源、ブレーメン移籍について口を開く

昌子がブレーメン移籍報道について言及
白鳥和洋(サッカーダイジェスト)
2017年03月25日


「『正式』と出ないかぎりは信じない」


代表練習で汗を流す昌子。写真:徳原隆元

 2017年3月25日、タイ戦(ワールドカップ・アジア最終予選)に向けての代表練習を終えた昌子源(鹿島)が、ブレーメン移籍報道についてコメント。「この話は絶対に出るやろなと思った」と笑顔を見せた彼は、こう続けた。

「(ブレーメンの関係者が)観にきていたのは知っていましたが、そこからなにかがあったわけではない。とりあえず代表のことに集中しようという感じです。

 よくあるじゃないですか、『興味がある』で終わるパターンが。今回もそういうノリじゃないのかなと思っています。でも、どうなるかは自分のプレー次第。嫌でも目に入ってきた記事(ブレーメンへの移籍報道)やったし、そうやって名前があがることは非常に嬉しい。

 ただ、4月ぐらいに(ブレーメンの関係者)がまた来るというのは知りたくなかったかな。なので、どの試合に来るか分かっても、僕には言わんといてください(笑)」

 では、昌子に欧州への移籍願望はあるのだろうか。本人曰く「ひとりで決められるものではない」という。

「僕も結婚したので、ひとりで決められることではない。(移籍話が現実味を帯びた場合は)奥さんに相談しないと。実際、これまでどこかが興味を持ってくれているという話は何回かあるし、でも、それも興味のまま終わっている。だから、『正式』と出ないかぎりは僕も信じない」

 ちなみに、ドイツのドルトムントでプレーする香川真司からは、ブレーメンへの移籍をすすめられたそうだ。

「真司さんから『お前、来いよ。ブレーメンは良いクラブだし』って。でも、まずは代表でしっかり結果を残さないと。移籍の話はその後、なにか進展があるかもしれない。さっきも言ったように、まだ信じてないので。なんとも言えないです。

 今年25歳になるんですけど、この年で海外は遅いと思っている。でも、CBについては24、25歳でも遅くないと言われたこともあったので、案外、このタイミングでというのは悪くないのかもしれない。まあ、『正式』となればですけど……。

 今は興味で終わると思っているので、僕の身体の中にはまだその話はインプットされていません。海外のクラブに行って試合に出れる保証があればいいですけど、僕はJリーグでも十分成長できると思っています。鹿島にいればACLにも出れる確率が高いし、クラブワールドカップにもう一度出たいし、まあ、まずはタイを倒すことだけを考えます」


ブレーメンがリストアップしたことについて口を開いた昌子源である。
ブレーメン関係者が視察に来ていたことは知っており、それがこのような形になったことは理解しておるとのこと。
ただ、未だ源サイドには話が来ているわけではないとし、また話が進んだとしても、自分一人で決めることは出来ぬと言う。
新婚の源としては奥さんの意見も重要であろう。
また、日本代表にて共に行動しておるドルトムントの香川がブレーメン移籍を勧めたことも語っておる。
これはまた余計なことを。
香川自身は、欧州移籍の成功者であり、その体験は伝えたいという部分もあろう。
しかしながら、独り者であり、また、優勝を目指すクラブにも在籍しておらなんだ。
そういう部分に関する責任は大きくなかったように感じる。
ここは、状況を十分に考えて、源には行動して欲しいと願う。
とはいえ、それは正式オファーに発展した場合である。
今は、日本代表のこと、そして鹿島の勝利に集中するのだ。
源の躍動を常に楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

とりあえず昌子自身がこの報道に冷静に対応できていることに安心しました。
鹿島及び代表での試合に集中できているようです。
悩むのは実際にオファーが来てからですね。

あとドイツでの事については山口蛍や槙野あたりの「しくじり先生」の話も聞いてくれないかな・・・

No title

「鹿島にいればACLにも出れる確率が高いし、クラブワールドカップにもう一度出たいし、」 これに尽きる。
さすが源。 ちゃんとわかっているね。

この記事を読み「正式オファーが来た時には勝負したい」と思っているのかなという印象です。優磨の記事には早過ぎると書きましたが、源は相応の時期が迫ってきているといえるでしょう。

昨年のCWCを見た各クラブが源に目をつけないはずはありません。今シーズンの鹿島で最も代わりの効かない選手であり、もし流出となれば痛手は大きいですが、向こうでの活躍を見据えれば冬移籍よりは夏移籍。シーズンのズレがもどかしいところでもあります。今後の動きに注目です。

この記事を読む限りでは、正式にオファーがあれば移籍したい、という感じなんでしょうね。
どういう風に展開していくのかわかりませんが、現時点でもCBは層が薄めなポジションですから、フロントはどう転んでも大丈夫なように補強の準備はしていて欲しいです。
去年のカイオロスの二の舞はごめんなので。

正式に移籍となった場合、この話しを皮切りに欧州の草刈り場にならない事を切に願う
同時に選手の意思も尊重したいジレンマ
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク