと思う。前回のACLでオーストラリアのチームと対戦してから、いろいろな経験をした。ケガもしたし、大きな大会で優勝もした。ここまでの成長はメンタルの部分。浮き沈みがなくなった。そこがゲームに反映されている。試合では相手の様子を見るのではなく、こちらからアクションを起こすことが重要だと思っている」

ブリスベン・ロアーFCからの出席者はジョン アロイージ監督、そしてFC東京と札幌でプレーした経験があるジェイド ノース選手でした。

ジョン アロイージ監督:
「カシマで試合ができることをエキサイティングに思う。タフな試合になる。我々は休息も取れたし、しっかりと準備をして日本に来た。とても興奮している。我々のスタイルはポゼッションが基本。良い組織を基盤としていて、守備陣を突破できる個人の力もある。困難な試合になるが、準備はできている。アントラーズについては、クラブワールドカップの試合は全て見た。ACLの2試合、Jリーグの3試合も見て分析をした。良いチームだということは間違いない。ゲームプランに関して多くを語ることはできないが、組織的な守備をできれば良い。勝つために、何もせずに待っているようなことはない。攻撃的に行くサッカーを表現できる選手がいるので、自分たちのサッカーを表現できれば良い。(前節の)蔚山戦ではリカバリーする時間もなく、ケガ人もいた。今回は十分な準備期間があった。オフェンシブなサッカーをすることが重要だ」

ジェイド ノース選手:
「試合が待ち遠しい。Jリーグでプレーしていた時も対戦したことがあるので、アントラーズが良いチームだということはわかっている。リスペクトしているが、勝利を求めて日本に来た。アントラーズが5年前から大きく変わった印象はない。Jリーグでは簡単な試合はなかったし、アジアで最高のリーグだと思っている。その中でもアントラーズはトップチームという印象があるので、対戦は楽しみ。ACLという大会でオーストラリアを代表してプレーできることを誇りに思う」

ブリスベン・ロアーFCは、公式会見後にカシマスタジアムで公式練習を行いました。

非公開練習


ブリスベン戦を明日に控え、、選手たちは非公開練習を実施しました。冒頭15分のみメディアに公開されました。

鹿島がACL前日会見 MF土居「アクションを起こすことが重要」
 昨季のJ1リーグ王者鹿島は、14日にアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグ第3戦ブリスベン(豪州)戦をホームで戦う。

 13日は冒頭15分のみ公開の非公開練習を実施。その後行われた前日会見で、MF土居聖真(24)は「相手の様子を見るのではなく、自分たちでアクションを起こすことが重要。120%の力を出して勝ちたい」と意気込みを口にした。

鹿島・石井監督、決定力改善求める「どうゴールに結び付けるかがポイント」/ACL

ブリスベン戦を前に記者会見する鹿島・石井監督(左)と土居=カシマスタジアム

 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグは14日に第3戦が行われ、E組の鹿島はホームのカシマスタジアムでブリスベン(オーストラリア)と、G組の川崎は敵地で広州恒大(中国)と対戦する。13日は最終調整した。

 鹿島はJ1で2連勝中だが、いずれもスコアは1-0と攻撃陣の連係に不安が残る。石井監督は「チャンスは多くつくっている。そこをどうゴールに結び付けるかがポイント」と決定力の改善を求めた。

 土居は2年前のACLでブリスベンと同じオーストラリア勢のウェスタンシドニーから得点している。「前半に先制点を取れるかどうかが重要」と意欲を見せた。

鹿島MF土居 ACLブリスベン戦は「先制点が重要」
ACL1次リーグE組 鹿島―ブリスベン ( 2017年3月14日 カシマ )


ブリスベン戦を前に記者会見する鹿島の石井監督(左)と土居
Photo By 共同


 鹿島は14日にACL1次リーグ第3戦でブリスベン(オーストラリア)をホームに迎え撃つ。今季は公式戦6試合で複数得点が生まれたのは2試合のみ。引く相手を攻めあぐねる展開が多いだけに、MF土居は「先制点が重要。勝っている時間が長くなれば、相手がリスクを負って出てきて(鹿島が得意とする)ショートカウンターが効いてくる」と先にゴールを奪うことの重要性を説いた。

 ACL初出場を飾った前回15年2月のウェスタンシドニー戦では大会初得点を記録した。今回も相手は同じオーストラリア勢だが「高さより、ショートパスやつなぐ意識が強いチーム」と戦い方の違いを警戒。石井監督からは「安定感が増した」と評価されており、2年前からの成長もゴールに込める。
[ 2017年3月14日 05:30 ]


ACL・ブリスベン・ロアー戦に向けた公式前日練習と公式会見の様子である。
聖真は「相手の様子を見るのではなく、自分たちでアクションを起こすことが重要」と言い、主導権を握るサッカーをイメージしておる様子。
聖真のドリブルで相手守備陣を切り裂くのだ。
また、石井監督は「得点を多く取れるように練習していかなくてはいけないと思っている」と、複数得点を狙う戦術を植え付ける。
まだ寒いカシマスタジアムにて、ゴールショウを演じるのだ。
攻撃的チームを観るために、スタジアムに向かう。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク