鹿島の9番は、ストライカーにとって重要な資質と感性をすでに持っているのだ

鈴木優磨、6戦3得点でもまだ3番手。
代表より欲しい「鹿島のスタメン」。

posted2017/03/14 08:00


鈴木優磨の顔立ちは本来、極めて端整だ。しかし、表情をゆがめ、感情を漲らせてピッチを走る姿もまた、魅力的である。

text by
佐藤俊
Shun Sato

PROFILE
photograph by
J.LEAGUE PHOTOS


 面白い選手だなぁと思う。

 漫画「クローズ」に出てきそうな面構え、プレーは荒削り。だが、ゴールに向かってガツガツと突進し、点を取ってくれそうな気配を醸し出す。

 横浜F・マリノス戦、後半26分から鈴木優磨はその気をプンプンに漂わせ、肩で風を切ってピッチに出てきた。

“俺が決めてやる”。

 決意を体全体から発し、ボールを自分のところに呼び込む。鹿島では、ペドロ・ジュニオールと金崎夢生の2枚看板がストライカーのエゴを前面に押し出してプレーしているが、鈴木も2人には負けていない。チームを勝たせるのは自らのゴールであると信じて全力でプレーする。そういう選手には、サッカーの神様からチャンスが与えられる。

教えられても身に付かない“FWの嗅覚”を既に。

 後半38分、伊東幸敏のクロスをペナルティボックス内のど真ん中からたたき込み、決勝ゴールを上げた。クロスの質が高かったのもあるが、そこにいるのが鈴木らしい。

「監督からの指示でFW1人は真ん中で残るように言われたので、指示通りにしていたらいいボールが来た。センターバックとの駆け引きとかあるけど、自分はけっこう相手DFの前に入っていくのが得意なんです。それを伊東くんが分かっていたんで、意志疎通ができて決められました」

 監督に「真ん中に残っていろ」と言われても、最終的には相手や味方の状況を判断して、ボールが来そうなポジションに入らなければならない。鈴木は味方のクロスがどこに来るのかを予測し、相手DFの前に出て、ドンピシャでヘディングを決めた。

 これは教えられてできることではない。いわゆる“FWの嗅覚”と言われるもので、鈴木自身も「計算ではなく、勘で動いてる」と語っている。鹿島の9番は、ストライカーにとって重要な資質と感性をすでに持っているのだ。

DFにしてみれば、通常の読みでは対処できない存在。

 中田浩二も素質は認めている。

「優磨は、マリノス戦のように点を取るポジションに入るのがうまいし、ゼロックス杯の浦和戦のゴールのように、常に相手の隙を狙っている。ゴールに向かっていく迫力もある。相手に恐さを与えられるFWだと思う」

 スピードで相手をぶっちぎる恐さはないが、掴み所がない独特の感性で動く鈴木は、相手DFにとって極めてやっかいだ。通常の読みとは異なる動きでゴールを奪うからだ。

 イメージで言うと、久保竜彦だろうか。

 野性的でギラついた雰囲気は2人に共通している。

 これで今季公式戦は6試合3ゴール。

 リーグ戦は2試合連続でノーゴールだったが、3試合目にしてようやくリーグ戦今季初ゴールを決めることができた。

代表の話題には、まったくノッてこない。

 鈴木はホッとした表情を見せた。

「最近点が取れていなかったのでなるべく早く決めたかった。うちは選手層が厚いんで1試合ダメならすぐに代えられてしまう。スタメンを取ると言っても、結果を残さないとベンチにも入れない可能性がある。今日はこれがラストぐらいの気持ちで臨みました」

 2月28日、ACLのムアントン戦では勝ち越しチャンスのPKを外した。その後、チームはロスタイムに失点し、敗れた。鈴木は責任を深く感じ、マリノス戦はチームを助けたいという気持ちでプレーしたという。

「それが結果に繋がったと思います」

 また、この試合には日本代表のハリルホジッチ監督が視察に訪れていた。決勝弾となるゴールシーンを披露し、監督からも「若い鈴木が点を取ったことは喜ばしいことだ」と一定の評価を受けたようだ。しかし、鈴木自身は試合後のインタビューで日本代表の話題を振られてもまったくノッてこなかった。

「がんばります」

 そう短く答えただけだった。

点は取るが、鹿島ではまだ3番手。

 その姿勢からは、周囲に期待感を煽られても、自分の実力を冷静に判断しているさまが見て取れる。

 実際、点は取ってもプレーではまだ荒削りなところが目立つ。マリノス戦でも、ゴールを決めたシーン以外は特に目立っていたわけではない。鹿島の特徴であるサイド攻撃で起点になることも、なかなかできていなかった。今は自分の勘だけを頼りにプレーして、それがいい方向に出ているが、先人たちの例を見ればわかるように、それだけではいずれ壁に直面することになるだろう。

「ゴールを取ったプレーはいいんだけど、ボールの引き出し方やオフザボールの動きとか、それ以外のプレーの質を上げて一皮むけていかないといけない。それが出来ていないから鹿島でスタメン取れていない」

 中田浩二の声は厳しいが、現実的に鈴木は鹿島のFWではペドロ・ジュニオール、金崎夢生に次いで3番手。スタメン出場を狙ってはいるが、現状はまだまだ足りないものが多く、鈴木もそれを自覚している。

鹿島のスタメンは、代表への最短距離である。

「鹿島でスタメン取らないと代表とかもぜんぜん話にならない。逆にここでスタメンを取ったらチャンスになると思うんで、今は自分に与えられたチャンスをいかすために精一杯やっていきます」

 鈴木はまっすぐ前を見て、そう言った。

 ただ、鹿島には大きなチャンスが転がっている。昨年、チームでスタメンを奪った永木亮太が日本代表に招集されたように鹿島でのスタメンが代表への最短距離なのは間違いない。

柳沢敦がコーチであることは鈴木にとって幸運だ。

 鈴木にとって幸いなことに、鹿島には動きの質の高さとポジショニングの上手さでは日本随一といわれたFW柳沢敦がコーチにいる。

 コーチから学び、かつて柳沢がそうだったように練習中から動きの質を磨きつづけていく。そうすれば味方にとっては非常に頼りになり、相手にとっては捕まえづらい、恐い選手になる。その先には、まず鹿島のスタメン、そして日本代表の椅子も自然に見えてくるだろう。

 独特のゴールへの嗅覚を大事にしつつ、動きの質の極意を吸収した時、鈴木はどのように変わるのか。クリスティアーノ・ロナウドへの道はまだまだ遠いが、鈴木が従来の日本のスケールを越えたストライカーになり得る可能性は十分にある。


優磨について記すNumberWebの佐藤氏である。
Fマリノス戦のヘディングゴールをして“FWの嗅覚”と評す。
優磨は、ストライカーならではの天賦の才を持つ。
その優磨は今季6試合で3得点と攻撃陣では最も結果を出しておる。
しかしながら、レギュラーポジションを得るには至っておらぬ。
その件に関して中田浩二CROは、「ゴールを取ったプレーはいいんだけど、ボールの引き出し方やオフザボールの動きとか、それ以外のプレイの質を上げて一皮むけていかないといけない。それが出来ていないから鹿島でスタメン取れていない」と言う。
課題がはっきりしておるということである。
クリアすれば、鹿島を背負うセンターFWとしてポジションを得、いずれは日本を背負って立つストライカーとなるのではなかろうか。
優磨の更なる成長に期待大である。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

決定率

記事で書かれている長所の他に「優磨はシュートがうまい」とも言えると思います。
決定率が高い。
マリノス戦のヘディングのように決めて当然のシュートは決めるし、ゼロックスのように少しくらい難しいシュートも決めてる。

久保竜彦よりは川崎時代の鄭大世かな。
本当に厄介なヤツだった。

他クラブサポから盛大なブーイングをあびるプレイヤーになってくれ。

凄く大人で冷静な選手だと思います。周りもよく見えてると思います。能力の高い選手をリスペクトし、そこから学ぶぼうとする姿勢も素晴らしいと思います。
昨シーズンはサイドハーフでたくさん使われていましたが、その経験も活きているかもしれませんね。

優磨には伸びしろしかない。
サッカーエリートではなくても、雑草のように踏まれても蹴られても、強くたくましいFWになってほしい。

No title

優磨と久保竜彦の比較…久保に比べれば優磨の方が理知的で繊細、まあ良くも悪くもだけど…
高校から始めたハンデを天賦の才能でのし上がった感のある久保に対して、優磨はもっと足掻いてる感がある
意外と息が長いのは足掻いてるタイプだったりするんだよなあ…キングカズみたいに…
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク