鹿島は守備の安定感が光り、敵陣深くまで侵入して攻撃を完結

ACL3試合のデータに見る日本勢の長所と短所 鹿島、浦和、川崎、G大阪の新スタイルとは?


鹿島は守備の安定感が光り、敵陣深くまで侵入して攻撃を完結

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は14日までのゲームでグループステージ全6試合のうち、半数となる3試合を消化した。4チームが出場している日本勢の戦いぶりを大会公式サイトが公開しているデータで振り返ると、各チームの長所と短所が浮かび上がる。

 前半3試合で合格点以上の結果と言えるのは、ともに2勝1敗の鹿島アントラーズと浦和レッズだろう。両者は開幕を3日前に控えた2月18日にゼロックス杯を戦うという過密日程を強いられながら、それぞれ勝ち越した。ホーム2試合を勝利してE組首位の鹿島と、アウェー2試合が組み込まれながらF組2位の浦和は、昨季にJリーグの頂点を争った2強として日本勢を代表する活躍を見せている。

 鹿島の武器は守備力にあることが3試合2失点というデータからも浮かび上がる。ホーム2試合をともに無失点で勝利したが、なかでもタックル成功率75%というデータが際立つ。ボールを奪えそうな場面で奪い切る能力を見せていると言えるだろう。3試合フル出場のMFレオ・シルバはタックル成功率が85%を超え、3戦ともスタメン出場の日本代表MF永木亮太と2人で14のインターセプトを記録。ダブルボランチの安定感が鹿島のバランスの良さを支えているという見方もできる。

 鹿島の平均ポゼッションは浦和と並んで最少の53%だが、シュート数は出場32チーム中でも3位となる53本。CKも最多タイの22本と、敵陣深くまで進めて完結する攻撃が逆襲の芽を摘むことにもつながっていると考えられる。

浦和はシュート成功率、川崎はパス数突出

 また、3試合で32チーム中最多11ゴールを挙げている浦和は攻撃の数値に特徴が出た。パスワークを武器にするイメージの強い浦和だが、前述のとおりポゼッション率は決して高くない。また、意外にもトータルのパス数1327本は4チームで最も少なく、パス成功率も80%を超えたものの鹿島に次いで低い。しかし、浦和で突出しているのはシュートの成功率だ。

 浦和は3試合で26本のシュートを放っているが、そのうち6割以上の17本が枠内シュート。そして11本がゴールになっている。シュート成功率42.3%は、出場32チーム中最も高い数値で、2位以下のチームを16%以上引き離す。また、地上戦と空中戦のデュエル勝率が両方とも50%を超えているのは日本勢で浦和のみで、フィジカル面でも劣らない戦いを見せていることが浮かび上がる。

 その一方で、ともに勝ち点3の3位で折り返すことになった川崎フロンターレとガンバ大阪は、良い数値を出しているデータこそあるものの、日本勢の中では明らかに低い数値のデータが散見されている。

 敵地で2試合が組まれた3戦を3引き分けと勝ちきれないイメージが色濃い川崎は、まさにそのとおりのデータが残っている。トータルパス数2044本は32チーム中でもトップ。その成功率も86.6%と非常に高い。平均ポゼッションは66.7%と驚異的な数値を残している。常に主導権を握りながらゲームを進めていることが一目瞭然になった。

 だが、攻撃の最終局面の数値は伸びてこない。トータルシュート数は30本と浦和をやや上回る程度で、枠内シュートは14本と半数を下回る。3ゴールのシュート成功率はわずかに10%と、20本をペナルティーエリア内から放ちながらの数字としては厳しい。それだけに、シュートの決定率さえ上がってくれば一気に爆発する可能性を秘めている。昨季までのエースFW大久保嘉人が移籍した穴を、新主将のFW小林悠が2ゴールで埋めているものの、それに続くストライカーの出現がカギになりそうだ。

デュエルの勝率が低いG大阪

 一方で、ホームで2試合が組まれながら1勝2敗のガンバ大阪は、ハッキリとした苦戦のポイントが明らかになっている。デュエルのトータル勝率が46.9%と低く、ファウルが47と最多だ。相手のファウルは29で差し引きマイナス18となり、日本勢4チームで唯一収支がマイナスになった。ボール際での競り合いで勝ちきれずに反則し、相手にセットプレーのチャンスを多く与えてしまう、またはオフェンスファウルでチャンスを潰してしまう傾向が浮き彫りになっている。

 また、シュート総数の23本は日本勢で最も少なく、そのうち枠内は6本。4ゴールの決定率は17.6%と川崎に次いで低い。平均ポゼッションは58パーセント、パス成功率は81.7%と高い数字を出しているだけに、シュートまでつなげる攻撃の効果性に疑問符が付いている。

 現状、4チームすべてが十分に決勝トーナメント進出の可能性を残している。2007年に浦和、08年にガンバが日本勢の連覇を果たしてから遠ざかっているクラブレベルでのアジア王者をJリーグに取り戻すためにも、後半の3試合で4チームの奮闘が期待される。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images


ACLのグループステージ3試合を終え、チーム戦術を分析するフットボールゾーンウェブ編集部である。
鹿島の武器は守備力にあるとデータから読み取る。
そして、タックル成功率75%は素晴らしい。
やはり、レオ・シルバ加入の効果が出ているのであろう。
そのレオシルバは85%とのこと。
まさにタックル王。
そして、攻撃に目を向ければポゼッションは53%と高く、シュート数も53本、CKは22本と、敵陣深く攻め込んでおることも伝わってくる。
攻守に良い形が出来ておる。
この調子でGSを突破し、アジアの頂点を目指す。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク