セレッソ・山村、先制弾

【C大阪 vs 川崎F】 山村が均衡を破る!
2017年4月30日(日)



リーグ戦2試合勝利のないC大阪は67分、山村和也のゴールで均衡を破る。山村は今季3点目のゴールとなった。

清武がJリーグで5年ぶりゴール!!山村の先制点もアシストし川崎Fに完勝
17/4/30 21:04


MF清武弘嗣が復帰後初ゴールを含む1得点1アシストを記録した

[4.30 J1第9節 C大阪2-0川崎F ヤンマー]

 セレッソ大阪はホームで川崎フロンターレに2-0で快勝した。MF清武弘嗣に復帰後初ゴールが生まれるなど完勝で3試合ぶりの白星を飾り、7試合負けなし(4勝3分)となった。

 C大阪は前半17分、MFソウザが右足で強烈なミドルシュートを放つが、GKチョン・ソンリョンが左手1本でセーブ。同26分には左クロスのセカンドボールをPA手前からMF山口蛍が右足ダイレクトで狙ったが、これもGKの好セーブに阻まれた。

 前半30分、FW柿谷曜一朗からMF清武弘嗣につなぎ、折り返しをFW杉本健勇が狙うが、またもGKが弾く。守護神の好守に応えたい川崎Fはなかなかチャンスをつかめずにいたが、前半43分、MF三好康児の仕掛けからPA内にパスが通り、FW小林悠がシュート。GKキム・ジンヒョンが前に弾いたこぼれ球に三好が詰めると、DFマテイ・ヨニッチのファウルを受け、PKを獲得した。

 キッカーを務めたのはキャプテンの小林。ところが、右足でゴール中央を狙ったキックはクロスバーを直撃し、絶好のチャンスを生かせなかった。

 スコアレスで折り返した後半もC大阪が果敢に攻撃を仕掛ける。すると後半22分、清武のワンタッチパスにMF山村和也が反応。PA内右から右足を振り抜き、豪快にゴール左隅に蹴り込んだ。4-2-3-1のトップ下で起用されている山村は3試合ぶり今季3ゴール目。1点リードの終盤は3バックの右センターバックにポジションを下げ、完封に貢献するなど攻守に躍動した。

 後半42分にはC大阪が試合を決定づける追加点を奪う。キム・ジンヒョンからのロングキックに杉本が競り合い、ルーズボールを清武が回収。ラストパスを受けた柿谷がPA内左からシュートを放つと、GKが弾いたこぼれ球を清武が押し込んだ。

 今季、セビージャから4年半ぶりに復帰した清武はこれが移籍後初ゴール。12年4月28日の磐田戦(3-2)以来、約5年ぶりとなるJリーグでの得点を柿谷らチームメイトが笑顔で祝福し、歓喜の輪が広がった。2-0の完封勝利を飾ったC大阪は4勝4分1敗の勝ち点16で首位浦和と勝ち点3差の5位に浮上。一方の川崎Fは5試合ぶり今季2敗目を喫し、9位に後退した。


先制弾を決めたセレッソの山村である。
ペナルティエリア右角から右足で決めた、
左右逆であるが古の釜本のようであった。
ストライカー山村の真骨頂を観たようである。
リードを奪った終盤ではCBに下がる采配も定番となっておる。
セレッソの中軸として山村が躍動しておる。
更なる活躍の報を待っておる。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

トップ下からボランチ、センターバックまでこなすユーティリティ。
アフリカ人選手にも負けないフィジカル。

ハリル監督、見てますかねー?

まるでマルキのようでした。
山村の才能が溢れんばかりですね
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク