効率良くゴールを奪い、ライバルを蹴散らしたい

【J1展望】浦和 × 鹿島|大一番、柏木と遠藤航が控え? 代わって先発するのは…
サッカーダイジェスト編集部
2017年05月03日


浦和――青木、那須が先発か。宇賀神が語った鹿島対策は?


故障者/浦和=福島 鹿島=中村
出場停止/浦和、鹿島=なし


Jリーグ 第10節
浦和レッズ-鹿島アントラーズ
5月3日(木・祝)/14:00/埼玉スタジアム

浦和レッズ
今季成績(9節終了時):1位 勝点19 6勝1分2敗 24得点・10失点

【最新チーム事情】
●柏木と遠藤航の出場は微妙。青木と那須が先発か。
●攻撃のキーマン鹿島の遠藤康への対策は…。
●古巣との一戦に燃える興梠は「昨季の悔しい思いは忘れらない」。

【担当記者の視点】
 大宮戦で足を痛めた柏木はランニングで調整、その試合でフル出場した遠藤航は完全別メニューが続いている。連戦を考慮して、青木、那須の先発の可能性が高まっている。那須は「余計なことを考えず、シンプルに勝つ。それだけ」と闘志を燃やしている。

 鹿島の攻撃のキーマンである遠藤康とマッチアップする宇賀神は、「Jの中でも嫌な相手で、時間を与えれば危険」と警戒し、素早いチェックを心掛ける。また、古巣との一戦に燃える興梠は「昨季の悔しい思いは忘れられない」と、虎視眈々とゴールを狙う

鹿島――連続失点をストップできるか。

鹿島アントラーズ
今季成績(9節終了時):3位 勝点18 6勝0分3敗 12得点・9失点

【最新チーム事情】
●小笠原が先発復帰。石井監督は「実績と経験」を理由に挙げる。
●鈴木はこの大一番に「絶対に出たい」と強調。昨季のCSファイナル第2戦では、決勝点につながるPKを獲得。相性は良い。

【担当記者の視点】
 序盤戦の大一番を前に、チーム状態は悪くない。前節の鳥栖戦は先制されたものの、前半のうちに逆転し、後半は盤石のゲーム運びで勝利を収めた。

 とはいえ、リーグ戦では直近4試合で失点を許している。守備の緩さが目につくが、現時点でリーグ最多得点(24)を叩き出している相手に粘り強く守れるか。CB植田は鳥栖戦後、「次は無失点でいきたい」と気を引き締めていた。

 安定した守備から、鋭いカウンターへ。ここに来て調子を上げてきているエース金崎を中心に、効率良くゴールを奪い、ライバルを蹴散らしたい。


「小笠原が先発復帰」と言い切るサッカーダイジェストのプレビューである。
「石井監督は「実績と経験」を理由に挙げる」と本日の試合前日練習を取材した模様。
これはメディアとして嬉しい行動である。
そして、このビッグマッチにベテランの経験を重視するのは指揮官として当然の決断と言えよう。
試合の流れを読みこと、また危険察知も含めて、勝利を呼び込む最善手ではなかろうか。
また、昨日の前々日練習が別メニューであった夢生と脩斗も先発予想に入っておる。
明日は問題なくプレイできると判断された様子。
フルメンバーにて首位の浦和に挑む。
自分たちの勝利以上に首位の勝ち点を3ポイント削ることとなる重要な試合、気持ちを高めてスタジアムに向かう。
楽しみな一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

誰が出ても鹿島は鹿島。
なのですが…やはり小笠原は別。
CLユーベ戦で何も出来ず陰りがと言われたメッシがクラシコで爆発、
そのクラシコで活躍できずにメッシより下と言われたC.ロナウドは今朝のCLでハットトリック。
プレーで外野を黙らせました。
大げさかもしれませんが、小笠原個人にとって今後を占うかなり重要な分岐点となる試合なのではと感じています。
まぁ、そんな心配はよそに『(個人の状況や状態)そんなの関係ない、チームの為に目の前の1戦を~』と
いつも通りに臨むのでしょうけどね。
激しい(嬉しい)ボランチのポジション争いですが、
世代交代の波にそう簡単に飲まれないぞと、大黒柱ここにありと示して欲しいです。

ここぞの時の小笠原は秀逸なので心配してませんが、前節不調だった遠藤の回復具合が気になります。

それと…あってはならないことですが、鹿島を勝たせない何かが働かないことを切に祈ります。

昨年のように海外からの交流審判員なら良いんですけどね…
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク