遠藤の凄みは、何気ないワンプレイにあるような気がしてならない

【鹿島】「何をするか分からない選手でありたい」。攻撃のスイッチャーになる遠藤康の存在価値
広島由寛(サッカーダイジェスト)
2017年05月12日


「自惚れずに、もっともっと自分のプレーを高めていきたい」


パサーとしてもドリブラーとしても、質の高いプレーを披露する遠藤。FKのキッカーとしても頼りになる存在だ。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

[ACLグループステージ最終節]鹿島 2-1 ムアントン・U/5月10日/カシマ

 ACLのグループステージ最終節、首位の座を賭けたムアントン・Uとの一戦で、鹿島は2-1でライバルを蹴散らした。

 チームを勝利に導く2得点を挙げた鈴木優磨の決定力は素晴らしかったが、そのふたつのゴールをお膳立てした遠藤康のパフォーマンスもまた見事だった。

 1点目は、裏に抜け出す鈴木にピタリとスルーパスを合わせてみせる。

「練習通りに、いつもやっていることを見せただけ」

 2点目は、利き足ではない“右足”でのクロスでアシストした。

「中で待つ優磨は、センタリングを上げればヘディングで勝てる選手なので。これも練習でやってきたことの成果だし、右足でも自信はあった」

 グループステージで、鹿島は4勝2敗の成績で勝点12を積み上げ、首位通過を果たした。ここまでの戦いぶりを、遠藤は次のように振り返る。

「勝って当然と思われていて、そういうプレッシャーを受けながら勝つのは難しいけど、チーム全体で戦って結果を出せたのは自信になる。負けることもあったけど、それを糧にできたからこそ、今日の勝利につなげられた」

 今季は開幕前のチーム作りであまり時間を取れず、少なくない新加入選手もいるなかで、「ぶっつけ本番でコミュニケーションを取らないといけないところもあった」。その点で少なからず苦労はしたものの、「今は良い連係でチームとして戦えるようになった」と手応えを口にする。

 途中出場を含め、グループステージ全6試合でピッチに立ち、決勝トーナメント進出に貢献した遠藤自身のパフォーマンスについて聞けば、「まだグループステージなので」と断りを入れてから、こう語る。

「評価するのはまだ早い。うちらの目標は優勝なので。そこまで勝たないと、自分も評価されないと思う。アントラーズは、タイトルを獲ってナンボのチーム。自惚れずに、もっともっと自分のプレーを高めていきたい」

 自慢の左足を駆使したテクニックには定評がある。足の裏を巧みに使いながらボールをコントロールし、配給役にもなれば、自らドリブルで切れ込むこともできる。

 ゴールやアシストといった決定的な仕事でその存在がクローズアップされることはあるが、遠藤の凄みは、何気ないワンプレーにあるような気がしてならない。

変わらない「誰かが動いたら、俺は出すよ」というスタンス。


鈴木(9番)との好連係で2ゴールを演出。「優磨が入れてくれたから」と後輩の活躍を称えた。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

 右サイドでやや外向きにボールを運びながら、相手が寄せてきた瞬間、クルッと回って、ピッチ中央に進路を取る。ただのターンと言えばそれまでだが、この動作ひとつで、攻撃の局面がガラリと変わるから面白い。サイド攻撃をチラつかせながら、一気に中央突破か、あるいは逆サイドへの展開か。その“スイッチ”を入れているのが、遠藤だ。

 もっとも、レフティのテクニシャンは、あくまでも謙遜する。

「でもそれは、俺だけの問題ではない。例えば、(右SBの)大伍くんが『ターンしろ』とか声を出してくれる。その声で、自分が見えていないところにターンができる。もちろん、自分の判断で逆向きになることもあるけど」

 ターンのタイミングは、ある意味、遠藤にしか分からない。それでも、振り返った瞬間、2トップが縦に抜け出そうとするなど、受け手になる選手がすでに準備できているのも、今のチームの強みだ。

「自分は、練習でも試合と同じようにプレーしているし、みんなも自分のプレーを分かっていると思う。ここでターンするだろうな、とか。だからターンした瞬間、動き出してくれている」

 07年の加入以来、鹿島一筋で11年目を迎えた。29歳となり、選手として脂が乗っている今季も、「誰かが動いたら、俺は出すよ」というスタンスは変わらない。

 アジアを舞台にした戦いでも、一つひとつのプレーに余裕が見える。相手を背負ってキープする時も無理がなく、涼しい顔でパスを捌く。

「後ろ向きでボールをもらう場面も少なくなった。誰かに預ければ、また戻ってくる信頼があるし、だからパスを出した後は、裏に走ったり、動かずにもらったり」

 本音を言えば、「シュートを打ってゴールを決めたい」。しかし、自分が好きなようにプレーしているだけでは、チームが勝てないことは重々承知している。

「チームのために、何が効果的なのか」を常に考えてプレーする。何気ないワンツーでも、アクセントをつけようと工夫する。相手の出方や戦況に応じて、ダイアゴナルの動きで背後を突くか、それともボールに多く触ってリズムを作るかを決める。

「もっといろんな攻撃の形を作りたい」
「何をするか分からない選手でありたい」

“全冠制覇”という壮大な野望を抱く常勝軍団において、背番号25の存在はますます大きくなっている。

取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)


ヤスについて取材したサッカーダイジェストの広島氏である。
主軸として攻撃を担うヤスの現時点での考えが見え隠れする。
29歳の11年目は、アイデアも含め、最も脂がのっておる。
そしてヤスのコメントも堂に入る。
これからもヤスの一つ一つのプレイに魅入られて行くであろう。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

西と、遠藤の右サイド。好きだわぁ。楽しいわぁ。

No title

友人の息子さんが、宮城FC(香川と同期)で頑張っていたので、宮城県のユースチームの試合は結構観てましたが、塩釜FCでトップ下を任されていたヤスの王様の様な存在感の大きさには驚かされたものでした。

ウチではサイドを担い献身的に守備も頑張っていますが、ハリルが代表合宿にヤスを呼んだ時に「トップ下に適性がある」みたいな発言をしていたと記憶しています。システム上ウチでは難しい事は承知の上ですが、一度トップ下で輝きを放つヤスを見てみたいと思います。

因みにここ数年、ユニは25を着用しています。そろそろペナの右角からファーに巻いて突き刺さる得意のゴールが見たいですね。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク