この4連勝はすべて1点差の勝利で、持ち前の勝負強さは健在

【J1展望】鹿島×C大阪|勝負強さは健在の常勝軍団。小笠原、曽ケ端は“大台到達”なるか
サッカーダイジェスト編集部
2017年04月07日


鹿島――エース金崎の負傷欠場が濃厚だが…。


故障者/鹿島=金崎、小田 C大阪=澤上、山内
出場停止/鹿島=なし C大阪=なし


J1リーグ 第6節
鹿島アントラーズ-セレッソ大阪
4月8日(土)/15:00/県立カシマサッカースタジアム

鹿島アントラーズ
今季成績(5節終了時):2位 勝点12 4勝0分1敗 6得点・3失点

【最新チーム事情】
●J1通算500試合出場に小笠原、曽ケ端が王手。C大阪戦で達成されるか。
●三竿健が今季初先発の見込み。東京Vから移籍2年目。この試合でレギュラー奪取の足掛かりを掴めるかに注目。
●永木も2試合ぶりの先発復帰が濃厚。チームを牽引するプレーを心がける。

【担当記者の視点】
 前節の大宮戦で勝利し、これでリーグ戦は4連勝を達成。得点数で1点足りず2位に位置するが、首位神戸と勝点差で並んだ。

 この4連勝はすべて1点差の勝利で、持ち前の勝負強さは健在。メンバーを入れ替えながらも、チーム力を落とさず、勝利を手繰り寄せている。

 今節はエース金崎が負傷で欠場濃厚だが、鈴木は好調をキープし、P・ジュニオールもチームにフィットし始めているだけに、大きな不安はない。先発が見込まれる三竿健や、レアンドロ&中村の両サイドの働きにも注目だ。

C大阪――山村は古巣との初対戦に燃える。

J1リーグ 第6節
鹿島アントラーズ-セレッソ大阪
4月8日(土)/15:00/県立カシマサッカースタジアム

セレッソ大阪
今季成績(5節終了時):8位 勝点8 2勝2分1敗 5得点・4失点

【最新チーム事情】
●3月30日の練習中に左太ももを痛めた清武(全治約2週間)は今節も欠場。中盤2列目の右には前節の横浜戦(2-0)同様、関口が入りそうだ。
●昨季、鹿島から移籍してきた山村は、古巣との初対戦に燃える。
●キム・ジンヒョンは韓国代表の同僚クォン・スンテとの対決へ。モチベーションは高い。

【担当記者の視点】
 左太ももを痛めている清武の代役は、前節の横浜戦で好パフォーマンスを見せた関口が務めそうだ。ただ、横浜戦で途中出場し、PKを獲得した丸岡も調子を上げており、彼を起用する可能性もある。

 一方、鹿島戦へモチベーションを上げているのは山村とキム・ジンヒョンだ。前者は古巣との初対戦に、後者は韓国代表の同僚クォン・スンテとの対決に燃えている。トップ下の山村が攻撃に上手く絡めるかは、ひとつの鍵になるだろ。


「先発が見込まれる三竿健や、レアンドロ&中村の両サイドの働きにも注目」と綴るサッカーダイジェストのプレビューである。
前節より6人を入れ替える布陣は驚きをも感じさせられる。
特に三竿健斗は鹿島に移籍してリーグ戦初先発となる。
この采配は興味深いところ。
やはりここは、マッチアップするセレッソの山村封じがタスクとして課せられておるのであろう。
セレッソの攻撃の中心には山村がおる。
そこを抑えることが叶えば勝機を引き寄せることが出来よう。
健斗にかかる期待は大きい。
また、二列目はアツとレアンドロが担うこととなる。
この二人には、攻撃を活性化させ、ゴールという結果が欲しいところ。
堅守のセレッソから勝利を掴み取るには、この試合を託された選手にかかる。
必ずや結果を出してくれよう。
楽しみな一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク