源、世界と戦っている他競技の人と話す機会はいいこと

鹿島昌子が陸上大迫傑と初対面“無の境地”に刺激
[2017年5月2日7時44分 紙面から]


鹿島の練習を見学した陸上5000メートル日本記録保持者の大迫(撮影・鎌田直秀)

 鹿島アントラーズDF昌子源(24)が、陸上男子5000メートル日本記録保持者でリオ五輪代表の大迫傑(すぐる、25)との初対面に刺激を受けた。

 1日、茨城・鹿嶋市内での練習後、DF西、MF土居との4人でSNS上でのトーク企画を実施。大迫は昨年10月にDF植田やスペインに移籍したMF柴崎と交流した際に鹿島ファンとなり、チームスポンサーのナイキ社所属の縁で実現した。昌子は「走っている時に無になるというのは印象的。世界と戦っている他競技の人と話す機会はいいこと」。大迫も「チーム競技はまわりの選手をケアすることなど参考になった」と互いを高め合った。


陸上選手の大迫傑選手とのトークに影響を受ける源である。
「走っている時に無になるというのは印象的。世界と戦っている他競技の人と話す機会はいいこと」とのこと。
個人競技とチーム競技の違いに心を動かされておる。
アスリート同士通じるものもあり、世界を舞台に戦う選手からは良い影響を受ける。
この交流にて精神的に一回り成長できたのではなかろうか。
源と大迫傑選手の更なる活躍を期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こちらの大迫選手も
なんというか、鹿島の選手にいそうな顔つきですね

大迫傑選手、お忙しいところありがとうございました。「半端ない」活躍期待してます。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク