テネリフェ・岳、公式戦デビュー

ついにデビューした柴崎、テネリフェ番記者は好感触「近い内にレギュラーになるのでは」

冬の移籍市場でテネリフェに加わった柴崎

2017/03/20 9:36:11

『ラジオ・マルカ』のラモン・エルナンデス記者は柴崎のプレーを気に入ったようだ。

19日のリーガエスパニョーラ2部第30節レウス戦(0−1)でテネリフェの公式戦デビューを果たしたMF柴崎岳だが、現地記者はそのプレーに好感触を得たようだ。

柴崎はこのレウス戦の74分から途中出場し、中盤でパス回しの中心となった。この試合を実況していたスペイン『ラジオ・マルカ』のラモン・エルナンデス記者は、同選手のプレーに大きな可能性を感じたという。

エルナンデス記者はまず、「ガクはピッチに入った際に喝采を受け、ボールに触れる度に称賛されていたよ」とテネリフェ本拠地エリオドロの様子を描写。そして柴崎のプレーについては、次のように述べた。

「ガクのことを評価するのは、もちろんまだ早計だ。しかし彼のプレーが気に入ったと言わなければ、それは嘘になる。その理由はわずかな出場機会ながら、パス回しにおいて見事な判断力を示していたからだ。積極的にプレーに絡もうとしていたし、チームメートも信頼していたようだった。」

エルナンデス記者はまた「ガクはまさにチームが必要としていた選手だった。あのポジションでは、彼のようなタイプがほしかったんだよ」とも発言。さらに日本人MFが、今後レギュラーの座を勝ち取れるとの見解も示している。

「私の意見を言わせてもらえばレギュラーになる日は遠くなく、むしろ限りなく近いのではないだろうか。今日のようなプレーを常に見せられるなら、スタメンを張れると思う」

残り12節となったリーガ2部で、テネリフェは1部昇格プレーオフ圏内の4位に位置。柴崎はテネリフェの昇格に貢献する存在となるのだろうか。


遂に公式戦デビューしたテネリフェの岳である。
現地ラジオの実況担当ラモン・エルナンデス記者は、「ガクはピッチに入った際に喝采を受け、ボールに触れる度に称賛されていたよ」、「ガクはまさにチームが必要としていた選手だった。あのポジションでは、彼のようなタイプがほしかったんだよ」と言う。
とても賞賛されておる。
更にエルナンデス記者は、「私の意見を言わせてもらえばレギュラーになる日は遠くなく、むしろ限りなく近いのではないだろうか。今日のようなプレイを常に見せられるなら、スタメンを張れると思う」とレギュラーへの期待を寄せる。
これは楽しみと言えよう。
テネリフェを悲願の1部昇格に導くため躍動するのだ。
活躍の報を待っておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

まずは出場におめでとうと言いたいです。
スペイン2部がどのような特色があるかよくわかりませんが、早く激しさやスピードに慣れてチームの心臓として頑張ってほしいですね。
移籍が決まってから色々と苦労したと思うので、これからの活躍を心から祈りたいと思います。
くれぐれも怪我だけには気をつけて...

柴崎頑張れ!オー岳 オー岳 オー岳 シバサキ!

超応援してる!

がんばれー

今までの経緯が本当なら半年契約でさっさと見限られてもおかしくなかったかもしれない。
それを辛抱強く待ってくれたテネリフェというクラブに感謝
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク