サッカーダイジェスト 鳥栖戦寸評

【J1採点&寸評】鹿島×鳥栖|鹿島のCBコンビが充実の出来。植田が豊田を封じ、昌子は名誉挽回の決勝点
サッカーダイジェスト編集部
2017年04月30日


鹿島――守備の要・昌子が充実のパフォーマンス。


【警告】鹿島=レアンドロ(79分) 鳥栖=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】昌子 源(鹿島)


【チーム採点・寸評】
鹿島 6
ACL蔚山現代戦から移動を含め、中3日で鳥栖戦を迎えた。エンジンがかかりにくい状態で先制を許す苦しい展開となったが、攻守両面において全員が要所で仕事を果たした印象。快勝とは言えないが、しぶとく勝点3をものにし、ホーム3試合ぶりの勝利で3位に浮上した。

【鹿島|採点・寸評】
GK
1 クォン・スンテ 6
飛び出しの判断は的確で迅速。キャッチングも安定。決定機を作られる場面は少なく、目立つ展開にはならなかったが、高いレベルで準備していた。

DF
16 山本脩斗 6
相手の攻め所と見られていた左サイドをうまく利用した。攻守において決定的な仕事をした訳ではないが、いるべきところにポジションを取り、やるべきことをやった。

3 昌子 源 7
PK献上は不運としか言いようがない。それをゴールで取り返したばかりか、1対1の守備やカバーリングもほぼ完璧だった。

5 植田直通 6
得意の空中戦では鳥栖の豊田に起点を作らせなかった。周囲との連係が絡む守備やコーチングなどで気が効くプレーを求めたい。

22 西 大伍 6
もはやサイドバックの域を超えたプレーをしていた。プレーエリア、視野の広さ、プレー選択など、とても優雅だった。

MF
6 永木亮太 6.5
スローに流れる時間が多く、決定機は少ない展開。ダレそうな時間帯があった中、ボールに襲いかかるプレーはチームに緊張感を取り戻させた。

4 レオ・シルバ 6.5
ボール奪取力と狭いエリアでのキープ、そこからの展開力で持ち味を発揮。後半途中からトップ下にポジションを移したが、そつなくこなした。

鹿島――前線では金崎が存在感。サイドに流れて起点になる働きも。


セットプレーから昌子が決勝点を挙げた。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

25 遠藤 康 6(69分OUT)
決勝点はこの男の左足クロスから。得点場面以外でも、セットプレーで精度の高いパスを送り込んだ。

8 土居聖真 6(90+2分OUT)
同点に追いつくPKを奪取。くさびのボールに対し、トラップが大きくなる場面もあったが、パスを引き出す動きに余念がなかった。

FW
33 金崎夢生 6.5(85分OUT)
PKで1得点。その他にも、サイドに流れて起点となるなど、相変わらず攻撃を牽引した。強引に映るシュートもアクセントになった。

7 ペドロ・ジュニオール 5.5
この試合も決定機はあったが、決めることができなかった。紙一重で決まる、つながるという状況を作り出せているだけに、あと一歩。

交代出場
MF
11 レアンドロ 5.5(69分IN)
練習の好調さを試合で出すことはできなかった。感情的なプレーで2枚目の警告を受けてもおかしくなかった。

20 三竿健斗 ―(85分IN)
中盤の空中戦、セカンドボールを拾う役割を担った。守るか、もう1点取るか、という判断が難しい状況下で役割は果たした。

FW
9 鈴木優磨 -(90+2分IN)
アディショナルタイムにピッチへ。1点リードしている状況を理解したプレーを心がけた。点を取るにはもう少し時間が欲しかった。

監督
石井正忠 6
韓国遠征帰りで中3日の日程の中、先発メンバーを変更せず、勝利に導いた。途中から4-2-3-1へ布陣変更も指示した。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

鳥栖――藤田のPK献上は軽率すぎた。

【チーム採点・寸評】
鳥栖 5
鹿島が恐れていた、ガツガツ来る守備、セカンドボールの寄せは迫力に欠けた。アウェーでPKによる先制点を手にし、やるべきことがはっきりするかに見えたが、攻守に中途半端になったしまった感が否めない。決定機の数も少なく、ただただ時間が過ぎていった。

【鳥栖|採点・寸評】
GK
33 権田修一 6
2失点を喫したが、責められない。PKとセットプレーのマークを外されての失点。判断もフィードも的確だった。

DF
8 藤田優人 5
軽率としか言いようがない守備対応で、同点につながるPK献上。試合の流れを鹿島に渡す。ミスも目立った。

5 キム・ミンヒョク 5
権田へのバックパスが雑で相手にCKを与えるきっかけを作るなど、センターバックとしてはプレーがずぼら。攻撃で貢献する場面はあった。

29 谷口博之 6
P・ジュニオールのカウンターを防ぐなど、守備で存在感を発揮した。鹿島の多彩な ボール回しを前にも落ち着いて対応。

23 吉田 豊 5.5
攻撃参加の回数は少なかったが、機を見て前線に。守備では飛び込まず、粘り強く対応し、サイドを崩壊させなかった。

MF
4 原川 力 5.5
後半途中から中盤の底へとポジションチェンジ。攻撃の起点ときっかけを作ろうと試みるパスは多かったが、ゴールにはつながらず。

20 小川佳純 5(52分OUT)
ビルドアップのパスを相手に渡してしまうなど、マイナス面が多く出た試合。見せ場はほとんどなく、途中交代で退いた。

鳥栖――終盤のイバルボ投入は実らず。

6 福田晃斗 6
長いドリブル突破から決定的なクロスを送ったが、ゴールにはつながらず。攻撃時の判断、選択には間違いはなかった。

7 鎌田大地 5.5(60分OUT)
中盤の高い位置で守備攻略への工夫は見られたが、ゴールには結びつかなかった。途中交代したが、もう少しプレーを見たかった。

FW
40 小野裕二 6(79分OUT)
相手に囲まれてもボールを奪われず、味方につないだ。この男のキープがなければ、もっと一方的な展開になっていたかもしれない。

11 豊田陽平 5.5
PKを冷静にゴール上に決めて、先制点を奪取。だが、得意の空中戦では植田相手に苦戦。起点になる回数は少なかった。

交代出場
MF
14 高橋義希 6(52分IN)
交代1番手でピッチに入ると、気の利いたポジションニング、パスで流れを変える働きを見せた。結果を出すにはもう少し時間が欲しい。

FW
9 趙東建 5.5(60分IN)
同点を目指す役割を担い、終盤にピッチへ。味方のパスを予測することができず、チャンスを逃した。

32 ビクトル・イバルボ ―(79分IN)
主に右サイドに張って圧力をかけたが、試合に入ることができなかった印象。相手の速い寄せに苦戦し、ボールロストもあった。

監督
マッシモ・フィッカデンティ 5.5
1点リードを奪われてから、積極的にカードを切ったが、結果にはつながらなかった。ベンチ最前線で指示を飛ばし続けたが、報われず。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。


サッカーダイジェスト誌による鳥栖戦の寸評である。
逆転勝利に総じて良い評価が与えられておる。
その中で源に最高評点とMOMを与えた。
自身のPK献上による失点に絡んだが、これは不運と言って良い。
ここ以外の鳥栖の攻撃を封じ込め、そしてCKから決勝点を決めた源の評価に納得である。
また、西に対して「もはやサイドバックの域を超えたプレイをしていた。プレイエリア、視野の広さ、プレイ選択など、とても優雅だった」と評す。
現在の西は、グラディオラ監督がバイエルン・ミュンヘンを指揮しておった当時のSBに与えたようなタスクをこなす。
「優雅」と言われるほどのプレイは、スタジアム観戦の醍醐味と言って良かろう。
現代サッカーのSBはここまでのものなのかと観戦者を唸らせる。
これからも素晴らしいプレイをして目を見張らせて欲しい。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

昨日の後半は、ペドロの周りにもう1枚いればというシーンが多かった気がします。それでもだいぶ調子が上がってきていると思います。

西は、時としてSB、ボランチ、SHと毛色を変えて色んなプレーができますよね。
石井監督のほしがる多機能性を持ったお手本の選手なのだと思います。
遠藤が本調子でなかった中で、うまく右サイドを活性化させてくれていました。

レアンドロも、運動量は少なくとも我慢しながら献身的にプレーしてましたね。
フラストレーションもたっぷりたまってるでしょうから、1点取れれば今後大爆発してくれそうな気がします。

No title

ナオの6.0は低すぎ。
あれだけ相手エースを抑えたんだから6.5は欲しい。

夢生は誤審のゴール取り消しが無ければ7.0なのに。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク