源、ここまできたら休みたくない

鹿島DF昌子「14日神戸戦出る」10日ACLで左足首負傷も

10日のACL・ムアントン戦で左足首を負傷した鹿島DF昌子
Photo By スポニチ


 鹿島DF昌子が、14日の神戸戦出場への強い思いを口にした。前日10日のACL・ムアントン(タイ)戦の後半に、ゴール前で味方のGK権純泰(クォン・スンテ)と接触し左足首を負傷。「この緊迫した中、センターバックで(交代枠を)1枚使いたくない」と自らを奮い立たせて終了までピッチに立ったが、強いしびれが走り、打撲、捻挫を負っていた。

 中3日でのJ1に備え、この日は電気治療やアイシングでケアに専念。今季ここまで全ての公式戦にフル出場中の昌子は「ここまできたら休みたくない」と力を込めた。
[ 2017年5月12日 05:30 ]


ACL・ムアントン戦にて打撲、捻挫を負った源である。
これは不安にさせられる。
昨日はケアに努め、練習を回避しておる。
今のチームにて替えの効かぬ選手だけに、回復の度合いが気になるところ。
神戸戦に向けて、源本人は「ここまできたら休みたくない」と語る。
とはいえ、負傷ばかりは、本人の意思でどうにかなるものではなかろう。
もし、源が離脱となれば、DFラインの変更を余儀なくされる。
神戸戦はどのようになるのであろうか。
続報を待ちたい。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

替えのきかない選手なので、西、ブエノ、植田、伊東で手堅く固め、浦和戦のようにむやみに上がらないような戦術になりますかね…。

金崎も痛んでますし、土居を1枚あげて、レオ、満男、永木の同時起用もあるか…

どっちにしても、前半に1点決めて、ウノゼロが理想でしょうね…

1番替えのきかない選手。
だからこそ、無理して長引かせたり、悪化させないで欲しい。
仲間を信じて!
広州戦でベストパフォーマンスを発揮して欲しい。
日曜、参戦します。
余談ですが、カシマでの選手入場で毎回Tシャツを投げ込んでくれますが、バックスタンドのアウェーエリアに昌子が投げ込むようになりましたね。
個人の判断なのか、チームの判断なのかわかりませんが、良い事だと思います(^^)

去年のCSの夢生ほど大事な状況ではないから、神戸戦は欠場して治療に専念するべきです。

これ以上無理して広州戦に出られないのが一番嫌です。

源、無理しちゃダメ!
石井さん、引っ張る必要はないですよ!
俺達のブエノがやってくれます!

先の事まで考えるならば無理をして欲しくないのですが、そうなるとどうなりますかね。ブエノも万全ではないと聞きますし。
町田を抜擢するのか、三竿弟をCB起用するのか。不安ですが、それはそれで楽しみではありますね。

No title

石井監督と里内コーチ、そして昌子本人が適切な判断をすると信じています。
もし昌子が出場しないときには、町田のプレーが楽しみです。

「ここまできたら」の意味がわからん

昌子はとても大事な選手。

連戦で酷使して大きな怪我をして長期離脱にでもなったら鹿島にとっても本人にとっても痛い。

昨年のチャンピオンシップの直前なら「ここまできたら」と1試合、2試合無理して出るのもありだとは思う。今シーズンも終盤で優勝がかかるかどうかの試合なら無理するのもわからないではない。

一試合 一試合大事ではあるけれど、この時期に無理して怪我のリスクを負う必要はないと思う。

ACLもあり過密日程なところもあったと思うので、少し休んでも良いのではないかと思います

気持ちはありがたい。
でも先の長いリーグ戦だから無理はして欲しくない。

ブエノのコンディションに問題ないなら大丈夫。
マチがいるし、健斗もやれますよ。

No title

上の方に同意です。兎にも角にも石井監督と里内コーチ、そして昌子本人が適切な判断をしてくれる事を望みます。

町田は、上背がありしかもレフティ、足許も上手い、世界と伍していける才能を持った、大きく大きく育っては欲しい選手ですもんね。同年代の柏の中山なんかがバリバリレギュラー張ってるのを見ると、本当に目の色変えて頑張って欲しいって思います。

No title

連続フル出場は無理して続けるものではないよ
昌子のすばらしさはそんな記録なくても我々が一番よく知っている

勇気を持って休むという判断も時には必要
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク