サッカーダイジェスト 浦和戦寸評

【J1採点&寸評】浦和×鹿島|金崎の勝負強さが光る。しかしMOMはいぶし銀の…
塚越 始(サッカーダイジェスト)
2017年05月04日


浦和――西を関根のサイドに配置される『浦和対策』に苦しむ。


【警告】浦和=青木(57分)、宇賀神(77分)、興梠(80分) 鹿島=小笠原(75分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】レオ・シルバ(鹿島)


[J1リーグ10節]浦和レッズ 0-1 鹿島アントラーズ/5月4日/埼玉スタジアム

【チーム採点・寸評】
浦和 5
 柏木、遠藤と攻守の要を同時に欠いた影響は大きかった。西を関根のサイドに配置される『浦和対策』に苦しみ、WBからの仕掛けが限られた。前半は青木のヘッド、森脇のミドルなどチャンスはあったが、攻撃の形を作れず。

 後半途中からスペースができ始めたあと、R・シルバと興梠が徐々に噛み合い出したが、決定的なチャンスをほとんど作れなかった。前掛かりになる戦術では、決して足が速いとはいえないDF陣のカウンター対策が課題として浮き彫りになった。

【浦和|採点・寸評】
GK
1 西川周作 5.5
開始2分に足を傷めたことが影響したのか、フィードミスで流れを悪くしたあと先制点を与えた。金崎のシュートがDFに当たる不運な形だったが……。

DF
46 森脇良太 4.5
マークに付いていた金崎に二度振り切られてシュートを決められた。駆け引きで相手に上回られた。終盤にイラついて反撃ムードに水を差した。

4 那須大亮 5.5
ボールを奪いに行ったところでかわされ先制点に関与。前を向いた守備は強いが、後方への対応に苦労。 強烈なミドルを放って、士気を高めた。

5 槙野智章 5.5
ボールを持ち運ぶオーバーラップが効果的だった。75 分のシュートはポストに弾かれる。守備面では 金崎との1対1では仕事をさせなかったが、終盤はやや集中を欠いた。逆サイドに金崎が流れていったあとのチーム内の意思統一を図りたかった。

MF
24 関根貴大 5
浦和対策で対面に配置された西をなかなか抜け切れず。L・シルバ、土居のいるサイド攻撃に、守備に回る時間も長かった。

16 青木拓矢 5(61分 OUT)
金崎にボールを奪われシュートまで持ち込まれるなど、流れに乗り切れずにいた時間帯に失点を食らった。

22 阿部勇樹 5.5
後半の危ない場面では、身を挺してインターセプトで防ぐ。青木と同じように後方支援に回り、何度か前線には顔を出したものの攻撃に厚みを加えられなかった。

浦和――疲れか…R・シルバ&興梠が決定機を最後まで作れず。

3 宇賀神友弥 5.5
逆サイドが守備に追われたため、この日の攻撃のキーマンに。ただ、ミスパスからピンチを招くなど、プレーにムラがあった。

9 武藤雄樹 5.5(66分 OUT)
プレッシングへの切り替えが早く、ボール奪取で貢献。欠場した柏木に代わってセットプレーのキッカーを担当したが、攻撃面では目立てなかった。

30 興梠慎三 5(90+4分 OUT)
ボールが思うように収まらず、徐々に下がってしまう悪い流れに。次第にボールに絡み出したものの、脅威を与えられなかった。

8 ラファエル・シルバ 5.5
疲れが溜まってきているのか、好調時のキレを欠く。スペースが生まれた終盤の時間帯は徐々に持ち味のスピードを発揮。だがシュートまで持ち込めなかった。

交代出場
MF
18 駒井善成 5.5(61分 IN)
関根とポジションを交換しながら、ボランチと右WBでプレー。しかし、求められた得点に絡むシーンは訪れなかった。

FW
20 李 忠成 5.5(66分 IN)
82分にゴール前でクサビのパスを受けたが、ポストプレーで落としたパスはL・シルバに奪われた。

FW
21 ズラタン —(90+4分 IN)
アディショナルタイムに投入されて、ポストプレーは味方に合わず。もう少し、早めに投入しても良かったか……。

監督
ペトロヴィッチ 5
またしても自分たちの戦いにこだわって負けた。主力ふたりを欠いただけに、鹿島への何かしらの対策を立てて臨みたかった。交代策も相手をどのように崩すのか、意図があまり感じられなかった。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

鹿島——素晴らしかったL・シルバの冷静な試合運び。

【チーム採点・寸評】
鹿島 7
 西を左SBに置く対策が奏功。むしろ関根を敵陣に追いやり、左サイドから押し込む展開に持ち込みチャンスを作った。

 この大一番で、金崎は抜群の勝負強さを発揮。さらに、L・シルバ&小笠原のボランチコンビを中心に最後まで試合をコントロールし続けた。相手に一度も勢いを乗らせず、守備網を崩されなかった。

【鹿島|採点・寸評】
GK
1 クォン・スンテ 6.5
ポジショニングがよく、最後まで隙を見せなかった。相手のシュートも、ことごとく枠の外に飛んでいった。

DF
22 西 大伍 6.5
関根&森脇のサイドアタック対策で、左SBで起用。後半、何度か打開されたものの耐え抜いた。R・シルバを二度も小突いたのは、カードが出てもおかしくなかった行為か……。

3 昌子 源 7
基本的には余るような形で、守備の数的優位な状況を作る。抜け出してきた興梠、R・シルバをきれいにスイープ。惜しいミドルも放った。

5 植田直通 7
R・シルバへの厳しいマークで簡単に前を向かせなかった。次第に下げさせて、勢いに乗らせなかった。

24 伊東幸敏 6.5
浦和のWBにサイドを打開させない——という与えられた役割を責任感を持って果たす。終盤の相手の猛攻を身体を張った守備で跳ね返し、チャンスにつなげた。

MF
4 レオ・シルバ 7.5
5万7447人の大観衆が埋めた埼玉スタジアムで、誰よりも冷静だったと言っていいかもしれない。武藤にマークにつきつつ、状況に応じてR・シルバや興梠にも対応。さらに左サイドをフォローし、西&土居の攻撃をフォローして、攻撃に厚みを持たせた。

 コンディションは決して万全ではないようだが、『気づいたらそこに必ずいる』という浦和にとって、実に嫌な存在。「中盤」ではなく「試合全体」を静かにコントロールし、鹿島を勝利に導くミッションを成し遂げた。

40 小笠原満男 6(87分OUT)
危険なスペースをいち早く埋めていた。オープンな展開になったあと、相手に振り切られる場面もあったが、絶対に致命傷にはならない。

8 土居聖真 6
相手の攻撃参加を“見る”役割に時間を費やす。「忍」と言える、耐えながらチャンスを作る役割をこなし、全体のバランスを保った。

25 遠藤 康 6(70分OUT)
あまり目立てなかったものの、浦和のサイドアタックをしっかり受けつつ、逆襲につなげた。

鹿島——森脇を技ありターンでかわして先制点を決めた金崎も高く評価。


24分、金崎がゴールを決める。写真:田中研治

FW
33 金崎夢生 7
まさにエースのひとふり。森脇を技ありのターンでかわし、先制弾をねじ込んだ。65分のGK西川をかわした決定的なチャンスでは、シュートがポストに嫌われた。

7 ペドロ・ジュニオール 6.5(74分OUT)
相手が前掛かった時間帯、持ち味のスピードを生かしてカウンターに持ち込み、決定的なチャンスも作り出した。

交代出場
MF
6 永木亮太 6(70分 IN)
黒子に徹して、相手に起点を作らせなかった。

FW
9 鈴木優磨 6(74分IN)
オフサイドを取られたものの、惜しいチャンスを作った。

MF
20 三竿健斗 -(87分IN)
最後の3枚目のカードで投入。試合を締めた。

監督
石井正忠 6.5
浦和対策がハマり、紙一重の戦いでしっかり勝点3を掴んだ。緻密さで、相手の監督を上回った。

取材・文:塚越 始(サッカーダイジェスト編集部)

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。


サッカーダイジェストの塚越氏による浦和戦の評点である。
完封勝利に全員に非常に高い評価が与えられた。
その中でレオ・シルバに最高評点とMOMを与えておる。
確かにとても良いプレイをし、攻守に効いておったことは認めるよう。
しかしながら、MOMがレオ・シルバかどうかは難しいところ。
非常に危険なパスミスもあり、そこはマイナスポイントとしたいところ。
とはいえ、塚越氏は浦和番の記者であり、観ている部分が異なったのであろう。
個人的には、満男と永木はもっと良い評価を得るべきではないかと感じさせられた。
それもまた、サッカー観戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

勝手な想像お許し下さいませ。

個人的に今回の騒動に対する塚越さんの見解込みではないかと。

日本への感謝と自らの遺憾の意、今後の警鐘のコメントは素晴らしかった。
対して弁明のはずが喋れば喋る程増すツッコミ所。

なんだか気の毒にさえなってきました。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク