浦和・森脇、2試合の出場停止処分

2017明治安田生命J1リーグ 第10節 の行為に対する森脇 良太選手(浦和)の出場停止処分について
規律委員会において2017明治安田生命J1リーグ 第10節の試合で起きた行為に対し、森脇 良太選手(浦和レッズ)の処分を下記のとおり決定いたしました。

【処分内容】
2試合の出場停止

【出場停止試合】
2017明治安田生命J1リーグ
2017年5月14日(日)開催 第11節 アルビレックス新潟 vs 浦和レッズ
2017年5月20日(土)開催 第12節 浦和レッズ vs 清水エスパルス

【処分理由】
2017年5月4日(木・祝)2017明治安田生命J1リーグ 第10節(浦和レッズ vs 鹿島アントラーズ)の試合において森脇 良太選手が相手選手に対して不適切な発言をした疑いがある旨、マッチコミッショナーより報告を受けた。
かかる報告を受けて、規律委員会にてマッチコミッショナーおよび審判員からの報告書、試合映像を基に検証の上、同選手に対してヒアリングを行うなど、事実関係の確認を行い、(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同選手の行為は、「他の競技者、その他の競技に立ち会っている人々に対する侮辱」に相当すると判断、2試合の出場停止処分とする。


浦和の森脇に対して処分を決定したJリーグである。
2試合の出場停止とのこと。
真相である人種差別発言は認められず、単に侮辱発言と判断された。
これは誠に遺憾である。
当然のことながら、侮蔑発言のみということで森脇個人への処罰のみで終えておる。
幾度も人種差別を行ってきたクラブにはおとがめ無しとなった。
自浄作用がないと全世界に知れ渡ってしまったことも含めて残念である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

無念

残念ですけどこの辺が落とし所ですかね。
この行為が差別に繋がるのが理解されたからこその1試合ではなく2試合の出場停止なんだと思います。

No title

真相は判らずそんなもんですね、レッズサポを公認するチェアマンのリーグのモラルは。
偶然にも2試合出場停止中は下位チームとの対戦、停止明けの14節は上位である柏戦、偶然にも、ええ偶然にも。

少なくとも、鹿島と新潟のサポは全員敵に回しているので、当該選手は気をつけられたい。

人種差別が認められたら勝ち点剥奪やJ2降格
どうせこの程度で終わりにさるだろうと思ってた
こんな甘い処罰ならあのクラブはまた同じ事を繰り返すでしょう
サポーターもクラブも自浄作用が無いだろうから

口裏を合わたクラブや他の選手は?

No title

森脇の説明以上のことは無かったと主張した浦和レッズの100%完勝ですね。誰に対して言った言葉かは確認できなかったとの判定のようですが、映像で一連の動きを見れば誰にでもわかりますよ。
加えて、自分に対して言われたとレオが思い、傍で聞いた小笠原もそう判断したのですから、人種差別があったとしか言いようがありません。
チェアマンが自らの過去の発言に責任を取らない、浦和がクラブとして隠蔽・偽装工作を行ったことを不問にする最低で最悪の対応です。これからも同様の騒動が起こらないことを祈るばかりです。
今後は浦和と森脇について、口にすることさえおぞましいものとなりました。
天網恢々疎にして漏らさずの世の中であることを願います。

差別と認定したら、前科のあるクラブに重い処罰が必要になるから今回はこのくらいでおさめたかったのでしょう。
特定のチームばかり優遇されるJリーグはおかしい!
純粋なサッカーファンは納得できない結果だ!

やはり所詮Jリーグでしたね。
何か見えざる力でも働いたのでしょう。
こんなお茶を濁したような処分であれば、日本は人種差別を認める国だと思われても仕方ありません。非常に残念な結果です。

アントラーズさんのサポーターではありませんが、この件に関しては全く納得行きません。協会への抗議の電話もしました。もちろん浦和への抗議の電話もしました。これからSNSなどを通じて更なる拡散をしていくつもりです。応援するクラブは違えど、これは絶対に許してはならない行為です。こんな処分で済ませていいはずがありません。同日、主審侮辱発言で先日退場してた京都のオリスも2試合出停とのこと。なぜ差別と侮辱が同処分??このまま有耶無耶に闇に葬ってはJリーグの今後の発展は望めません。原理主義さんもこのブログなどを通じて抗議していきましょう!!

No title

残念ですが、仕方ありません。

でも、彼に今後はないと思います。
重い口を開いた満男は素晴らしいです。

もし、次に同じような光景があったら審判が諭して、イエロー出してほしいです。
はっきり言えば、プロでやっていく資格のある選手ではないので
クラブとキャプテンは始終監視してほしいです。

他のクラブやサポからも冷たい目で見られるのは間違いなく
本当に人として恥ずかしいと思います。

というか、レッズの公式サイトって
なんで「小笠原選手とのトラブル」とか言って「トラブル」にしてるんでしょうね。
失礼ですよ。満男に。
文章能力も欠如してますね。
こういうのは相手を敬って書くものですよ。

「小笠原選手との間の出来事」とか
「小笠原選手との一件」にすれば角が立たないものを、〇カ!としか言いようがないです。

始末書もんですね。
トラブルメーカーなのは森脇選手ですよ!!

呆れて空いた口が塞がりません。
Jリーグは特定クラブを優遇するトンデモリーグですね。百年構想?こんな体質の組織では世界の主要リーグからまた置いてかれますね。鹿島を応援する気持ちは変わりませんが、開幕以来見えないチカラが働く(バレバレですが)リーグの体質に辟易です。

No title

小笠原主将としては森脇が懲りてくれれば満足な結果でしょう。

でも軽い処罰だろうと思っていましたが、まさか2試合とは驚きです。

さすが三菱の力は偉大です。

他クラブに所属していたら永久追放まではなくても、前半戦出場停止くらいの処分があったのでは。

No title

一部のチームに有利が働くのがデフォルトのリーグであれば、
毎度2点差以上で圧倒して勝っていくしかないですな。

試合開始時に相手が12人と思うぐらい。次のにせつ、新潟と清水ですが根性出して是非負けないでほしい(勝ち点3だけは与えないで欲しい)

良識ある企業は浦和のスポンサーを降りるだろうしブラジル人の補強ルートも断絶でしょう。2試合の出場停止以上のダメージが今後降りかかると思います。

考えたくないが、万一他のチームが同様の問題をやらかして処罰を重くした場合のオトシマエどうするか見物ですわ

No title

正直処分は軽いですね。まぁ天下りでズブズブな組織だから悲しいがこれが限界なのかな...。せめてチェアマンは、この件もそうですが、ここ最近頻発してる不祥事を受けて声明を出してほしい。でなければ、満男がいうとおり、Jリーグは本当に大変な事になると思います。

だいぶ前の記事で、ピクシーが、「Jリーグはとてもクリーンでフェアなリーグ」と評していましたが、それはどこへやら...ですね。
どこぞの自動車会社と同じく衰退・崩壊野一途をたどるのでしょうか。だとしたら本当に悲しい。

ただ、46番については、次はもうないでしょう。
Jリーグを知らない方々やライトなファンにも46番の名前と愚行は覚えられたので、試合に出るたび社会的制裁を受ける事になるでしょう。そして他チームのサポーターも彼の一挙手一投足に注目するでしょう。「またか」「またあいつか」...と。

そういう目をうけて、彼自身に自浄が働けばサッカーを愛するものとしてせめてもの救いなのですが...。

No title

マスコミ含む日本人の差別に関する意識の低さを改めて認識させられた一件でした。ネットの発言やニュース記事を見ても、単なる罵詈雑言や非紳士的行為と、特定の人種や民族を貶める差別行為とは全く別次元の問題という事を純粋に理解できてない人が多いと感じました。(森脇氏は理解した上でやってる確信犯だからこそ、咄嗟にあんな嘘をつけたのでしょうが・・・)

協会も浦和擁護というより単なる無知なんじゃないかと。世界基準とかけ離れた意識しかない事は本当に恥ずかしいです。FIFAや監督官庁である文科省からお咎め受けて欲しいですね。

この問題に対して意を唱えた小笠原は本当に賞賛に値すると思います。全てが釈然としない今回の一件で、アントラーズと小笠原の素晴らしさを再認識できたことがせめてもの救いです。

No title

Jリーグとしてはこんなところじゃないですかね。

クラブも求めて来たは処分じゃなくて、再発防止なので
これを受けて、浦和や森脇がどう対応するか次第だと思いますよ。
期待してないけどね。

自業自得とは言え、勝ち点はく奪とかにしたら、
うちが獲得するタイトルにいちゃもんつけてくるのが容易に想像できます。
きっちり優勝してぐうの音も言わせない状態にしてやりましょう。

森脇選手に差別の意図はなかった、というのは、そうだろなのだろうな…と思います。
3歳を育児中ですが、本人なりの不可解な理屈を堂々と打ち立てる様に既視感を覚えました。

行動、発言、処遇に納得いっていない関係者やサポーターも本当は沢山いるのではないでしょうか。

擁護ではなくて、たとえ嘘で塗り固め、処遇を軽くしようとも、力で歪めた代償は何らかの形でクラブに作用する。

小笠原選手の思いを鹿島というクラブが受け止めたこと、那須選手はどう捉えてるのか。
那須選手の必死の表情が、今なお忘れられません。

No title

「嘘をついて生きてきた人生ではない」とウソをつく、森脇さんには恐れ入りました。嘘も千回言えば本当になるというナチスを信奉しているのでしょうね。

森脇が会見で差別発言はしていないと言っています。
私がスポーツ記者なら、逆説的に
小笠原選手には罰則がでていませんが、
嘘をついているということですね?と
問いただしたいです。

裁定は浦和の完全勝利。

陪審員が全員浦和のユニフォームを着ている姿が目に浮かぶ。

今後は対戦クラブが森脇を追うカメラと集音マイクの準備しないとね。

人は誰でも失敗をする。

人の資質を見極めるのは失敗したあとの行動と言動にかかる。

素直に謝罪し反省の出来る人間でなく、咄嗟に嘘をつき、何とかお恵み頂戴しようとした人間になど、誰も付いてこないし良い結果も訪れない。

彼がピッチに立てば、さらに浦和は地に堕ちるでしょう。
今から復帰が待ち遠しいです。

森脇は、本当に悪い事はしていないと思うのならば、
満男を名誉毀損で訴えれば良いのです。
差別発言をしたとの虚偽発言によって、
鹿島サポのみならず、浦和を含む全てのサポーターから
嫌われ、町中でも後ろ指を指されるようになり、
日常生活に支障をきたし、精神的苦痛を被ったとして。

Jリーグとしての処分が出ましたが、浦和のクラブとしての森脇への処分はないのでしょうか。クラブとして森脇に謝罪会見で済ませるつもりでしょうか。Jリーグの処分とは別に、浦和としての処分を森脇に課さないことには、クラブとしての見識を疑います。森脇個人の問題でもあるが、浦和のクラブとしての問題も問われているはずです。Jリーグは森脇個人の問題として処分をしました。それですべて終わりとすることがないよう、今後の浦和のクラブとしての動きを注視していくべきと思います。

浦和の事ですから、11月18日の鹿島スタジアムに
森脇を連れて来るのでしょうね。。。

Jリーグダメだね。
すごくがっかり。
浦和に失望しました。
優勝させるわけにはいかない

前進があったと思えるのは、
「処分があった」ことですよね。
個人的には前を向きたいと思います。
そして、今回の勝利の陰で、現実を直視しなくてはいけないのは、
柏木、遠藤不在で、興梠にキレがなかったこと。
ホームで完勝期待しています。

処分も甘いし経緯も不透明だしなにより会見の森脇のコメントから反省が見られない!
満男の人間性批判も聞き捨てなかったがそれについて言及ないとは!
この件を踏まえ、クラブとサポは満男をこれまで以上に支えていかないと、と思います。

謝罪はいつ?

以前、金崎選手の頭を踏みつけた輩がいましたよね。
鹿島まで詫びに来てましたが、
浦和の彼はどうなんですかね?
『機会があれば謝罪したい』と
消極的なコメントをされているみたいですが。

侮辱発言

差別発言はそもそも
相手を侮辱し、見下す発言なので
森脇良太氏の発言は
誰に対してのものに関わらず
侮辱しているわけですから
差別的発言だと思います。

また、森脇良太氏は
「差別的な発言、言動、行動、そのようなことはなかった」と会見で述べているようです。
皆さんは、このコメントを聞いてどう感じますか?

息をするように
差別する。

No title

予想通りの幕引きです。これ以上事を大きくしたくないというのがミエミエです。
今更ですが、そもそも調査対象がおかしいんですよね。
何故森脇と小笠原だけで、レオ・シルバには聞かないのか? そこが発端なのに。
ようは、Jリーグは最初からこれを人種差別問題として扱う気なんてなかったということです。
レオ・シルバに直接話を聞いてしまうと、確実に人種差別という問題が出てきてしまいますからね。
それを避けて、あくまで森脇と小笠原の二人の間のトラブルとしたかった。
結論ありきの茶番でしたね。

でも、この問題はこれで終わりではない。
森脇と浦和には今後より周囲の目が厳しくなるし、また問題を潰そうとすれば、今度こそ大きなしっぺ返しが待っている。

No title

今回の処分はともかく森脇本人は将来を失うでしょうね
嘘で周りの信頼はなくなったでしょうし身内の西川達も森脇に信頼はなくなったでしょう
引退後のサッカー関係の仕事はまずないでしょうし起業しても「あの森脇か」って信頼は勝ち得ないでしょう
それだけ今のネット社会は恐ろしいですからね・・・

46番が謝ろうと、埼玉の田舎クラブが謝罪しようと、もはやどうでもいい。
ただし、46番を擁護するために、満男の活動を、震災ビジネスと言った浦和サポーターを絶対に許さない。
差別よりも重い問題である。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク