大岩新監督、石井さんのために

鹿島・大岩新監督が始動「石井前監督のために」
 J1鹿島の石井正忠監督(50)の解任に伴い、コーチから昇格した大岩剛新監督(44)が、31日、茨城県鹿嶋市内で練習の指揮を執った。
 練習前のミーティングで監督として初めて選手と対面。「このクラブの目標は高いところにある。個々がそれぞれの立場で責任を感じ、ピッチ内外で責任ある行動、プレーを求めていこう」と訴えた。
 この日、午前中には石井前監督と対面。「申し訳ない」「ありがとう」という言葉を受けて「うまくサポートできなかった」と伝えた。「石井さんのために、というのは僕らの中に存在する。それを内に秘めてチームは前に進まないといけない」と話した。
 鈴木満取締役強化本部長は「変化をもたらしたほうが勝つ可能性が高まると思ったので人事をした」と明かす。新監督は「チームは前に進まないといけない。選手が前進すること、継続すること、少しでも成長、レベルアップすること。タイトルを取るために責任を持ってやりたい」と“戴冠”を約束した。


初練習を指導した大岩新監督である。
「チームは前に進まないといけない。選手が前進すること、継続すること、少しでも成長、レベルアップすること。タイトルを取るために責任を持ってやりたい」と言う。
今季のタイトルは大岩監督に託した。
また、鈴木満常務強化部長は「変化をもたらしたほうが勝つ可能性が高まると思ったので人事をした」と説明する。
この変化が良い方向に動き、シーズンの最後に笑いたい。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

リーグ戦で結果を出すための監督交替、石井さんに報いるためにも大岩新監督と選手には尚一層の奮起を期待しています。

No title

今は調子悪くても、最終的には何とかなるはず。

そんな空気では今期はタイトルが取れない。

石井さんはシーズン半ばで監督に昇格して、立て直しタイトルをもたらした功労者。

それでもACL一つ逃しただけで、解任という荒療治をするクラブに本気さを感じる。

後は選手にどこまで伝わるか。

もはや待ったなし。

だけど、そんな鹿島だからこそ応援したいし、タイトルを取れば喜びも増すはず。

応援あるのみ!!!
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク