2TOPは優磨とペドロ・ジュニオール

鹿島、逆転で8強狙う ACL30日広州恒大戦
好調鈴木、得点に自信


2トップが予想されるペドロジュニオール(左)と鈴木=鹿嶋市内

サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は30日、各地で決勝トーナメント1回戦第2戦を行い、鹿島はホームのカシマスタジアムで広州恒大(中国)を迎え撃つ。敵地での第1戦を落とした鹿島は、逆転で初の8強入りを目指す。キックオフは午後7時。

29日の練習は冒頭の15分以外を非公開とし、セットプレーの確認やPKの練習を実施したとみられる。2トップの一角には第1戦で左足首を痛めたエースの金崎に代わり、鈴木が入りそうだ。今回は引き分けでも敗退してしまうため、勝ち進むにはゴールが絶対条件。今大会チームトップの4得点を挙げている鈴木は「(点を取るのが)FWの役目。ACLにはいいイメージがある」と自信を見せる。

失点は命取りとなるため、攻撃に重心を置きながらも守備のリスク管理は徹底したい。広州恒大はパウリーニョら3人のブラジル人が絡んだ攻撃が強力。鹿島は1対1で負けない覚悟が必要だ。けがで第1戦を欠場した植田は「少し休んだのでフレッシュな状態。みんなを少しでもサポートしたい」と活躍を誓う。

鹿島は過去のACLで、決勝トーナメント1回戦を突破したことがない。昨年、全北(韓国)でACL優勝を成し遂げたGK権純泰は「ジンクスは破るためにある。破って次につなげる」と力強く語った。 (藤崎徹)

■鹿島の準々決勝進出への条件
(1)2点差以上の勝利。
(2)1-0で90分を終え、延長戦(15分ハーフ)で勝利する。延長で決着がつかなかった場合はPK戦で勝利。
※1-0以外の1点差勝利の場合は得失点で並ぶが、アウェーゴールの差により敗退。



ACL・広州恒大戦の先発予想をする茨城新聞の藤崎記者である。
植田と西が負傷明けで戻り、2TOPは優磨とPJが担うとのこと。
優磨は高いモチベーションを持っており、期待させる。
「ACLにはいいイメージがある」と語る。
イメージ通りにゴールを決め勝ち上がりに貢献するのだ。
声援を送りにスタジアムに向かう。
決戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

前線からのプレッシャーがない布陣でどう戦うのか興味深い。攻撃の基点である遠藤もいない。戦えるのか?

昨日の練習には金崎も出ていたみたいですが、やはりまだスタメンは無理ということなのでしょうね。遠藤が使えないのは仕方ありませんが、とにかく点を取らないといけない試合で、金崎もいないのはかなり痛いですね。
何か秘策があるなら良いのだけど。

ムウとヤスと言う前線のボールの収めどころを2つ欠くのは相当痛いですね。
今シーズンはいい形で攻めてるのに点が入らない試合多かったので、今日は逆に内容悪くてもPJ、レアンドロの個の力で少ないチャンスものにするという展開にならないかなと思ってます。

土居がキーマンになりそうですね。
キープ力は遠藤が傑出してるけど土居も相当なもの。

レアンドロは前半の出来が悪ければ、三竿を入れて永木を前に出すのも一考。中村もいる。

前の2人もユウマが点を取ることに集中すれば大丈夫かと…。

むしろペドロとの関係性はユウマの方が役割がはっきりして良いんじゃないですかね。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク