アツとレアンドロ、個人で局面を打開できる能力が高い

鹿島、8日C大阪戦へ6人入れ替え 石井監督「かえながらやっていく」
 鹿島はホームでのC大阪戦を翌日に控えた7日、約1時間半の練習を実施した。勝てば首位浮上の可能性のある一戦で石井正忠監督(50)は、大幅なメンバー変更を決意。「Jリーグ、ACLを含め、メンバーをかえながらやっていく」。C大阪戦、ACLブリスベン戦(12日)、仙台戦(16日)と9日間で3試合。1日の大宮戦から6人を入れ替え、連戦を白星で乗り切るつもりだ。 (鹿嶋市)

鹿島、中盤総入れ替え C大阪戦
中村、レアンドロに期待


ミニゲームで調整する中村(右)と永木=クラブハウスグラウンド

明治安田J1第6節最終日は8日、各地で7試合を行い、リーグ戦4連勝中の鹿島はカシマスタジアムでC大阪と対戦する。キックオフは午後3時。通算成績は4勝1敗、勝ち点12で暫定3位。

鹿島は12日にアジア・チャンピオンズリーグがあり、今節を含め9日間で3試合を戦う。過密日程を考慮し、C大阪戦は前節の大宮戦から先発6人を入れ替えて臨む。

注目は4人総入れ替えの中盤だ。攻撃的MFは中村とレアンドロが今季のリーグ戦初先発。ともに個人で局面を打開できる能力が高いため、積極的にゴールへ迫るプレーが期待できる。

守備的MFはJ1初先発となる三竿健と永木が担う。経験豊富な永木は「声を掛け合い、自分たちのところで(相手攻撃を)防ぎたい」と若い三竿健を引っ張り、守備を引き締めるつもりだ。

チーム状態が好調の中での大幅なメンバー変更は異例だが、石井監督は「代わって入る選手らは力をつけてきている。紅白戦でも思った以上によかったので心配はない」と自信をのぞかせた。

試験的な要素が多いものの、出場時間が短かった選手らにとっては、評価を上げる大きなチャンスとなる。中村は「死ぬ気でやる」と気合十分。永木は「(今までのメンバーと)同等かそれ以上の試合をできれば、本当に強いチームになっていける」と話した。

GKは韓国代表帰りの権純泰、右サイドバックは伊東が、ともに2試合ぶりに復帰。J1通算500試合出場に王手をかけている曽ケ端は控え、小笠原はベンチ外の見込み。   (藤崎徹)



大幅メンバー変更にて挑むセレッソ戦である。
石井監督は「Jリーグ、ACLを含め、メンバーをかえながらやっていく」と述べる。
アジアと国内、両タイトルを狙うための決意が伝わってくる。
起用されるメンバーについては、「代わって入る選手らは力をつけてきている。紅白戦でも思った以上によかったので心配はない」と評価しておる。
練習でアピールし、試合に出ることは正当な競争が働いておる証拠。
また、中盤のユニットをそのまま起用することで連携も期待できよう。
そして、今季、リーグ戦初先発となるアツは「死ぬ気でやる」と気持ちを前面に出す。
二列目で異才を発揮せよ。
才能の高さは実証済み、ゴールを決めそれをファンに見せつけるのだ。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク