優磨、それがFWとしての役目

鹿島鈴木ハットでACL逆転8強へ「それがFW」
[2017年5月30日7時49分 紙面から]


笑顔でパスを出す鹿島FW鈴木(撮影・鎌田直秀)

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は今日30日、決勝トーナメント1回戦第2戦が行われ、鹿島アントラーズは広州恒大(中国)とホームで対戦する。第1戦で0-1と敗れたが、先発が有力なFW鈴木優磨(21)は逆転8強に自信を見せ、プロ初のハットトリックまで目標に掲げた。

 鹿島FW鈴木が本拠カシマで8強進出の主役を担う。今大会ホーム3戦すべてで得点し、計4得点。90分で勝つには2点差以上の勝利が必要なだけに、プロ初のハットトリックの期待を寄せられると「それがFWとしての役目。とれたらいい」と目を輝かせた。相手守備を「ボールウオッチャーになる場面も多い。組織というより個の強さ。Jリーグよりも自分の情報が伝わっていないのでやりやすい」とし、強気な姿勢を貫いた。29日は茨城・鹿嶋市で調整し、右太もも痛で離脱していた植田、西の両DFも先発復帰する見込みとなった。

鹿島・鈴木、“8強弾”宣言!「いいイメージがある」/ACL
 鹿島のFW鈴木が8強入りへ自信をのぞかせた。30日、ホームでアジア・チャンピオンズリーグで広州恒大(中国)との第2戦に臨む。クラブ初の決勝トーナメント初戦突破には勝利が絶対条件となる。1次リーグのホーム全3戦で得点を挙げている鈴木は「いいイメージがある。(得点は)いけると思う」とゴール宣言。29日は冒頭15分以降、非公開の練習を行った。 (鹿嶋市)


意気込みを語る優磨である。
記者にハットトリックへの期待を問われると、「それがFWとしての役目。とれたらいい」と答える。
自信に満ちあふれ目を輝かせておる。
広州恒大とは二度目の対戦となり、相手ディフェンスのクセも見抜いた様子。
「ボールウオッチャーになる場面も多い。組織というより個の強さ」と分析しておる。
抜け目なくゴールを奪い、逆転に貢献せよ。
優磨の活躍を楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク