聖真、ミスが出てもカバーし合えている

J1鹿島、ホーム神戸戦 町田、リーグ戦初先発か
組織的守備の連動 鍵


ボールを競り合う伊東(左)と土居=クラブハウスグラウンド

明治安田J1第11節は14日、各地で9試合を行い、鹿島はカシマスタジアムで神戸と対戦する。キックオフは午後2時。鹿島は前節首位に立ったが、5位までは勝ち点3差以内で負ければ陥落の可能性がある。ホームで手堅く勝ち点を積み重ね、首位を維持していきたい。通算成績は7勝3敗、勝ち点21。

鹿島は10日のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)ムアントン(タイ)戦も勝利し、公式戦は4連勝中。土居は「ミスが出てもカバーし合えている」と、組織力向上の手応えを口にする。

今節はその組織力が本物かどうかが問われる。12日の練習中、ここまでフル出場で守備を支えてきた植田が太ももを痛め13日の練習を回避。植田は出場に意欲を示しているが、23日にACL決勝トーナメント1回戦が控えており、大事を取る見込み。

センターバックには町田か西が起用されそう。守備陣の顔触れが変わっても組織的に連動してボールを奪えるかが、試合の行方を左右しそうだ。



神戸戦に向けてコメントを発した聖真である。
「ミスが出てもカバーし合えている」とこのところの好調の理由を述べる。
連携が深まり、組織力が向上しておる様子。
この組織力にて、CBに変更があってもカバーし合えることを願う。
ここまでフルタイム出場を続けてきた植田の欠場は痛い。
しかしながら、結束にて戦えば、勝利を掴み取ることは叶おう。
また、先発予想に夢生の名前が挙がる。
ムアントン戦を欠場し、前々日練習の紅白戦ではサブ組であったが、昨日の前日練習では主力組に入った模様。
エースの復帰は大きい。
攻撃陣はベストメンバーを組んだ。
ホームの声援を背に、攻撃力で優り、神戸に勝利したい。
楽しみな一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

メンバーが動くので、固い試合展開になるのではないでしょうか。
前半のうちに先制して、後半の早いうちに守備に重心を置ける三竿健や永木といった選手を投入できる状況にしたいですね。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク