広島戦コメント

2017明治安田生命J1リーグ 第14節




鹿島アントラーズ:大岩 剛
いろいろなことがあった中での試合だったので、正直、難しい部分もあった。それでも選手たちが前半から戦う姿勢を見せてくれて、良い試合の入り方をしてくれた。後半は少し苦しんだが、試合を終わらせることができた。一定の評価をしていいと思う。

Q.就任から間もなくして臨んだ試合だったが、選手たちに訴えたことは?

A.チームのコンセプトやベースになる部分は変わっていない。それをもう1回、思い出すということ。ボールを保持している時はシンプルに動かすということ。チャンスがあれば、積極的にボールホルダーを追い越していくこと。これらの動きができれば、相手にプレッシャーを与えることができるし、自分たちの速い攻撃をもっと促せると思う。それを選手に強く伝えて、試合へ送り出した。

Q.先発メンバーの起用基準は?

A.ケガ人がいる中で、選手の選択肢が限られていた。その中で経験のある選手、力のある選手がいるので、彼らを信じて起用した。今日で言うと中盤の中村、レアンドロ両選手のポテンシャルを信じていた。彼らに訴えたのは「一つのプレーで終わりじゃない。出して動く」ということ。そういう動きをやってほしいと伝えた。最終ラインについては、安定した守備のできるスカッドだと思っているので、自信を持って送り出した。2トップの土居と鈴木については、土居はサイドハーフをやる機会が多かったが、自分の中では中央で相手の最終ラインとボランチの間でボールを受ける力は日本を代表するものだと思っているので、そこで起用することで広島を押し込んでいくイメージを持っていた。

Q.初勝利の感想は?

A.ホッとしているということと、90分は長かったなというのが正直な感想です。

Q.後半に苦しんだという話があったが、柏選手の突破やシステム変更に対してどのように対応しようとしていたのか?

A.相手としては0-3ということで、攻撃に人数をかけてくることは予想していた。ただ、思いのほか、選手が受け身になってしまっていた。そこはうまく意図が伝わっていなかったのかもしれない。伊東と柏選手のサイドで1対1でやられていたので、西を入れることで数的優位を作れるかなと考えた。あとは時間が経つにつれて、柴崎選手や青山選手というボールの出し手へのプレッシャーが足りないと感じていたので、小笠原を入れてはっきりとしたポジショニングから圧力をかけたいと考えていた。そういう意図での選手交代だった。





【中村 充孝】
今日の試合は何がなんでも勝たなければいけなかった。その試合で勝てたのは大きい。得点の場面では先のプレーを考えて、まずは駆け引きをした。試合の中での一発目はシュートを打とうとしていたので、それが入ったことでその後のプレーもしやすくなった。

【レアンドロ】
自分が得点を決めて、チームが勝つことができた。嬉しく思う。クラブが決断をした中で、監督が求めたものを明確に表現できたと思う。

【植田 直通】
前半は良かった。でも後半はどちらが点を取るかで変わったと思うし、点を取られてから守備の意識が強くなったわけではないけど、もっと前から行っても良かったと思う。今日は結果が全て。勝つことが大事だった。

【鈴木 優磨】
剛さんの最初の試合だったし、勝ちたいという気持ちがみんなにあった。勝たないと意味がなかった。守備の意識が高かった。勝つことができて良かった。

【三竿 健斗】
前半は良かったけど、後半はボールを失う時間が多く、もっと早い判断をしなければいけなかった。前半はある程度うまくできていたので、後半は落ち着いてプレーできた。勝利に貢献できて良かった。

【永木 亮太】
前へ行く意識を高く持っていて、その中で得点につなげることができて良かった。監督が代わって、思うことはそれぞれの中にあると思う。選手の責任が一番大きい。責任を持ってやっていかないといけない。強いアントラーズをここから見せていけるようにしたい。

広島戦


本日行われたJ1 第14節 サンフレッチェ広島戦は3-1で勝利しました。

第14節
2017年6月4日(日)14:03KO Eスタ

[ 大岩 剛監督 ]
皆さん思われているとおり、いろいろあった中での試合だったので、正直に言えば難しい部分もあったんですけど、選手は前半から戦う姿勢を見せてくれて、良い入り方ができましたので、後半は少し苦しみましたけどゲームを終わらせることができたので、一定の評価をしてもいいんじゃないかなと感じています。

--ゲームに臨むにあたって、短い期間で選手にどんなことを訴えたのでしょうか?
チーム自体のコンセプト、ベースになる部分は全く変わっていないので、それをまずもう一回思い出すということ。あとは自分たちがボールを保持しているときにシンプルに動かすということ。チャンスがあれば積極的にボールホルダーを追い越していくこと。そういう動きができれば相手にプレッシャーを与えることができますし、自分たちのストロングの速い攻撃をもっともっと促すことができるんじゃないかと思い、それを選手に強く伝えて試合に送り出しました。

--先発メンバーの起用の基準はどのようなところに置いたのでしょうか?
ケガ人が多々いる中で、選手の選択肢というものは非常に限られていました。その中で経験のある、力のある選手はいましたので、その選手を当然信じて。今日で言うと中盤の中村(充孝)、レアンドロなんですけど、彼らのポテンシャルを信じて、彼らに訴えたのは「一つのプレーで終わりじゃないよ」ということ。先ほども言いましたけど、出して動く、出して追い抜いていく、という動きをやってもらいたいということを伝えました。

あとはディフェンスラインに関して言えば安定した守備ができる4人だと思いますので、自信を持って送り出しました。2トップの土居(聖真)と鈴木(優磨)ですけども、土居はサイドハーフをやっていることが多かったですが、僕の中ではやっぱり中央で相手のディフェンスラインとボランチの間で受ける力は、日本を代表するものがあると思っていますし、彼が得意とするプレーだと思いますので、そこで起用することで広島さんも押し込んでいくというイメージを持ちながら、今日の選手を選択しました。

第14節
2017年6月4日(日)14:03KO Eスタ

[ レアンドロ ]
うれしく思っています。得点できたこと、チームが勝ったことが一番良かったと思います。新監督がこうして欲しいということを明確に出してくれて、それを示せた部分があると思います。選手は継続して試合に出ることによって、何がどうなるか分かるものです。練習とは全く別物です。試合はプレッシャーがある中で状況は変わってくる。継続して出場できていたことが今日の結果につながったと思います。監督に何か言われて、今日の試合で変わったことは全くないです。監督からは「おめでとう」ということと、「パフォーマンスが良かった」と褒められました。それに対してお礼を言いました。自分の活躍よりもチームの勝点3が重要だったので達成できて良かったです。

[ 中村 充孝 ]
自分自身が点を取ったあとのプレーが全て。点を取ったことを見られますけど、それ以外のプレーをもっと上げないといけない。そこからもう一つ、二つギアを上げないといけなかったので、そこは反省と言いますか、しっかりやらないといけないなと自分自身では思っています。ゴールという形とレアンドロとの関係は、僕がずっと持っていたことなのでそこは良かったですけど、それ以外のもっと落ち着かせる部分とかができなかった。後半なんかは特に、ボランチが二人とも下がってしまって、前で起点がない中で、前と後ろのラインがかなり遠かった。そこは選手の中であまり気づけていない人が多くいたので、気づかせられるようにもっと伝えないといけないし、そこに僕が入らないといけなかった。

前半で勝負あり。ミス突き得点重ねた鹿島が新監督の初陣を飾る
試合は開始10分、レアンドロが千葉 和彦からボールを奪ってフィニッシュに持ち込む。最初に決定的なチャンスをつかんだ鹿島は、ボールを奪うと力強く前へ進んでいった。

そして14分、ピッチ中央でフリーになってパスを受けた土居 聖真がドリブルで持ち上がると、後退する広島守備陣からプレッシャーを受けることなくラストパスを送る。パスを受けた中村 充孝は冷静に右足でボールをミートして、ゴールネットを揺さぶった。先制点を奪取した鹿島は23分にもチャンスを迎える。FKのこぼれ球を拾った中村が右足を振り抜き、シュートはゴールへ一直線に向かうも、クロスバーにはじかれ、GK林 卓人の手に収まった。

ビハインドを負った広島は左サイドの柏 好文のドリブル突破からゴールに向かっていく。24分には柏のクロスをDFがはじいたボールを青山 敏弘がつなぎ、ペナルティエリア内から柴﨑 晃誠がシュートを放つもクォン スンテの好守に阻まれた。

チャンスを決め切れなった広島に対して、鹿島は広島のミスをしたたかに突いてゴールを重ねていく。30分に中村とのワンツーでゴールへ向かったレアンドロが左足で豪快に蹴り込むと、43分にもレアンドロがゴールネットを揺らした。ミスからボールを失い、守備陣が厳しくアプローチできない広島は、簡単にゴールを許して前半で3点のリードを広げられた。

「恥ずかしいプレーを見せるな。気持ちの入ったプレーを見せろ」。ハーフタイムに森保 一監督に檄を飛ばされて後半に入った広島は、塩谷 司に代わって入った森島 司がチームに活力を与えていき、柏が左サイドにとどまらずピッチのどこにでも顔を出して攻撃を推進していく。

「形じゃなくて気持ちのところでやらなきゃいけないと思っていた」(青山)。広島の選手たちは気迫を前面に出して鹿島を押し込んでいき、67分には柏のクロスを青山がヘディングで折り返したボールをアンデルソン ロペスが詰めて1点を返した。そして、広島は前線に人数を増やして攻勢を強めていく。サイドからペナルティエリアにボールを送り込んで鹿島の守備を打ち破りにいったが、クォン スンテの好セーブもあって鹿島の守備陣が踏ん張った。試合は2点リードのままタイムアップした。

試合後、初陣を飾った鹿島の大岩 剛新監督は「皆さん思われているとおり、いろいろあった中での試合だったので、正直に言えば難しい部分もあった」と心境を語りつつ、選手たちが前半から戦う姿勢を見せたことを評価した。一方の森保監督は「後半に追い付き、逆転できるチャンスは創出したものの、前半で苦しい戦いにしてしまった自分たちの責任」と前半の戦いを猛省して敗北を受け止めた。

またもホームゲームで勝利を奪うことができず、降格圏からの脱出はならなかった広島。「選手たちはいろんなプレッシャーを受けながらプレーしている中、監督である自分が選手に自信と勇気を持たせてあげられていない」(森保監督)。かなり難しいチーム状況に陥っている。

[ 文:寺田 弘幸 ]

【広島 vs 鹿島】中村の今季初ゴールで先制!
2017年6月4日(日)



鹿島は14分に味方からのパスを受けた中村充孝(写真:中央)が今季初ゴールを挙げ、先制に成功する。

【広島 vs 鹿島】レアンドロが2得点の大活躍!
2017年6月4日(日)



先制に成功した鹿島は、レアンドロが30分、43分に追加点を挙げ、前半のうちに点差を3点に広げた。

鹿島再起動…大岩新体制初陣で広島に快勝!!レアンドロが2発で結果
17/6/4 15:56


鹿島アントラーズが監督交代後の初戦を白星で飾った

[6.4 J1第14節 広島1-3鹿島 Eスタ]

 鹿島アントラーズが敵地でサンフレッチェ広島に3-1で勝利した。鹿島はリーグ戦の連敗を2で止めて、3試合ぶりの勝ち点3。大岩剛新監督の下での初陣を白星で飾った。

 鹿島はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)での敗退を受けて、石井正忠監督を解任。5月31日に大岩コーチを昇格させる人事を発表した。リーグ戦も連敗中で、文字通り仕切り直しを図る一戦になった。

 ただ試合に入ると、鹿島は前半から圧倒する。14分にFW土居聖真のパスを受けたMF中村充孝がペナルティーエリアに入ったところで右足を一閃。巧いシュートでゴールネットを揺らし、先制点を奪う。

 さらに前半30分にはワンツーで抜け出したMFレアンドロが追加点を奪うと、同43分にも味方のパスカットがそのまま前線のレアンドロに流れると、右足で来日初の複数得点を奪い、勝負を決定づけた。

 後半に入ると広島も16分に左サイドから上がったクロスをMF青山敏弘が頭で落とすと、MFアンデルソン・ロペスが押し込み、ようやく1点を返す。しかし反撃はこの1点のみ。広島は3戦ぶりの黒星で降格圏脱出とはならなかった。

2連敗中の鹿島、大岩監督の初陣を勝利で飾る! レアンドロが2得点をマーク

鹿島が大岩監督の初陣を勝利で飾った [写真]=Getty Images for DAZN

 2017明治安田生命J1リーグ第14節が4日に行われ、サンフレッチェ広島と鹿島アントラーズが対戦した。

 14分、土居聖真からのパスを受けた中村充孝がコースを狙った鋭いシュートで鹿島が先制する。30分にはレアンドロが鈴木優磨との連携から左足で追加点。続く43分にはレアンドロがこの日2点目を挙げ、前半だけで3点のリードを奪う。


レアンドロが加入後初の1試合2得点 [写真]=Getty Images for DAZN

 後半に入り67分、柏好文のクロスを青山敏弘が頭で落とすと、最後はアンデルソン・ロペスが押し込み1点を返す。しかし、広島の反撃は1点にとどまり、試合は1-3で終了。

 鹿島はリーグ戦の連敗を2で止め、大岩剛新監督の初陣を勝利で飾った。

 次節、広島はアウェイで川崎フロンターレと、鹿島はホームで北海道コンサドーレ札幌と対戦する。

【スコア】
サンフレッチェ広島 1-3 鹿島アントラーズ

【得点者】
0-1 14分 中村充孝(鹿島)
0-2 30分 レアンドロ(鹿島)
0-3 43分 レアンドロ(鹿島)
1-3 67分 アンデルソン・ロペス(広島)

鹿島アントラーズが3ゴールで快勝…大岩剛監督は初陣を飾る/J1リーグ第14節

2得点のレアンドロ(C)Getty Images for DAZN
(C)Getty Images for DAZN


2017/06/04 15:59:25

6月4日に明治安田生命J1リーグ第14節が行われ、サンフレッチェ広島と鹿島アントラーズが対戦。試合は3-1で鹿島が勝利を収めた。

■J1第14節 広島 1-3 鹿島

広島:A・ロペス(67分)
鹿島:中村(14分)、レアンドロ(30分、43分)

明治安田生命J1リーグ第14節が6月4日に行われ、エディオンスタジアム広島ではサンフレッチェ広島と鹿島アントラーズが対戦。試合は3-1で鹿島が勝利を収めた。

2勝4分け7敗で16位の広島。2勝はいずれもアウェイで挙げているため、ホーム初勝利が望まれる。DF千葉和彦が3試合ぶりに先発復帰。MF野上結貴はボランチにポジションを上げた。対する鹿島は7勝5敗で7位。連敗中だが、アウェイでは5戦5勝と強さを見せている。今節より指揮を執る大岩剛監督は、FW土居聖真、MF三竿健斗、DF植田直通、DF伊東幸敏を先発に起用した。

鹿島は14分、相手からのプレッシャーが緩いとみると、土居が敵陣中央をドリブルで運び、MF中村充孝にパス。中村は落ち着いて右足を振り抜き、先制する。鹿島は30分、ペナルティエリアに走り込んだレアンドロがゴールネットを揺らし、リードを2点に広げる。さらに43分、相手のミスからボールを奪うと、前線で待機していたレアンドロが難なく流し込み、3点差とする。

広島は後半開始から、チームで唯一開幕からフル出場を続けていたDF塩谷司を下げ、MF森島司を投入。流れを変えようとする。MF青山敏弘のパスに、前線へ飛び出したMFアンデルソン・ロペスが合わせるというシーンが増え、鹿島ゴール前に迫る。すると67分、青山が頭で折り返すと、これにロペスが左足で合わせ、1点を返す。鹿島は77分、途中出場FW金森健志がペナルティエリア内までボールを持ち込み、シュートを放つも、相手DFに防がれた。

終盤は広島がボールを支配して攻勢を続け、鹿島は自陣に引いて守るという展開になる。試合は、最後まで集中力を切らずに守り切った鹿島が、3-1で勝利。大岩監督は初陣を白星で飾った。


「今日で言うと中盤の中村、レアンドロ両選手のポテンシャルを信じていた」と選手への信頼を語る大岩監督である。
2列目に起用された二人が結果を出したことは大きい。
そう名指しで褒められたレアンドロは、「新監督がこうして欲しいということを明確に出してくれて、それを示せた部分があると思います」と言う。
大岩監督から、試合中のタスクを事細かに示され、実行に移すことが出来た様子。
助っ人として結果を出したことは嬉しい。
今後に期待が持てる。
もう一人のアツは、「ゴールという形とレアンドロとの関係は、僕がずっと持っていたことなのでそこは良かったですけど、それ以外のもっと落ち着かせる部分とかができなかった」と修正点を挙げる。
新監督の戦術浸透はこれからということであろう。
後半の押し込まれた時間帯は問題である。
この中断期間に選手にじっくりと染みこませるところ。
また、新しい指揮官は、聖真について「中央で相手の最終ラインとボランチの間でボールを受ける力は日本を代表するもの」と評する。
この才能は、トニーニョ・セレーゾ時代から発揮されておった。
今季は2列目の層の薄さと守備的戦術からコンバートされておったにすぎぬ。
また大岩監督によりトップの位置に配され、豊富な運動量と攻守に絡んでくれよう。
今後の更なる活躍に期待大である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大岩体制 初戦 勝利おめでとうございます。

このチーム、夢生・ヤス・レオといった主軸3人抜きで戦いましたが
やはり個々の選手の能力は高いと思います。

戦前にも書き込ませて頂きましたが大岩監督のストロングポイントは
選手個々の特性・適性を見極め「適材適所で最大限生かす」事が出来る点
システムも4-4-2に当てはめるのでは無く聖真がトップ下気味の4-2-3-1(4-4-1-1)にも見えました
またレアンドロが言っているように選手に明確なビジョンを打ち出せるので
二列目コンビを中心に久しぶりにパス&ムーブでシンプルかつ速い崩しが見られました
攻撃面ではかなり改善されそうですね

もちろん今の広島、というのは割り引いて考えなければ行けませんが
中断期間に入りますし守備を引き締めミスをなくし怪我人が戻ってくれば今後にかなり期待が出来ると感じました。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク