石井監督解任

石井監督 解任について
2017年05月31日(水)

鹿島アントラーズは本日(31日)、AFCチャンピオンズリーグ2017での敗退を受けて、今季の成績を総合的に考慮したうえで石井 正忠監督との契約を解除することを決定しましたのでお知らせいたします。

<プロフィール>
■監督名: 石井 正忠(いしい・まさただ)
■生まれ: 1967年2月1日、千葉県出身
■2015-17シーズン通算成績
J1リーグ通算 60試合36勝5分19敗
リーグカップ通算 11試合5勝2分4敗
天皇杯通算 8試合7勝1敗
FIFAクラブワールドカップ 4試合3勝1敗
AFCチャンピオンズリーグ 8試合5勝3敗
スルガ銀行チャンピオンシップ 1試合1敗
FUJI XEROX SUPER CUP 1試合1勝
公式戦通算成績: 93試合57勝7分29敗


石井監督を解任した鹿島である。
これは、驚き以外の何物でも無い。
石井監督は多くのものをクラブににもたらした。
その功績は計ることが出来ぬ。
それをこのような形にすることはとうてい納得は出来ぬところ。
とはいえ、決断がなされた以上、従う以外にない。
石井監督が次に指揮するクラブはどこになるのであろうか。
良い報を待っておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

解任は早すぎる気がする。
理由次第ではしょうがないと思うけど、余りにも早すぎる。

何が理由なんですかね?

No title

ちょっと驚いた
ACLを敗退した場合の解任は、
シーズン前から決められていた事なのかものれない

石井監督からの申し入れなのでしょうか?
そうであったとしても、早過ぎです。
最近の不振は監督だけの責任ではない。

昨年2冠・CWC準優勝でも解任とは厳しい世界だ。

No title

納得はしてません。
文句もあります。

ただ、石井さんに「これで監督として一人前だな!!」って笑って言ってくれる人が。
そういう人が近くに居てくれることを祈ります。

本当にありがとう。これに尽きます。

ACLもそうですがどちらかと言えばリーグの順位の方が問題なのかなという気もします。今年は絶対優勝しなくてはいけない年だと言うクラブの意思表示にも見えます。

残念です…

今季、共に戦ってきた選手達はどういう気持ちなんだろうか…

No title

昨年末の鹿島の躍進は、今まで20年以上サッカーを見ていて最も興奮した時間でした。
その時間を過ごさせてくれた石井監督には感謝しかありません。

しかし一方で”絶対優勝”が掲げられたはずの今年のリーグ戦の成績、ACL敗退など現状を鑑みると解任も止む無し……とも思い複雑な気持ちです。

No title

解任するの、早過ぎではないかと思います。監督をころころ変えるチームになって欲しくないですが・・・・

No title

これで今季のタイトル逃したら、石井さんを解任した意味がないし、

タイトル取れたら、石井さんの時にもっと頑張ればという気にもなるし、

とても複雑ですねー。

マネジメントも問われると思いますけど、結局は選手ありきだと思いますけど。

とにかく、国内タイトルを全て取ってこのモヤモヤを払拭して欲しい。

信じて応援あるのみ!!

本当にお疲れさまでした。

選手を大切にし、選手の”個”を大切にする心優しき監督だったと思います。
また、誰よりもサポーターの事を気にかけ大切にしていた監督だったと思います。

愚直で、真面目で、本当にナイスガイな監督だったと思います。
それだけに、解任にはとても悔しい思いでいっぱいです。

ACL、今シーズンの成績不振等を総合的に勘案しての決断とのことですが、
昨年体調不良で1試合穴をあけてしまったことがありましたので、
今シーズンの続投にあたってはその件も影響していたのではないかと思います。

ともあれ、石井さんが監督に就任してからのおよそ2シーズンは本当に楽しく
幸せな期間でした。沢山のタイトル、名勝負をありがとうございました。

チームスタイルやと石井さんの哲学から、仙台や、新潟、清水、ガンバ等が
次期監督として睨んでいるかもしれれませんが、どこにいっても難敵になりそうですね。

今後のご活躍を祈念したいと思います。
まずはゆっくり静養なさってください。

案外納得してる人もいるんじゃないですかね。私も、ACLの結果を受けてという理由には納得しないですが、解任自体はいくつかの点であり得る話かなと思いました。無情ではありますが…。

No title

もう一度あの舞台へ
が目標というのはある意味
例えが良くはないが麻薬みたいなもので
いくら不屈のジーコスピリッツがある鹿島でも
このまま切り替えて国内3冠は理屈で分かっていても
モチベーションが維持できないと
考えると石井さんには気の毒だが解毒剤的に
解任しかなかのでは…
いい夢を見させて頂いた石井さんに感謝です。

これが通常のシーズンであればこの時期の解任は有り得なかったと思う。黒船「DAZN」の分配金が今後のチーム編成に大きく影響すると睨み、補強に例年にない投資をしたフロントとしては致し方ない判断だったのではないでしょうか。
石井さんには感謝しかない。沢山の興奮と大きな夢を。本当にありがとう。

石井さん監督の約二年、ワクワクで本当にし楽しかったです。セレーゾ解任のあの時に比べようもないくらいの寂しさ、失恋にも近い気持ち。

No title

gelマガで「敗退なら解任かも」とあったので、何となく予想はしましたが。
上層部も元々そのつもりだったと思います。
石井監督の去就は、去年の健康問題以降不安体であったと思うので
解任もしくは辞任はある意味時間の問題であったのかなと。
でも残念なのが解任で鹿島との繋がりが絶たれてしまうこと。
何らかの形で復帰はあるかもしれませんが、長年コーチでやってきた人
ましては、日本人の監督としてはトップと言ってもいい実績のある人を失うのは余りにも痛すぎる。
チームとしては非情にならなければいけないのは分かりますが。。
大岩コーチが昇格しますが、結果が出せなければまた解任されるでしょう。次は柳沢でしょうか?
あくまでも代行監督で、外部から招へいするのが今後の為でもあるのかなと思いました。

No title

記事見て「え!!!」って声出てしまいました
まさかの解任・・・本当に石井監督に責任負わせていいのか?
監督よりフィジカルコーチの方を解雇すべきなんじゃ・・・
これだけ怪我人出るんじゃ誰が監督でも厳しいものかと思います

プロの世界故致し方ない部分はあるけど、石井前監督が敵に回ると考えると恐ろしい

辛い時期の監督本当に感謝です
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク