シャルケ・篤人、パパがんばらなくっちゃな

内田篤人「パパがんばらなくちゃな」
復帰、控え、子供……激動の1年間。

posted2017/05/26 08:00


シャルケのホーム、フェルティンス・アリーナで、内田篤人は今も絶大な人気を誇る。愛嬌と闘争心が同居するサイドバックの完全復活を誰もが待っている。

text by
了戒美子
Yoshiko Ryokai

photograph by
AFLO


 徐々にではあるが手応えは得た。自信だってある。

 だが、評価がどうしてもついてこない。そんな状況で内田篤人の'16-'17シーズンは終わった。プレーすらできなかった昨年までと違い、3月下旬以降は90分の出場も問題なくこなせる状態にまで戻っていた。

 なのに、チャンスがこない。リハビリ中とはまた違う、自分だけではどうにも出来ないストレスを、どうにか内田はやり過ごした。並の選手だったら、普通の人だったら、そんな状況にどれほどの期間耐えられただろうか。

 本人の「高校上がりですから」という強靭なメンタルは大前提として、沈みかける気持ちを支えたのは、まぎれもなく家族の存在だった。

 家族をドイツに呼び寄せた2月、内田はそれまで伸ばしていたあごヒゲを剃った。「子供が来るからさ、ヒゲ剃っとけって奥さんに言われて」というのが理由だそうだ。だが突然ヒゲがなくなり、つるっと若返った印象の内田は、家族の来独と共に気合を入れ直したようにも見えた。

 当時シャルケはELを戦っている最中で、ギリシャのPAOKテッサロニキ戦のホームアンドアウェイ2試合があった。もちろんメンバー入りすることを念頭に家族の来独の日程を組んだ。だが、出場はおろかメンバー入りさえ叶わなかった。

みんなと一緒に練習することが目標だった1月。

 今シーズン後半戦の内田は、そんな風に小さな目標を少しずつ設定しながら、復帰を目指してきた。昨年12月にアウェイのELザルツブルク戦で復帰を果たしており、次の目標は公式戦はホームのリーグ戦で復帰することだった。細かなステップもたくさんあったわけだ。

 まず1月は、スペイン・アリカンテでのキャンプに同行した。このキャンプでの目標は「ずっとみんなと行動を共にすること」。つまり、痛い箇所がでて別メニューや治療に移行するわけではなく、この手の1週間ほどのキャンプで比重が大きいフィジカルトレーニングや、試合形式も全てこなすことができた。

 最終的には練習試合にも45分出場し、ひいき目なしに存在感を見せた。シャルケの番記者たちには、ドイツ語でのインタビューに応じた。英語でもいいから必要そうだったら通訳をとクラブ広報から頼まれていたのだが、その必要は全くなかった。内田を取材するドイツ人たちの嬉しそうな様子は決して、社交辞令ではなかったはずだ。

試合直前で、自分の判断で出場を取りやめたことも。

「全メニューこなせたのが良かった!」

 クラブの許可を得て、個人的にケアとトレーニングを受けるトレーナー吉崎正嗣氏も帯同した。万全を期したキャンプは大成功だった。

 しかし、そのまま復帰へ……、とスムーズな移行とはいかなかった。スペインキャンプを終え、ドイツ国内での練習試合での起用もヴァインツィアル監督は検討したようだが、今度は左内転筋を痛めメンバーを外れた。

 2月上旬にはドイツ杯3回戦ザントハウゼン戦で、前々日まで先発組で練習していたが、この時も本人の判断で止めている。

 2月下旬には今度は腰から背中に痛みが出て、注射も打っている。メディカルスタッフに止められて、練習を休まされることもあった。「とりあえず3日は待ってくれって言われてさ」などと不本意そうに話していたのもこの頃だった。

「コーチと監督がひそひそ話してて……」

 3月に入ってからは痛みを訴えることもなく、練習に合流した。3月下旬代表戦期間中に行われた練習試合で、ようやくフル出場。シャルケの中で代表招集されていない若手と組んでの試合で、かみ合わないところも多かったがそれでも「いつぶりかわからない」(実際は約2年ぶり)のフル出場は、感慨深かった。この時は目標とした「90分間のプレー」に加えて収穫があった。

「次の日になっても痛みが出なかった。それがなにより嬉しいんだよね。試合をやった翌日ならではの筋肉痛はあるんだけど」

 半ば筋肉痛を楽しむような、そんな口ぶりだった。ようやくそこまで来たわけだ。

 だが、その後はチーム事情も大いに影響して、思い描いたとおりには進まなかった。普通どおりに練習に参加しながらも試合では出場なし。

 それでも、チャンスの気配は何度もあった。たとえばベンチ入りしたダルムシュタット戦、2日前にはこんなことがあった。

「コーチが監督とちょっとひそひそ話してて、そのあとコーチから『今日はお前全力でやれよ』って言われて。多分、俺のこと監督に話してくれたんだろうね」

 当初は19人目としてのメンバー入りだったが、当日の練習を見て18人目に繰り上がった。

「とりあえず良かったよね。見てくれてるっていうことだから」

 と素直に喜んでいたが、内心はどうだっただろうか。

内田をよく知らない新しいスタッフも。

 内田がシャルケに入団して7シーズンが経過した。

 最初の1年は特に華々しく、ドイツ国内ではポカールで優勝、欧州ではCL準決勝に進出した。ラウール、ノイアー、ファルファン、ドラクスラーといった当時のスペシャルな選手たちはシャルケをすでに去ったし、フンテラールも今季限りで退団する。当時からの主力で残っているのは内田とヘベデスくらいなものだ。

 一方で、クラブは体制の立て直しに着手したばかりだ。'16年にはハイデルSDらを迎え上層部も入れ替わった。バインツィアル新監督が開幕5連敗しても、最終的に10位という不甲斐ない結果をだしても交代の噂すらたたないのは、長期的な立て直しの最中という解釈からだろう。

 '16年以降のスタッフに内田はいまひとつ馴染みがなく、「誰もおれのことを知らないからなー」とぼやく場面もある。だから、なかなか内田の起用に踏み切らなかったチームと決別し、フレッシュな環境を選択するのもひとつの手。もちろんシャルケでスタメンをもう一度奪いに行くのもあり。珍しく内田の去就が注目を集める夏になる。

「ヒゲがあるとね、子供がさわってくるの」

 2月以降、時間とともに、内田のヒゲは再び伸びてきた。今回は奥さんからの剃れという指令は受けていないようだ。ヒゲを伸ばしたい理由もある。

「ヒゲがあるとね、子供がわかるみたいで手を伸ばしてさわってくるの。表情も出てきて可愛くてさー」

 すっかりデレデレしながら、こうも言う。

「パパがんばらなくっちゃな」

 5月13日ホーム最終節HSV戦は、子供をスタジアムに連れて行きお披露目もした。所属事務所からリリースもでて、内田のヒゲは再び剃られていた。

 怪我で空白になってしまった2年の間に、内田には大きなモチベーションができた。もう一度輝くために、それはなによりも必要なものかもしれない。

 来季こそ、内田はもう一度トッププレイヤーに返り咲く。その準備はできている。


シャルケの篤人について記すNumberWebの了戒女史である。
2017年になり復帰の声が聞こえてからの篤人の立ち位置、考えが伝わってくる。
そして、パパとなり愛娘との触れ合いが感じられてとても良い。
家族のためにも来季はピッチで輝く篤人を見ることとなろう。
去就も含めて楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

内田が戻って来てくれれば、オプションで西を一列上げて・・・とか妄想してみる。
まあ、家族をドイツに呼び寄せているなら、シャルケから離れるにしてもドイツ内のクラブになるのだろうけど。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク