fc2ブログ

日本でプレーするのが夢だった

夢かなった…鹿島・マルシーニョ来日

来日したマルシーニョは空港で報道陣の質問に答える
Photo By スポニチ

鹿島に加入したブラジルの新助っ人MFマルシーニョ(27)が、成田着の航空機で来日した。長旅の疲れも見せずに「日本でプレーするのが長年の夢だった。早く練習して試合に出たい」と意欲を見せた。元ブラジル代表で、セールスポイントは「技術とスピードを併せ持った点」。9日にメディカルチェックを行い、早ければ20日のアウェー横浜戦でベールを脱ぐ。
[ 2008年07月09日 ]

マルシーニョ20日にもデビュー…鹿島
ブラジル・クルゼイロから鹿島に新加入したMFマルシーニョが8日、来日した。メディカルチェックで問題なければ、正式契約を結ぶ。デビューは早ければ20日のリーグ横浜M戦。「日本でプレーすることが私と家族の夢だった」と笑顔。契約は半年間だが、「来年も日本に残りたい」と話した。
(2008年7月9日06時01分 スポーツ報知)

J1鹿島 マルシーニョ来日
2008/07/09(水) 本紙朝刊 スポーツ A版 5頁
後半戦、攻撃の切り札
 Jリーグ1部(J1)鹿島へ新加入する元ブラジル代表のMFマルシーニョが8日、来日した。FWもできる攻撃的な選手として獲得。自ら「テクニックとスピードが両立できるのが自分の強み。ゴールの近くで絡んでいくのが特徴」と自信を見せており、鹿島の切り札として、大きな期待が寄せられる。


J1鹿島 9日から練習合流
2008/07/09(水) 本紙朝刊 スポーツ A版 5頁
「早く試合やりたい」
 成田空港で取材に応じたマルシーニョは「少しは疲れたけど、早く練習をして試合をやりたい」と長旅の疲れも見せず笑顔。既に気持ちは鹿島のユニホームを着て、ピッチを走り回りたい様子。

 日本でのプレーは希望通りで、「夢がかなった。オファーがきた時は、ジーコという選手としても監督としても実績のある人がつくったチームで、うれしく思った」と話した。クルゼイロから半年のレンタル移籍となるが、「鹿島の力になって、継続して残れるようにしたい」と抱負を述べた。
 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)、リーグ戦、ナビスコ杯、天皇杯の4冠を狙う鹿島は、疲労やけが人が続出した。失速した前半戦の反省から補強に着手。特にマルキーニョスが離脱して以降、得点力不足が深刻だったことから、FWもできる攻撃的な選手を探していた。
 そこでリストに上がったのが、以前にも獲得に動いたことのあるマルシーニョ。攻撃的MFやセカンドストライカーをこなし、ブラジル・パウリスタでプレーしていたDF笠井健太も「いい選手で、特にドリブルが速い」と話した。
 練習には9日から合流し、早ければ来週には登録が完了する。20日の横浜M戦から出場できる可能性もあり、好調な鹿島の勢いに拍車が掛かりそうだ。


昨日来日したマルシーニョであるが、リップサービスも満点である。
とはいえ日本には古来言霊という風習がある。
彼が言葉に出した以上、日本に来ることが本当の夢となり、来季以降も鹿島で活躍することとなろう。
技術とスピードで敵を切り裂くのだ。
まずは新横浜の夜を熱くしてくれたまえ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク