シャルケ・篤人、ヨメも『試合、全部出たの?』

内田篤人、2年ぶり90分間出場。
「1日たっても痛くないのが嬉しい」

了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko 千葉格/アフロ●写真 photo by Chiba Itaru/AFLO


親善試合のハノーファー戦にフル出場した内田篤人

 3月23日、日本代表がUAEを下した直後にキックオフしたハノーファー対シャルケの親善試合。先発した内田篤人は90分間フル出場した。実に2015年2月のチャンピオンズリーグ、レアル・マドリード戦以来2年ぶりのフル出場だった。

「ありがとうございます。おかげさまです」

 おどけて話す内田の、声のトーンは弾んでいた。

 内田のリハビリは永遠に続くのではないかと思うほど険しい道のりだった。一歩ずつ、ステップバイステップでここまでやってきたと言いたいところだが、そんなに生易しいものではない。むしろ3歩進んで2歩下がる、前進したかと思えば壁に突き当たる、当初の予定があっという間に白紙に戻る……の繰り返しだった。それはまだ現在進行形である。だが今回のフル出場は、間違いなく大きな前進だった。

 昨年の12月8日、内田は消化試合となっていたヨーロッパリーグ(EL)ザルツブルク戦で公式戦に復帰している。その2日前には「俺、試合に出たら泣いちゃうかも」と話していた内田だったが、83分からの出場に、試合直後は「まあ、リハビリ頑張ったね、のご褒美でしょう」と冷静に受け止め、さらに少し時間がたつと「もっとちゃんと長く出たかったな」とぼやいた。いわば形式上の復帰だった。

 シャルケにもブンデスリーガで内田を試す余裕はなかった。マルクス・ヴァインツィール監督が別の機会に「ELとリーグ戦は別モノ」と話している。その後は出場機会がないのはもちろん、練習にフルに参加することなく年をまたいだ。勝負のかかった実戦で使うにはまだまだの状態だった。

 次の一歩は、1月上旬にベニドルム(スペイン)で行なわれたキャンプだった。内田にとってここでの大きな収穫は「みんなと同じメニューを全部こなせたこと」。ようやく普通の負荷を連日体感できるレベルになったわけだ。

 最終日の1日前に行なわれた練習試合では3-4-3の右MFで後半の45分間プレー。出場するやいなや、絶好のポジショニングでゴール前に入り込み得点をアシストした。指揮官の目には鮮やかに焼きついたのだろう。「内田には今後、少しずつプレーしていってほしい」と語っている。

 だがこの練習試合の時には、キャンプでの練習のリバウンドの症状が出ていた。長らく痛めた右膝をかばうことで、左の内転筋に違和感を覚えた。この日は「痛いけどやれる」と言ってプレーしたものの、翌週、ドイツ国内で行なわれた練習試合にはメンバー入りしながら自ら回避。「長引くものではないから」としていたが、内転筋が回復してからも、一時期は背中を、最終的には右腿裏も痛めた。

 その間、練習に参加したい内田と、慎重なメディカルスタッフは戦いのような日々を送った。「痛いけどできる。これまでならやってきたレベルの痛み」と内田が言えば、「いや、今週は我慢してくれ。来週からは練習に参加していいから」とスタッフに言われる。そんな押し問答の日々が続いた。公式戦にスタメンでメンバー入りしたが、泣く泣く諦めたこともあった。

 ハノーファー戦の90分出場は、指揮官からの要求に内田の身体がようやく追いついたということでもあった。

「スタッフもみんな『よかったねー』と言ってくれた。監督もコーチもクオリティを知ってくれているみたいで『ウッシーは身体さえ戻れば実力はあるから。わかっているよ』という感じだった」

 実際にプレーしたことで信頼関係を現実のものとして感じることができた。そんな口ぶりだった。試合自体は若手主体のメンバーによるもの。コンビネーションやプレーの内容をとやかくいうより、何よりも内田にとっては「90分間」に意味があった。

「18歳の名前も知らない選手が出ている試合で、相手に結構、裏を取られちゃったり。ボールを取られてカウンター、というのもあったし、高い位置にいけなかった。試合展開的にもガンガンいくって感じじゃなくて」

 この一戦をチームのオフィシャルメディアは、内田だけでなく、コケの復帰戦としても大々的に謳っていた。コケは今季の新加入選手ながら、後十字じん帯断裂でまだ一度もプレーしていない。

「コケの方が先に(公式戦出場の)チャンスくるんじゃないかな。俺はその後だと思う。俺はまず、ケガをしていないこの状態での練習を続けることだね」

 遠回りをしてきた分、はやる気持ちを御する術を身につけてもきた。

「一番嬉しいのは、1日たっても痛いところがないこと。ケガしたところも、内転筋も腿うらも、普通のいい感じの筋肉痛。リバウンドがきてないからね」

 それがこれまでとの何よりの違いだった。そしてこんなことを嬉しそうに明かした。

「ヨメも『試合、全部出たの?』って聞いてきたんだよね」

 ようやく家族を安心させられる。そんな思いもあるのかもしれない。外野としては、これで本格的な実戦復帰はいつになるのかなどと考えてしまうが、過剰な期待は禁物だろう。こちらも冷静になり、まずは今回の着実な一歩に拍手を送りたい。


シャルケの篤人に取材したSportivaの了戒女史である。
チャリティマッチとはいえ90分フル出場した気持ちを吐露しておる。
試合後1日経っても痛みはなく、完治を感じておる様子。
そして、奥さんも驚きで迎えておる。
復帰への一筋の光が見えてきた。
次なる報を待っておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アツトの、なんとまあ楽しそうな顔。
これが一番嬉しい。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク