石井監督解任に寄せて

石井監督の解任が発表されて一夜が明けた。
ここで一つ意見を述べたいと思う。
石井監督が名将であることは獲得タイトルと通算勝率が物語っておる。
綿密なスカウティングによる対応と、試合中の戦術変更も多彩であり、戦術家として評価するところ。
また、人格者であり、人に慕われるという意味でも、上に立つ人物としても素晴らしい。
そして何よりも、サポーターとの距離を縮めようとする姿勢が、これまでに無い監督であった。
スタジアムや練習場に多くの人々が訪れるようになったことも石井監督の功績の一つに数えたいところ。
これほどの監督を手放すことになったかについては、疑問が残る。
鈴木満常務強化部長は理由として、「石井監督に能力がないというわけではない。ただ、チームは生き物。いろいろな変化をしていく中、それに合った監督を起用しないといけない」「変化をもたらしたほうが勝つ可能性が高まると思ったので人事をした」と言う。
「変化」という意味では、内部昇格の大岩新監督という選択は、最終的なものではないように感じさせられる。
そもそも、昨年末にCSを制し、誰もが石井監督が続投を信じておった際にも大岩コーチの昇格が取りざたされており、大岩監督の誕生は既定路線だったように感じる。
そして、この際にも大物外国人監督も臭わせられておる。
裏では、大きな動きがあるのではなかろうか。
報道のコメントや内部情報を多く流してくれる有料メルマガを含めて、真実が語られておらぬ事も、この解任劇に闇を感じさせられる。
後任について、まだ動きがあろうとも、石井さん以上の結果を残して欲しいところ。
そして、今回、解任の憂き目に遭おうとも、石井監督は鹿島の大きな歴史を刻み込んだレジェンド監督である。
本当にありがとう。

コメントの投稿

非公開コメント

選手起用や調整法などで、かねてよりフロントと監督が食い違う場面があったって言ってますね。
どういうことで食い違ってたのかすごく気になるところですし、解任の中には石井さんの意向も含まれてたのかなって少し思うとからもあったんですが、石井さん的にはもっとやりたかったんじゃないかなって今はそう思えます。
大型補強に見合った結果が出なかったとか言ってますしそれは確かにそうかもしれませんけど、補強組が不発だったのって監督のせい?と、甚だ疑問です。
過密日程で使い倒してコンディション上がらなかったわけでもないだろうに。
まぁレオは結構使ってたなって印象ですけど、レオは結果出してたと思いますし。

私も石井さんになってから鹿島アントラーズというチームが近い存在になった気がしていました。
勝っても負けてもいつもサポーターのことを一番に気にかけてくれて、ホームでなかなか観戦できずにテレビやアウェイでしか応援できなくても、その気持ちは届いてるし心は一つなんだなって思わせてくれた人でした。
色んなものをいただいたと思います。
大好きでした。
感謝しかないですね。

原理主義者さんと全くの同感です。5月の一連の悪い流れからのACLの敗退を受けて、もしかしたら監督解任はあるのやもと思っておりましたが、通算成績やタイトルが物語る名称を切り捨てて内部からの繰り上げ昇格とする意味があるのか。「暫定」との表記が見当たらないことから大岩監督で今期末までいくのではと予想しておりますが、大岩監督にはなんとしても成果を出し、我々に意味を見出させて欲しいです。我々も腹を括って応援したいところ。

三重の地より最愛なるアントラーズについて

住まいの関係もありスタジアムやクラブハウスには年1回行ければ良い方でもあり普段はテレビ観戦や関西東海エリアのアウェイ観戦が主でもあるため生での石井監督と接する機会がありません。
ただ、それでも試合前後のコメントを通しサポーター、ファン、スポンサー、スタッフそして選手に対するコメントを欠かさずにまず伝えてくれると云うのは凄く応援しがいがありファミリーというのをただ言葉としてではなく感じさせてもらえるものでした。
何より通算成績もタイトルでも実績を残しているため今年一杯は、という思いもあります。
ですがリーグ戦の現状を鑑みては今年上位を逃すことだけは避けなければならず動く必要性を感じたフロントのコメントも理解できます。
ドルトムントにても成績を出しつつフロントと意見の相違が見られたトゥヘル氏が解任されたのを見てもあり得ないことではあるかと思いました。
ただ最後まで『石井正忠をACL優勝監督へ』そして、もう一度このメンバーでCWCを闘うというのは選手、サポーターの共通認識であり願いであったのだけは信じたいと思います。
最後になりますが大岩新監督には石井さんの良き面は残しつつ積み上げと再構築を果たしてリーグ制覇を初め三冠を目指し進んでもらえたらなと思います。

セレーゾ解任の状況で、クラブが石井監督に全てを託した。

そして、2015年ナビスコ制覇。
あの時の鹿島サポーターの歓喜は、今でも覚えている。一生忘れることはない。

タイトルを熱望していた我々全員が石井アントラーズを求めていた。

それからこの解任劇。
本当にこれでよいのだろうか?
その答えは誰にも分からない。

石井監督そのものが鹿島だと思う。
石井スピリットを未来へ繋いでいくこと。

我々は石井監督から、タイトルの喜びと、大きな優しさを頂いた。

さよならは言いません。

ありがとうございました!
石井監督!


こう言う判断が出来るのは、Jでも鹿島だけでしょう…
石井さんは好きな監督でしたが、満さんがそう判断したのなら、受け入れ今度は剛さんを全力でサポーターも支えましょう‼️
石井監督ありがとうございました。

一晩たっても気持ちが追いつかないです。今までの移籍や人事でこんな風に思ったことはなかったのに。この釈然としなさは何事?この二年半あまりにも色々ありすぎて、石井監督の人柄もあいまって混乱中です。サポの意見も分裂しているようで不安です。足並み揃えて応援していけるのでしょうか。
結局のところ、内田選手のエッセイじゃないけど、「自分がみたことしか信じない」、が精神衛生上もいいのかなと。釈然としないし、疑心暗鬼になりそうだけど、ここでチームもサポーターもダークサイドに落ちるわけにはいかない、、なのでこの是非は、今後のリーグの戦いぶりをみて判断するのみ。選手やフロントはシーズン中に入れ替えができないパーツなだけ、皆明日は我が身と思って戦ってほしいと思います。いつまでも、強かった時代のプライドだけでは戦えません。自分達の力で強くならなきゃ。次の試合みるの本当にこわいけど、、

まさかの解任劇。

けが人が続出して、ただでさえ層の薄いCBと2列目が危機的状況。

監督を代えるだけで果たしてこの危機を脱せられるのかは甚だ疑問です。

石井さんには感謝しかないね。

ちょっとお休み

石井監督、お疲れさまでした。

並のチームなら、リーグで上位に居れば御の字なのかも知れませんが、
優勝以外は許されないのは厳しいですが、鹿島の宿命です。
しばらく休んでもらい英気を養ってください。
2年間で3冠+CWC準優勝ですから、今後進む道はたくさんあると思いますが、
鹿島でまた復活して欲しいです。

ありがとうございました。

同感です。サヨナラ石井監督

石井監督お疲れ様でした。

私も今回の補強は監督のサッカーに合わない人選としか思えなかったです。

Cwc天皇杯を
日本人選手中心で戦って結果がでました。

あーいう全員サッカーが石井監督はやりたかったんだろーなと思いました。

なのに契約に盛り込まれているのか最低でも何時間か使い続けないといけなかったのか守備の意識が低いブラジル人選手を使わざるを得なかったのかなとも感じとってしまいます。

フロントは伝統といえブラジル人ストライカーが好きですよね。
そのこだわりを今回の補強には強く感じました。

第二のマルキ
アルシンド
他歴代の点取りやストライカー
のサッカーを見たかったのかな、

石井監督は
やっぱり年末年始およびナビスコ優勝のサッカーがやりたかったんだと思います。
岡田元日本代表監督いわくピッチの選手がサボらずに動き続ければ相手の選手よりひとり分多くなる。

みたいなことを言っていたのを思い出します。


休養が必要だったのはあれだけ賞金がでたんだからハワイでもグアムでも慰安旅行にいってパーっとリカバリーなどもすればちがったきがします。最後は温泉でも皆で入って療養して美味しいもの食べたりとかね。

パレードはファンは嬉しいけど選手のリカバリーにはならないし選手もあの内容には苦笑いしてたし、


すごいまじめな監督だったのでそういう遊びも進言するのは難しかったかなと

今回のワイルドなストライカー2名も生真面目な監督との相性を考えたら?な感じでした。

またその辺りの遊びも身につけてまたかえってきてほしい監督のひとりでございます。

石井監督有難うございました。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク