優磨、大宮戦で見せたアシストが意味するもの

【コラム】鹿島FW鈴木優磨の進化が止まらない…大宮戦で見せたアシストが意味するもの

鈴木は大宮戦で決勝点をアシストして勝利に貢献した [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

藤江直人
スポーツ報道を主戦場とするノンフィクションライター。


 日本サッカー界が生んだ不世出の点取り屋、釜本邦茂さんからストライカーの定義を聞いたことがある。

「ディフェンダーでも誰でも、点を取れる選手のことをストライカーと呼ぶんや」

 国際Aマッチで日本歴代最多の75ゴールをマークしている釜本さんは豪快に笑い飛ばしながら、日本代表が銅メダルを獲得した1968年のメキシコオリンピックを振り返った。釜本さんは7ゴールをあげて、アジアの選手では初めて得点王に輝いている。

「メキシコ大会における日本の総ゴールが9。あとの2つは渡辺正さん(故人)があげたけど、アシストしたのはともに私です。ストライカーは相手にマークされるから、味方が生きるスペースも生まれる。ストライカーはアシストも多いんですよ」

 偉大なるOBの定義に則れば、鹿島アントラーズの成長株、20歳のFW鈴木優磨はまたひとつ、ストライカーへの階段を駆け上がったことになる。大宮アルディージャのホーム、NACK5スタジアム大宮に乗り込んだ4月1日の2017明治安田生命J1リーグ第5節。鈴木が大仕事をなし遂げたのは、両チームともに無得点で迎えた79分だった。

 中盤でこぼれ球を拾ったMFレオ・シルバからパスを受けて前を向く。目の前に広がるスペースへボールを持ち出しながら、一瞬だけ左サイドをチェック。長い距離をフリーで走ってきていたMF土居聖真の姿を確認しつつ、ミドルシュートを打つ雰囲気をプンプンと漂わせる。

 当然のように、大宮守備陣の視線は鈴木の一挙手一投足に集中する。菊地光将、河本裕之の両センターバックのポジショニングも中途半端になる。ペナルティーエリアの手前まで相手を引きつけた上で、ノールックで最終ラインの背後を突いていた土居へスルーパスを送った。

「良いパスが出てくると信じて走り込みました。あまり(鈴木)優磨からのアシストはないんですけど」

 トラップから素早く右足を振り抜き、ゴール右隅に流し込んだ今シーズン初得点に笑顔を弾けさせた土居とは対照的に、感謝された鈴木はちょっぴり不満げな表情を浮かべていた。

「オレ、多分シュートがゼロなので。そこは全然満足していないし、反省点ですね」

背番号が「34番」から「9番」へ託された理由


大迫(左)と鈴木(右)はともに「34番」から「9番」に背番号を変えている [写真]=Getty Images

 鹿島アントラーズユースから昇格して3年目。昨シーズンまで背負っていた「34番」を、今シーズンから「9番」に変えた。Jリーグが固定背番号制になった1997シーズン以降、黒崎久志、鈴木隆行、平瀬智行、現在はオーストラリアでプレーする田代有三、そして大迫勇也(ケルン)と引き継がれてきた。

 昨夏にFWジネイ(現湘南ベルマーレ)が退団してからは空き番となっていた、ストライカーの象徴でもある「9番」を託した理由はただひとつ。鈴木満常務取締役強化部長が言う。

「本人も(変更を)希望していたかもしれないけど、僕たち(フロント)の方がそのように考えていた。『34』から『9』はいわゆる大迫コースだからね」

 鹿児島城西高校から2009シーズンに鹿島入りした大迫は、当初の背番号「34」を2年目から「9」に変更。ゴールへの嗅覚だけでなく、周囲を生かせる巧みなポストプレーを武器に絶対的な主軸への階段を駆け上がり、2013シーズンにはリーグ5位タイの19ゴールをマーク。ドイツへと旅立っていった。

 昨シーズンのJ1で8ゴールをゲット。準優勝したFIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016を含めて、公式戦で11ゴールと2桁に乗せた鈴木の実績を評価した鹿島のフロントは、タイミング的にも「今がベスト」と判断したのだろう。

 大迫とはタイプが異なるかもしれないが、ゴールだけでなく周囲も生かせる前線のマルチプレーヤーへ育って欲しい。4月に21歳になるジュニアからの生え抜きの若武者に、常勝軍団をけん引していく自覚を持って欲しい。2つの願いが背番号の変更に凝縮されている。

「アントラーズの『9番』は歴代のすごい選手がつけてきたので、オレもそれに恥じないような選手になりたい。点を取って勝利に貢献したいです」

 シーズン前からこう公言してきた鈴木は、AFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)などを含めた公式戦で、チームトップの5ゴールをマークしている。J1で3試合連発を狙った大宮戦では不発に終わったが、それでも土居から「あまりない」と指摘されたアシストには、ちょっとだけ言葉を弾ませた。

「自分のプレーの幅が広がっていることは、悪いことではないと思うので。これからもっと幅を広げていけるように、頑張っていきたい」

 大宮戦では右足首を痛めたエース金崎夢生が欠場。74分にはペドロ・ジュニオールもベンチへ下がり、デビュー戦となった途中出場の18歳、FW安部裕葵(瀬戸内高校)をけん引しながら完封勝利に貢献した。開幕戦こそFC東京に屈した鹿島だが、これで第2節からは4連勝。首位・ヴィッセル神戸に勝ち点「12」と得失点差「+3」で並び、総得点でわずかに「1」及ばない2位に肉迫した。

「最終的にはスコアで勝っていればいいので、今日はそれを遂行しただけです」

 冒頭の話を釜本さんに聞いたのは、2000年のシドニーオリンピックの直前だった。20世紀のことだが、ストライカーの定義そのものは普遍的なものでもある。味方に生かされ、相手に与える威圧感を逆に利用して味方も生かす。それでいてゴールへの渇望を抑えきれない若武者は、2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の予備登録メンバー97人の中にも名前を連ねている。

文=藤江直人


優磨について記すサッカーキングの藤江氏である。
「鹿島アントラーズの成長株、20歳のFW鈴木優磨はまたひとつ、ストライカーへの階段を駆け上がったことになる」と評す。
日本が生んだ世界的FWの釜本の言葉を引き合いに出し、優磨を論じる。
ここまで公式戦4試合連続得点中であった優磨には、この大宮戦でもゴールの期待が高まっておった。
そこで、アシストという結果を出したことで、「ストライカー」としての評価が上がったと称す。
これは上手い言い分と言えよう。
ストライカー論はともかくとして、フットボーラーとしての器は上がったように感じる。
また、兄貴分の夢生の欠場もあり、攻撃を牽引しようとしておったようにも感じられる。
まだ二十歳という存在ではない。
そして、藤江氏は背番号9に込められた秘話を紹介する。
34→9は大迫コース。
鈴木満常務強化部長も大迫のような頼れるFWとして優磨に期待を込めておる。
成長著しい優磨は、どこまで登っていくのであろうか。
優磨の成長を目の当たりに出来る我らは幸せである。
これからも更なる活躍を期待したい。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク