サッカーダイジェスト ムアントン戦寸評

【ACL採点&寸評】鹿島×ムアントン・U|鈴木と遠藤のハイパフォーマンスで常勝軍団が堂々の首位通過!
広島由寛(サッカーダイジェスト)
2017年05月10日


安定の2CBはともに「6.5」。


【得点】鹿島=鈴木(19分)、鈴木(60分)ムアントン・U=なし
【警告】鹿島=クォン・スンテ(78分)ムアントン・U=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】鈴木優磨(鹿島)


[ACLグループステージ最終節]鹿島 2-1 ムアントン・U/5月10日/カシマ

【チーム採点・寸評】
鹿島 6.5
前線から連動してパスコースを限定させ、狙いを絞って奪う守備が機能。ただ、球際で競り負ける場面も。一方の攻撃は、果敢に裏を突きながら、3人目の動き出しもスムーズで厚みのある仕掛けを披露。鈴木が高い決定力を見せつけて、首位通過を決めた。

【鹿島|採点・寸評】
GK
1 クォン・スンテ 6
9分の1対1のピンチは慌てずにストップ。エリアを飛び出し、巧みな足技で相手をいなすプレーもあったが、かわされそうになってファウルで止めてイエローカードも。強烈なミドルで決められた失点はシュートを褒めるしかない。

DF
3 昌子 源 6.5
SBが抜かれた後は的確にフォローし、エアバトルでも強さを発揮。局面の勝負では、素早く寄せて、前を向かせずにミスを誘うディフェンスはさすが。左足を痛めたが、最後までピッチに立ち続けて、2点目を許さなかった。

5 植田直通 6.5
カウンターを喰らう場面でも、冷静に対処。ボランチとのマークの受け渡しは問題なく、昌子とも息の合ったディフェンスで中央を固めて、勝点3を手繰り寄せた。

15 三竿雄斗 6
前回対戦に続き、先発。アジリティに優れるプレーで攻守に積極性を示す。攻撃参加が増えた後半には、質の高いクロスを放り込んだ。

22 西 大伍 6.5
パスミスが散見されるも、2列目の遠藤と上手くスペースを使い分けながら右サイドを打開。後半が始まってすぐの三竿雄に通したサイドチェンジは見事だった。25分にはCKにヘッドで合わせるも、これは相手GKに阻まれた。

スルーパスが冴えわたった遠藤は高く評価。


2得点の活躍を見せた鈴木。久々の先発だったが、ゴールという形で自らの存在価値を証明した。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

MF
4 レオ・シルバ 6
相手の先を行くポジショニングでスタンバイ。ただ、前に出ても取り切れず、センターライン付近のスペースを留守にすることも。前半と後半に思い切り良くミドルを放ったが、決め切れなかった。

6 永木亮太 6
流れを切るミスが目についたが、運動量豊富に広いエリアでボールに触りながら、パスを捌いて組み立てに奮闘。精力的なプレスバックも効いていた。三竿健投入後は、右MFでプレー。

8 土居聖真 5.5
絶妙なタイミングのカットインと背後への抜け出しが光る。ただ失点の場面では、バイタルエリアであっさりとかわされてシュートを打たれた。後半に入ると、徐々にプレー精度が落ち、輝きを失っていった。開始早々の決定機を決められれば、波に乗れたか……。

25 遠藤 康 7(88分OUT)
鈴木の先制点のアシストを含め、長短のスルーパスが冴えわたる。中央に絞ってから逆サイドへの展開など、チャンスメイクで存在感を放った。鈴木の2点目は、利き足ではない右足のクロスでお膳立て。

FWとしての仕事を完遂した鈴木が文句なしのMOM。


グループリーグの成績は4勝2敗。尻上がりに調子を上げていき、堂々の首位通過を果たした。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

FW
7 ペドロ・ジュニオール 6
31分の決定的なヘディングシュートは、コースが甘く、威力もなかった。近くにいる味方との連係は悪くなく、最後まで相手に脅威を与えたが、ゴールだけが遠かった。高い位置での守備はハードにこなした。

MAN OF THE MATCH
9 鈴木優磨 7.5
公式戦で久々のスタメン。まずは遠藤のスルーパスに抜け出し、難しい角度から正確なシュートを流し込んで先制点をゲット。さらに、遠藤のクロスを得意のヘッドで叩き込み、これが決勝点に。常に前線で動き続け、チャンスを呼び込み、決定的な仕事でチームを勝利に導いた。

交代出場
MF
20 三竿健斗 -(88分IN)
ボランチに入り、90分には左足で際どい一撃を放つ。しっかりとリスクマネジメントをしたプレーで確実にゲームを終わらせた。

監督
石井正忠 6.5
交代カードを2枚残しての余裕の勝利。同点で迎えた後半は攻撃の強度を高め、狙い通りに2点目を奪ってみせた。

取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。


サッカーダイジェストの広島氏によるムアントン戦の寸評である。
グループ首位となる勝利に概ね高い評価は与えられた。
その中で優磨に最高評点とMOMが与えられた。
ドッピエッタで勝利に導いたストライカーに文句を付けるものはなかろう。
準ずる評価は、この優磨に2アシストしたヤスである。
先制点のロングスルーパスのは得意の形、それ以上のインパクトは右足のクロスであろう。
左SBの三竿雄斗のクロスが合わずに観る者に残念な気持ちにさせたところで、逆サイドからどんぴしゃヘッドが決まれば、スタジアムは歓喜の渦であった。
優磨の有言実行にて勝利したこの試合、アジアの難しさも感じさせられた。
ここから先は、ノックアウトのトーナメントとなる。
強い気持ちで勝ち上がり、頂点を目指したい。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク