安部裕葵、ボールを持っただけで嫌がられる選手になれれば

堂々Jデビュー飾った安部裕葵の“鹿島あるある”「練習のほうが試合より難しい」
17/4/2 09:30


鹿島ルーキーFW安部裕葵がJデビューを飾った

[4.1 J1第5節 大宮0-1鹿島 NACK]

 注目のルーキーが大物感を漂わせた。「緊張は全くしなかった」。今季、瀬戸内高から鹿島アントラーズに加入したFW安部裕葵(あべ・ひろき)が堂々のJデビュー。「もうちょっとやれることがあったと思うけど、これが今の実力」と自らの初陣を振り返り、「チームが勝つことを意識した。点を決めることができればベストだけど、チームが勝ってよかった」と安堵の表情を浮かべた。

 途中交代でピッチに入った5分後に決勝点が生まれた。0-0で迎えた後半29分、FWペドロ・ジュニオールに代えて投入され、2トップの一角に入った。同30分にはファーストタッチでパスをつなぎ、MF土居聖真が決定的な右足シュート。これはGKのセーブに阻まれたが、同34分、最終ラインからのパスに右足を伸ばしてコースを変えると、こぼれ球を収めたMFレオ・シルバ、FW鈴木優磨を経由し、土居のゴールにつながった。

「思い切ってやれ」。1点を狙う大事な局面で安部をピッチに送り出した石井正忠監督は「非常に動き出しがいいし、ボールが収まる。個人で仕掛けられる選手なので、そこを期待して入れた」と起用の意図を明かした。果敢なプレーにも、指揮官は「彼自身も納得いくプレーはできなかったんじゃないかな」と手厳しかったが、「非常に能力は高い。チームの力になってもらいたい」と今後の活躍に大きな期待を寄せる。

 Jクラブ最多の通算19冠を誇る常勝軍団。その一員としてピッチに立つために「常に目立たないとメンバーに入れない。毎日がセレクションのような気持ち」と奮い立っている。練習ではDF昌子源、DF植田直通の日本代表CBコンビと対峙。

「練習のほうが試合より難しいんじゃないかと思っているくらい。(昌子)源くん、植田くんを相手にしているので、練習で自信はついている」。王者のプライドを胸に、プロとしての第一歩を踏み出した18歳の若武者は「ボールを持っただけで嫌がられる選手になれれば」と進化を誓い、高みを目指していく。

(取材・文 佐藤亜希子)


安部裕葵の公式戦デビューについて取材したゲキサカの佐藤女史である。
ファーストタッチで決定機を作り出し、また決勝点も裕葵が伸ばしたつま先で相手のパスコースを微妙に変えたところから始まっておる。
持っている選手と言って良かろう。
そして、コメントには大物感が漂う。
全く緊張しなかったことや、練習の方が試合より難しいと述べるところに、メンタルの強さが垣間見える。
この大宮戦は、新たなるスター誕生の第一歩だったと後の歴史家に言わせしめたい。
楽しみな逸材である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

我が家では、安倍は優磨と同じ匂いがするという点で意見が一致。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク