広州恒大戦先発予想

鹿島、攻撃陣の奮起鍵 ACL決勝T、広州恒大戦

広州恒大との第1戦を前に記者会見に臨む鹿島の石井監督=22日、広州(共同)

サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は23日、各地で16強による決勝トーナメント1回戦を行う。E組を首位で通過した鹿島は中国・広州天河体育中心体育場でG組2位の広州恒大(中国)と対戦する。キックオフは午後8時(日本時間同9時)。

決勝トーナメントは1回戦からホームアンドアウェー方式が採用され、鹿島は第1戦を敵地で戦う。鹿島は今大会、敵地では1勝2敗と苦しんでいる。石井監督は「相手は当然厳しく来る。そこを勝っていかないとこの先も勝ち進めない」と気を引き締める。

気掛かりなのはけが人の多さ。特にセンターバックは町田の長期離脱に加え、植田と西も負傷により遠征メンバーから外れた。この試合は本職でない三竿健か梅鉢の起用が予想される。

守備力に不安が残るだけに、攻撃陣の奮起が不可欠となる。土居は「ゼロで試合を進めるのは難しい。取れるときに取りたい」とゴールへの意識を強めた。

鹿島は2年前のACL1次リーグで広州恒大と対戦し、敵地では3-4で敗れた。その試合を経験した山本は「どこよりもアウェーを強く感じた」と振り返る。5万人近い相手サポーターがつくり出す会場の雰囲気は独特で、山本は「しっかり入らないとのまれる」と警戒を強めた。 (藤崎徹)



2年前の対戦を語る脩斗である。
「どこよりもアウェイを強く感じた」、「しっかり入らないとのまれる」と独特の雰囲気を伝える。
この中でプレイできるのもアジアの戦いならでは。
強い気持ちが求められよう。
また、聖真は、「ゼロで試合を進めるのは難しい。取れるときに取りたい」と数少ない得点機への集中力を高める。
2年前は1G1Aを記録しており、相性が良い。
必ずやアウェイゴールを奪ってくれよう。
また、懸念材料のCBには三竿健斗が起用される様子。
得意のコーチングで守り切って欲しいところ。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

三竿健がCBとしての結果も出して
浩二のような選手になってほしい

No title

0-0狙いでドン引きして、早い時間に失点してゲームプラン崩れて大量失点と言うのが最悪のシナリオです。
ここは中盤の守備のウェイトを上げつつも、1点を取りに行くサッカーして欲しい、その結果1-1だったら御の字、1-2で負けても次に繋がると思います。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク