悲壮な覚悟で、小笠原満男は立ち上がった

【鹿島】傷つき、涙する助っ人を見て……。悲壮な覚悟で、小笠原満男は立ち上がった
内田知宏
2017年05月13日


「いつか誰かが言わないと、ひどいことになる」


傷つけられた仲間のために、そしてJリーグのことを考えても、今回の一件は小笠原にとって黙っていられる問題ではなかった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

 2007年のことだったと記憶している。
 
 鹿島のサポーターはキックオフ直前に、先発メンバー、一人ひとりの名前を叫ぶ。セリエAのメッシーナへの期限付き移籍を終え、鹿島に復帰した小笠原満男は、スタンドから自分の名前が聞こえると、軽く右手を挙げて応えるようになっていた。
 
 それまでは、「声援が力になる」という類いの言葉を表だって口にはせず、サポーターからのコールにも反応しなかった。「結果で応える」と考える選手の大きな変化だった。
 
「昔はJリーグにも世界的に有名な選手が来て、リーグ全体も盛り上がったよね。彼らはお客さんを呼べる選手だったし。俺らもそういう選手と一緒にプレーして、練習して、刺激になった。
 
 でも、今はクラブに世界的な選手を呼べるだけの体力がないから仕方がない。だから(小野)伸二とか、イナ(稲本潤一)とか、Jリーグに戻ってきているし、俺らの世代がJリーグを引っ張っていかないといけない。それが役割だと思う。俺は地味だけど、彼らはお客さんを呼べる選手だし」
 
 イタリアから帰ってきた小笠原は、この考えを軸に行動するようになった。自分の名前がコールされても、他の選手のようにお辞儀をすることはなく、視線も向けない。だが、ただそっと右手を挙げて応える姿は「おう、任せておけよ」と言っているようで、それはそれで頼もしさを感じさせる。
 
 その小笠原が5月4日、浦和戦で森脇良太の発言を巡り、メディアの前に立った。「くせえんだよ」とチームメートのレオ・シルバに差別的発言があったと主張した。
 
 森脇は、小笠原への発言だったと釈明。Jリーグはふたりへの事情聴取を行なったが、結局、誰に向けた発言かを特定できず、規律委員会は鹿島選手への「侮辱行為」があったとして、森脇にリーグ戦2試合の出場停止処分を下した。
 
 小笠原によると、過去に元鹿島のダヴィやカイオらへも同様の発言があり、試合後、暴言を受けたブラジル人選手がロッカールームで泣いている姿も目の当たりにしてきたという。
 
「いつか誰かが言わないと、ひどいことになる」
 
 メディアの前に立った理由を小笠原はこう説明する。侮辱的な発言が証明されないケースも想定され、その場合は自分が責められることになる。
 
 だが、それも覚悟のうえで「このまま見過ごしていられない」と行動に移した。
 
「バブル」と言われる時期も、「低迷期」も経験してきたJリーグは、今季で25年目を迎えた。多くの外国人助っ人が参戦してきたなか、給料の未払いもなく、クリーンなイメージが定着している。
 
 だからこそ、今も多くの外国人選手が来日するのだろう。今回、差別的な発言があったかは不明のまま終結したが、少なくとも、レオ・シルバを傷つけたこと、苦労しながらも発展させてきたJリーグのイメージを低下させる行為だったと言える。
 
 それは、リーグ全体のことを考える小笠原にとり、黙っていられる問題ではなかった。
 
取材・文:内田知宏


満男の行動についてサッカーダイジェストの寄稿する報知新聞の内田記者である。
満男の人となり、そして勇気ある行動について語られる。
Jリーグあってこそ日本サッカーの未来があるのだ。
このようなことになっては、名が廃る。
隠蔽体質の悪しきクラブを中心に据えていてはならぬと学習して欲しいところ。
自浄作用に期待したい。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

浦和サポの中には小笠原のでっち上げや「ボケ」と言った(ということになっている)小笠原を非難する声があります
それなら森脇が名誉毀損で訴えればよい
そうなれば事が大きくなって真相が明かされることだろう
盲目な浦和サポ達よ
我等が誇り高き小笠原を侮辱する事は許さない!!

No title

見るべき人(見る能力のある人)は見てるなと思う内田氏のコメントである。
まさしく、これこそが、義を見てせざるは勇無きなり、ではないか。
しかし、今後の取材への影響を考えた、これでも控えめの発言だと思う。
未だに小笠原の行動に難癖をつけている事の本質がわからない人たちがいるのは残念だが、わかっている人たちが殆どであろう。
セルジオは、今回の件で一番の問題は、レフェリーは何をしていたか、であると指摘した上で、事実関係がはっきりさせていない点と森脇以外に浦和に処分がなくてもいいのか、浦和が森脇を罰してもおかしくはない、と指摘している。(5/12サッカーダイジェスト)

でっち上げは浦和の十八番

浦議というサイトを見ると18時40分に書かれた方の様な
コメントで溢れていましたね。

17年前に浦和に移籍した阿部・室井には悪いけど
こういうチームは無くなって欲しいと思います。

他チームのサポーターも仮に浦和がフリューゲルスのような事態になっても
絶対援助しないでもらいたい。

メディアが変わってほしい

この内田記者のような人が増えなければ、Jリーグの衰退は目に見えるようです。
ジョルジが審判の成長を願うことを言葉にすれば「罰金」
興梠のオフサイドゴールに関しては、「疑わしきプレーは映像を流すな」の隠ぺい。

2012年は「ベガルタ優勝」「鹿島J2落ち」のシナリオが描かれていたような笛の吹き方。
もっと言えばJ初年度は、巨人阪神のように、マリノス・ヴェルディがJの先頭に立ち
他がそれを追いかける・・・鹿島が1st優勝?困った。
じゃあヴェルディ関係の高田主審を、審判に・・・
これは妄想かもしれないが、「岡野俊一郎さんから観戦を学んだサッカー」で
Jを見ていれば、納得できると思います。
Jと審判とメディアに負けない鹿島を、好きにならざるを得なかった自分がいます。

ちなみにミュンヘンWC決勝、日本で初のTV生中継を見ていました。
まだTVでサッカーが、まれにしか放送していた時代です。

この記事を浦和のサポーターにもぜひ読んでもらいたいですね。驚くことに浦和サポーターの中では、「何で森脇だけなんだ?小笠原も罰しろ!」や「小笠原に
してやられた」のような意見も多く、何故そのような考えになるのかと疑問と共に悲しくなりました。客観的、逆の立場で考える事はできないのかと。
ロッカールームで泣いていた選手の事を考えると胸が締め付けられます。
鹿島だけでなく、Jリーグ全体の事も考えて、批判も覚悟で行動してくれた小笠原選手を誇りに思います。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク