ACLの追い風をリーグに持ち込む

ホームで勝ち切れない鹿島。ACLの追い風をリーグに持ち込む
4月26日にアウェイでAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループE第5節・蔚山戦を戦ったばかりの鹿島は、中3日でホームに鳥栖を迎える。

今季、リーグ戦において県立カシマサッカースタジアムではわずか1勝しか挙げられておらず、蔚山戦に向かう前に行われた前節・磐田戦も0-3の完敗。試合後、石井 正忠監督は「ホームゲームで少し勝っていなかったので、どうにかこのホームゲームで訪れてくれた人たちと一緒に喜ぼうと思っていたんですけど、それができなくて非常に残念です」とうなだれていた。

なにしろ得点が奪えていない。ホームゲーム4試合で奪った得点はわずかに『1』。伊東 幸敏のクロスに鈴木 優磨がヘディングシュートでたたき込んだゴールだけなのだ。それではなかなか勝利は奪えないだろう。

ただし、攻撃陣には追い風が吹いている。蔚山戦では4-0の大勝。特にFWの金崎 夢生が2得点、さらにペドロ ジュニオールが1得点を挙げたことは大きい。石井監督も「前の方の選手が点を取るとチーム全体に勢いが出る」と喜んでいた。

4月はACLのアウェイゲームが2回もあり、オーストラリアのブリスベンと韓国の蔚山とを行き来した。「状態が万全な選手はいないと思う」と石井監督。それでも、「全員が集中力を高く保って90分間戦ってくれた」と選手たちの頑張りをたたえる。90分間、相手を圧倒するような試合は難しいだろうが、集中力を切らさず戦うことができれば勝負の分かれ目を見逃すことはない。蔚山戦では、そこで一気に攻勢に移れたことが4得点につながった。苦しい時こそ声を掛け合い、助け合うことができれば、ホームで一度しか勝てていない状況を変えられるだろう。

対する鳥栖も、26日にJリーグYBCルヴァンカップBグループ第3節をC大阪と戦い、前半を3-2でリードしながら後半に追い付かれ、4-4という激しい打ち合いを演じた。ただ、メンバー構成はリーグ戦からがらりと変えて臨んでおり、連戦の疲れとは無縁だろう。

しかし、チームに漂う雰囲気とは有縁だろう。多くのチャンスを作りながらも簡単なミスで失点することが多かった試合を終えて、マッシモ フィッカデンティ監督は「おかしな試合だった」と何度も繰り返した。

「去年も1年通してルヴァンカップ、天皇杯というふうに、こういう形でメンバーを入れ替えて戦うこともあったんですが、これだけ思い切り崩れたっていうのは初めてなんじゃないかなという印象が残った試合でした」

鳥栖にとって4失点を喫したのは、マッシモ フィッカデンティ監督が就任して以来初めてのこと。メンバーが戻るとはいえ、次の試合への影響は決して小さくないだろう。

昨季、両チームの対戦成績は1勝1敗。ともにホームチームが1-0で勝利している。今回も、手堅い試合展開となると予想されるが、直前の試合で互いに大量4得点を奪っていることも見逃せない。試合の流れによっては、今までと違う展開になっても驚きはない。

[ 文:田中 滋 ]


「試合の流れによっては、今までと違う展開になっても驚きはない」と記すJリーグ公式の田中滋氏である。
昨季の対戦は、1-0、0-1とホームのチームが最少得点にて勝利しておる。
しかしながら、今季は直近の試合にて両チームとも4ゴールを記録する攻撃力を見せた。
別の大会とはいえ、これは見逃せぬという。
鹿島としては、ここまでホームのリーグ戦にてわずか1得点であり、無得点に終えた3試合で敗戦を喫しておる。
このイヤな流れを払拭し、ホームに集うサポーターに笑顔を届けるため、攻撃陣の奮起を期待したい。
幸いなことにACL・蔚山戦に夢生とPJの2TOPが揃ってゴールを記録した。
この流れをリーグ戦にも持ち込みたいところ。
豪快なゴールを期待してスタジアムに向かう。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

これまでリーグで敗戦を喫した相手の戦術は、F東とセレッソは自陣引きこもりからのロングカウンター、磐田はラインを上げて中盤を密集陣形にしてのショートカウンター。
守備的な相手に得点を奪えず、カウンターからの失点でリードされてそのまま逃げ切られるパターンです。

鳥栖がどういった戦術で挑んでくるかは不明ですが、鹿島としては相手のカウンターへのリスクマネジメントと、相手が守備的だった場合の攻撃の工夫を期待したいですね。

ホームで喜びを分かち合いたい これが今の唯一の願い

目をよーくよーく凝らせば、ピンクは深紅だ。 
ピンクに続け!
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク