三竿健斗、ボランチでもセンターバックでも自分の良さを出せる

【鹿島】MF三竿健、初のCB先発有力「もともと守備が好き」
2017年5月23日7時0分 スポーツ報知

 ◆アジア・チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦◇第1戦 広州恒大―鹿島(23日、広州天河体育中心)

 【広州(中国)22日=内田知宏】鹿島MF三竿健斗(21)が自身初のセンターバックで広州恒大戦に先発することが22日、有力になった。この日の公式練習で主力組に入った模様。センターバックの植田、町田が負傷離脱し、経験者の西も負傷で帯同していない。ブエノは助っ人枠で登録外だ。

 本職が昌子しかいない中で抜てきされる三竿健は「紅白戦ではやったことがある。もともと守備が好きで自分の特長。(本職の)ボランチでもセンターバックでも自分の良さを出せる」と意気込んだ。決勝T1回戦は過去に4度敗れている鬼門。石井正忠監督(50)は「最低でも勝ち点を取る」と選手の奮闘を期待した。


CBとしての先発起用に意気込みを語る三竿健斗である。
「紅白戦ではやったことがある。もともと守備が好きで自分の特長。ボランチでもセンターバックでも自分の良さを出せる」と語る。
思い起こせば、優勝したU-22アジア選手権でも、U-17W杯でもCBとして招集されておった。
ここはこの国際経験を活かすところ。
健斗の躍動にて広州恒大の強力な攻撃を封じ込めるのだ。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

怪我人続出の中で複数ポジションをこなしてくれる選手はありがたいですね。
今日は勝ち点を何としてでも取りましょう

No title

この状況は昌子が2012年のナビスコカップ決勝で新井場の代役として左SBで出場した時の状況を彷彿させます。
昌子はあの時不慣れなポジションで清水のキーマンである大前を抑えて、その後の躍進のきっかけを掴みました。

三竿もCBで広州の強力アタッカー陣を完封して飛躍のきっかけにして欲しい。
同年代でブレイク中の井手口や手塚と比較してもポテンシャルじゃ絶対に負けてないと思っています。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク