夢生とペドロ・ジュニオール、治療に専念

午前練習


磐田戦に出場した一部のメンバーはリカバリートレーニング、それ以外はシュート練習やミニゲームを行いました。

鹿島、26日蔚山戦に向け韓国へ 昌子「絶対に勝つ」/ACL
 J1鹿島は痛恨の3失点完封負けとなった磐田戦から一夜明けた23日、主力組は約1時間の調整。試合で左内ももから股間にかけて裂傷したFW金崎と、足の痛みを訴えたFWペドロジュニオールは室内で治療に専念した。24日、アジアチャンピオンズリーグ蔚山戦(26日)に向け韓国へ出発。日本代表DF昌子は「北朝鮮情勢は不安だが、勝てば1次リーグ突破が決定的。絶対に勝つ」と意気込んだ。(鹿嶋市)


昨日の練習の様子である。
夢生は左内ももから股間にかけて裂傷、PJは足の痛みを訴えたと敗戦以上の痛手があった。
蔚山戦に出場することは叶うのであろうか。
勝利が必須の水曜日のゲーム、強い気持ちで挑むこととなる。
「北朝鮮情勢は不安だが、勝てば1次リーグ突破が決定的。絶対に勝つ」という源の言葉を信じる。
楽しみな一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

鹿島アントラーズデータブログさんの動画を見ましたが、夢生ほんとうに大丈夫なのでしょうか?
相手キーパーにモロにアフターチャージでスパイクの裏で急所をやられてます。
このような選手生命を絶ちかねないプレーをしておいて、相手キーパーはファールももらっていないんですよね。
鹿島アントラーズとして、佐藤審判のこの判定に対し、J-リーグに正式の抗議を至急行うべきだと考えます。
私は、サポーターというより単なるアントラーズ及び夢生の1ファンですが、何故このような危険な判定に対しサポーターの方々、今回声をあげないのでしょうか?
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク