植田、負けるわけにはいかない

鹿島植田4戦連続完封で代表初出場に弾みをつける
[2017年3月18日7時39分 紙面から]


練習中、鋭い視線を送る鹿島DF植田(撮影・鎌田直秀)

 鹿島アントラーズDF植田が公式戦4戦連続完封勝利で、日本代表初出場に勢いをつける。

 ハリルホジッチ体制で最年長の平均年齢27・68歳のメンバー構成の中、最年少の22歳で選出。「年齢は関係ない。下から突き上げていくことが大事。選ばれることでなく、試合に出ることしか考えていない」と、今日18日のアウェー清水エスパルス戦でのFW鄭封じに自信を見せた。

代表最年少、22歳植田“下克上”誓う「年齢は関係ない」
明治安田生命J1第4節 鹿島―清水 ( 2017年3月18日 アイスタ )

 鹿島のDF植田が“下克上”を誓った。ベテラン勢が多く代表に選ばれた中、FW浅野と同じ最年少の22歳で選出された。「サッカーに年齢は関係ない。下から突き上げていくことがチームにとっては重要」と鋭いまなざしで国際Aマッチ初出場への思いを語った。

 UAEには熊本・大津高時代から世代別代表などで訪れたことがある。決戦の地へ出発する前に、敵地での清水戦に臨む。「フィジカル的にも強い」と警戒する2戦連発中のFW鄭大世(チョンテセ)を封じ込め、ともに代表に選出されたDF昌子とともに公式戦4戦連続完封勝利を狙う。「負けるわけにはいかない」と植田。石井監督からは「代表にふさわしいプレーをしてもらいたい」とハッパを掛けられた。

 FWは金崎が足首の捻挫で先発を外れ、鈴木が今季リーグ戦初先発する可能性が高い。
[ 2017年3月18日 05:30 ]


石井監督にハッパを掛けられた植田である。
「代表にふさわしいプレイをしてもらいたい」とのこと。
清水攻撃陣を封じ込め、公式戦4試合連続完封を記録するのだ。
共に開幕戦に1失点負けしただけのチーム同士の対戦となる。
守備力を争う戦いとなろう。
日本代表CBコンビに分があるところを見せつけたいところ。
また、夢生は捻挫にて先発を回避する様子。
エースの負傷は痛いところではあるが、弟分の優磨が代役以上の活躍をしてくれよう。
公式戦3試合連続ゴールを期待したい。
中断前の大事な一戦、楽しみにしてスタジアムに向かう。
勝利を信じておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク