ACL・広州恒大戦前日会見

公式練習


広州恒大戦を明日に控え、選手たちはクラブハウスで公式練習を実施しました。冒頭15分のみメディアに公開されました。スタジアムで行われた公式会見には、石井監督と山本選手が出席しました。

広州恒大戦前日トレーニング(公式練習&公式記者会見)
2017年05月29日(月)

AFCチャンピオンズリーグ2017 ラウンド16第2戦・広州恒大戦を明日に控え、選手たちはクラブハウスで午前中に公式練習を実施しました。メディアに公開された冒頭15分間では、ボール回しでのウォーミングアップを行いました。







午後にはカシマスタジアムで公式記者会見が開催され、石井監督と山本選手が出席しました。



石井 正忠監督:
「まずは得点を取ること。90分で勝負を決めるためには2点以上の差をつけて勝つことが大前提なので、それに対して攻撃の部分を意識してトレーニングをしてきた。しかし、失点してはいけないので、守備のところもしっかり意識してトレーニングをした。
どのような攻撃をするかは、試合を見て感じてもらいたい。攻撃で(ボールの)失い方が悪いとカウンターを受けてしまうので、それをさせないためにどう攻撃するのかをトレーニングで意識させた。植田選手と西選手に関しては非常に状態が良い。チームの力になってもらえると思う。(勝つ確率は)戦ってみないと分からない。次に勝ち上がるためにまずは失点しない形から入りたい。90分で勝つために、2点以上を取ることを意識した。その準備はしっかりしたつもり。PK戦に入ることは当然、あり得る。全ての状況についての対応はしてきた」



山本 脩斗選手:
「自分はサイドバックなので、守備の部分は常に頭に入れながらプレーする。アウェイで0-1という結果だったので2点を取らないと勝てないし、その2点を取るために自分だけではなくチーム全員で攻撃の意識を高めながら戦いたい。ただ、アウェイの時のように(ボールの)取られ方が悪いとカウンターを受けてしまう場面もあるので、シュートで終わってリスクを減らさないといけない。ボールを取られて状況が悪くなっても、後ろのメンバーでカバーしあって、リスク管理を攻守において考えながら戦っていきたい。そうしなければいかなければ勝てない試合だと思う」

広州恒大の出席者は第1戦と同じくルイス フェリペ スコラーリ監督とキャプテンのジョン ジー選手でした。

ルイス フェリペ スコラーリ監督:
「すべて計画通りに順調にきている。広州で風邪が流行っているので数名、風邪気味の選手がいるが、スタッフに全力を尽くしてもらって、すぐにでも回復できるようにしている。いずれにせよ非常に良い準備ができているし、素晴らしい試合になると思う。疲れているように見えるかもしれないのは、これは元々、不細工な顔だから。相手の監督が2-0、3-0と言っていたことに関しては、当然のことだと思う」

ジョン ジー選手:
「非常に良い準備ができた。監督が言った通り、数名、風邪気味の選手がいる。だが、スタメンの11人は揃えることができる。中国と日本の気候の差があって、体調を崩しているけれども準備はしっかりできている。(第1戦を終えて)前半90分が終了して、これから後半の90分がスタートする。一度、対戦しているのでお互い特長が良く分かっていると思うし、第1戦よりはタフな試合になる。その中で勝利を手にできればと思っている」

会見後に広州恒大はカシマスタジアムで公式練習を行いました。冒頭15分間のみがメディアに公開されました。

鹿島 石井監督 広州恒大戦は「厳しい戦いになる ラウンド16を勝ち抜きたい」

ACL広州恒大戦の前日会見に臨んだ石井監督(左)とDF山本
Photo By スポニチ


 広州恒大(中国)とのACL決勝トーナメント1回戦・第2戦のホーム戦に臨む鹿島は29日、鹿嶋市内で前日会見に臨んだ。23日の第1戦・アウェー戦では0―1で負けており、90分間で準々決勝進出を決めるためには2点差以上での勝利が欠かせない。石井監督は「厳しい戦いになるが、いい結果を出してラウンド16を勝ち抜きたい」と話した。

 鹿島は過去に4度決勝トーナメントに進出しているが、いずれも初戦で敗退。今回が5度目の挑戦となる。第1戦はDF西が足の張り、DF植田が右太腿痛で欠場したが、ともに先発復帰が濃厚だ。指揮官は「状態はいいので、力になってくれるんじゃないか」と2人に期待を寄せた。
[ 2017年5月29日 17:07 ]


ACL・広州恒大戦に向けた公式前日練習と公式会見の様子である。
石井監督と共に会見に出席したのは脩斗であった。
2nd legということで、対策・準備は十分という気概が伝わってくる。
脩斗は「ボールを取られて状況が悪くなっても、後ろのメンバーでカバーしあって、リスク管理を攻守において考えながら戦っていきたい」と言う。
2得点が必要ということではあるが、前掛かりになり過ぎることなく、バランス良く戦うところ。
まずは1点、そこを目指そうではないか。
また、夢生も笑顔にて練習に参加しておる。
起用法がどのようになるのか注目と言えよう。
楽しみな一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク