セレッソ・山村、しっかり頭の切り替えを第一にしていかなければいけない

【C大阪 vs 横浜FM】 ウォーミングアップコラム:攻守にフル稼働、ひたむきにハードワークを続けるハイタワー/山村和也
2017年3月31日(金)



今季早くも2度目の対決となる、C大阪と横浜FM。4月1日のJ1第5節にやってくる舞台は、3月15日に行われたJリーグYBCルヴァンカップのグループステージ第1節と同じ、キンチョウスタジアム。尹晶煥監督体制では公式戦2連勝中のC大阪のホームにて、ルヴァンカップのとき(2-0○)のように、C大阪が桜を咲かせるのか、それとも、横浜FMがリベンジを果たすのか。序盤戦とはいえ、互いに上位を目指すためにも、負けられない大事な試合となる。

第4節鳥栖戦で、リーグ戦初白星をあげた、『ユン・セレッソ』。そのチームで特長的な起用をされている、『キーマン』となっているのが、山村和也だ。本来はボランチを担う186cmのハイタワーは、第2節浦和戦での途中出場から攻撃的なポジションを担い、第3節札幌戦からは2試合連続先発。「彼のことをキャンプで興味深く見ていたとき、すごく攻撃での才能がある選手だなと思ってみていた。ヘディングの能力とか、足下とか、技術の場面もいいなと思った」と評価する尹監督の抜擢のもと、最近では桜の攻撃の軸を担うと、鳥栖戦では決勝点も記録。また、その鳥栖戦では、1-0になったあとの終盤の時間帯には、センターバックの一角に入り、タフで粘り強い守備も見せて、完封勝利に貢献。攻守にわたって、チームを支えている。

1試合のなかでオールラウンドにプレーする難しさはあるだろう。「やることも変わってくるなか、しっかり頭の切り替えを第一にしていかなければいけない」と山村は心がけながらピッチに立つ。それでも、ソウザ、山口蛍という不動のボランチ陣がいるなかで、試合に飢えていた24番は、「試合に出るということが一番大事。いま、試合にいろんなポジションで使ってもらっていますが、そのポジションでしっかり結果だったり求められていることをやっていけるようにいい準備をしたい」と、現状を前向きに捉えている。

もちろん、この横浜FM戦での彼の活躍も、チームの勝利のためには欠かせない。「今はすごいいい雰囲気のなかでできていると思うので、それを継続して、チームとともによくなっていければと思う。勝つことが一番のチームのいい雰囲気につながると思うので、結果につながるように準備していきたい」。真面目に、全力で、ひたむきにチームのために働く山村が、C大阪でさらに輝きを増すべく、ハードワークを続けていく。

文:前田敏勝(C大阪担当)

明治安田生命J1リーグ 第5節
4月1日(土)15:00KO 金鳥スタ
セレッソ大阪 vs 横浜F・マリノス


キーマンに挙げられるセレッソの山村である。
ここ数試合、攻撃的ポジションが与えられ躍動しておる。
鹿島ではCBとして登録されておったため、ボランチとして起用されても守備的なイメージがついて回る。
しかしながら、山村は運動量豊富でよく走る国見サッカーの申し子であり、攻撃的素養の大きな選手である。
ここでトップ下に抜擢されるのも理解できよう。
また、ロンドン五輪予選のキャプテンでもあり、チームをまとめる力もある。
山村が軸となったセレッソは強さを身に付ける。
来週に迫った対戦が楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク