トシャック監督、彼は退場となるべきだった

レアル元監督がクラブW杯決勝の“大誤審”に言及 「主審がビビってラモスを退場させなかった」


“白い巨人”を二度率いたトシャック監督が古巣への辛口評を展開

 レアル・マドリードはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)連覇とリーガ制覇の二冠に向けてひた走っているが、かつてクラブの指揮を執った人物が、バルセロナ贔屓で知られる地元紙「ムンド・デポルティーボ」で主力に対する辛口評を展開し、主将のDFセルヒオ・ラモスは昨年のクラブワールドカップ(W杯)決勝で起きた“世紀の大誤審”を引き合いに出されている。

 同紙のインタビューに答えたのは、過去二度のレアル指揮経験のあるジョン・トシャック氏だ。ベイルの母国であるウェールズ代表監督を長年務めた経験のある同氏は、バルサとの優勝争いで「最後の試合でバルサも勝つだろうが、マドリードも勝つ」と古巣の優勝を予想しつつも、辛口評を展開している。

 特に名指しされているのは、主将のセルヒオ・ラモスだ。万能型センターバックとして世界屈指の実力と実績を誇るが、キャリア通算22度のレッドカード数について触れられると「マドリードの歴史上、彼はフェルナンド・イエロをカードで上回って、誰よりも優れている」と話しつつ、昨年のクラブW杯決勝、鹿島アントラーズ戦でのワンシーンを引き合いに出した。

「クラブW杯決勝での1対1のプレーで、相手を止めて彼は退場となるべきだったのに、主審がビビってレアルの選手を退場させなかった。同じことは別の試合でも起きている」

「ラモスほど多くのカードを提示されるのは…」

 セルヒオ・ラモスは鹿島戦の後半44分、カウンターを仕掛けたFW金崎夢生を引き倒すファウルを犯した。すでにイエローカードをもらっており、2枚目の警告で退場かと思われたが、主審のジャニー・シカズ氏はその事態に気づいたのか、カードに手を伸ばす仕草を見せながら“お咎めなし”とした。この判定は世界中で物議を醸したが、トシャック氏から見ても首をかしげるものだったようだ。

 それでもトシャック氏は「選手にとって、ラモスほどの多くのカードを提示されるのは難しいだろう」と、セルヒオ・ラモスのカード数増加について何度も指摘している。“白い巨人”を引っ張るキャプテンとしては、耳の痛い話となるのは間違いない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images


昨年のCWC決勝戦のジャッジについて語ったトシャック監督である。
「クラブW杯決勝での1対1のプレーで、相手を止めて彼は退場となるべきだったのに、主審がビビってレアルの選手を退場させなかった」と誤審であったことを明言した。
世界基準として誤審をさせてしまうほどに鹿島は強かった。
我らとしては、それを跳ね返してまで世界一になりたかった。
ただ、準優勝に終えたことで、今季の新たなモチベーションとなっておる。
アジアの王者として改めて世界一にチャレンジする。
気持ちを高めておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

タラレバですがもし退場していたら鹿島が世界一のクラブになっていたかもしれない。日本の審判もアレだが海外の審判もいまいちなんですかね

しっかり誤審が検証される文化があるのは羨ましい
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク